• 2210月

    立て続けにゲットしたマクロに強いコンデジ2機種を早速試してみました。
    まずはペンタックスのOption W20から。

    まだまだ寄れる余地はありましたが、やっぱり影が出てしまいますからね。
    レンズが飛び出さないので、その影響もあるかもしれません。
    やっぱりW90のLEDライトは効果大なのだろうなぁ。

    ただ、ジョブもそうでしたが、レンズの威圧感がないのか、被写体を驚かさずに撮れるというメリットもありそうです。

    そして、DiMAGE F100のほうは裏技のスーパーマクロ。

    こっちはもはやレンズに近すぎて顕微鏡のような感じになります。
    上の写真でもまだまだ離れて撮ったほうで、もう完全にレンズの前玉に接してるような勢いです。

    ただし、このモードに突入させる手順が面倒ですからねぇ。
    実用性の面では明らかにOptio W20のほうが便利です。
    とはいえ、どちらも面白いし、なかなか良い機種だというのもわかったので、しばらく持ち歩いてみたいと思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/10/22 8:39 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    今晩は。
    1cmマクロって結構寄れますよね。ただ寄りすぎて影が出るのが惜しい!
    W90のLEDライトは、反射が出る場合もありますが極めて便利です。あの
    カメラで記念撮影しようとすると、”何ですか?そのライトは!凄いっすね〜”
    と言う反応が必ず返ってくるので楽しいです(^。^)
    拙宅のペンタックスコンデジは、グリーンボタンで露出倍数の設定に速攻
    アクセスするようになっています。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    W90のデザインは独自なものがあって良いですよね。
    カメラ本体とは別個に使える薄型のリングLEDライトがあったら便利かもしれませんね。
    グリーンボタンのカスタマイズ、あとで試してみます。