• 2511月

    iPhoneケースを購入するついでに、ELECOMのワイヤレス充電器「W-QA01SV」をゲットしました。

    送料無料にするのが主目的みたいなところがありましたが、iPhone XSと紗羅が使っているiPhone 8 Plusは共にワイヤレス充電に対応しているというのも導入理由です。
    ちなみにApple Watch Series 2も動くのかなぁと勘違いしてましたが、これはSeries 4以降のみ対応のようです。

    かなり大型のものとか縦型のとかが出ていますが、エレコムのはかなり小さく、直径で53.5mmほどです。
    iPhoneのどの辺りに当てれば良いのか、ちょっと分かりづらいのが難点ですが、iPhone XSですと真ん中よりやや下くらいです。
    またiPhone XSは載せて充電が開始された時にブルッと振動するので、わざわざ画面で充電されていることを確認する必要もありません。
    逆にiPhone 8 Plusはなぜか振動せず、また充電の位置もややシビアな印象でした。

    ACアダプタは最初、iPad付属のもの(5V2A)を利用してみました。
    この充電器自体にはUSB-ACアダプタは付属しませんが、仕様によると5V2A以上のものが必要で、Quick Charge2.0以上のUSB充電器を使用することで、9Wの急速充電が可能と書かれています。
    iPadの充電器ですと、iPhone XSを載せて10分ほどで85%から91%まで充電されましたから、なかなか速いという感触です。

    Quick Charge2.0対応のものがあいにく手持ちになかったのと、iPadのは2階で使いたいので、iPhone付属の充電器でやってみましたが、一応動くことは動くものの、なんとなく不安定です。
    5V/2A以上のUSB充電器で5Wでの充電が可能らしいですから、これだと充電できたとしても遅いでしょうね。
    実際、iPhone 8 Plusで試しても。3分で91%から92%になった程度でした。

    どのみちUSB-ACアダプタも入手せねばなぁと思っていたところですが、とりあえずはその辺にあった、おそらくDAPか何かに付属していた5V2Aのアダプタで当面は様子を見ることにします。
    そこまで使わないような気もしますが、一応リビングのテーブルの片隅に配置しておくことにしました。
    充電器とはmicroUSBで接続する形なので、ここを抜けばDAPやCHORD Mojoの充電にも使えるので、それだけでも配置する意味はありそうですしね。

    Filed under: Smartphone
    2018/11/25 12:00 pm | ELECOM ワイヤレス充電器 W-QA01SV はコメントを受け付けていません。
  • 2311月

    しばらくiPhone 7のまま行こうと思っていたのですが、いくつか機種変更したほうが良さそうな理由があり、iPhone XSの256GBモデル(色はゴールド)に機種変更してきました。

    1つ目の理由はiPhone 7のバッテリーがだいぶヘタってきていた点です。
    現在90%くらいなので途中で急に落ちたり速度が遅くなるほどではないのですが、21時くらいになると20%を切ってしまうこともたびたび。
    これ自体はバッテリー交換に出せば3,200円(税別,送料込)でできますけども、これも来年には値上げされて5,400円(税別)になるんだとか。
    出している間はその前に紗羅が使っていたiPhone 6 PlusにSIMを挿し替えて待てば良いですけども、初期化されて戻ってくるらしいですし、液晶保護フィルムも基本的には剥がさなければいけません。

    また、もうひとつの理由が結構大きく、Softbankのホワイトプランを引き継いでの機種変更をした場合、来年の1/31以降は月月割が提供されなくなるんだとか。
    これに関する公式の記載は見当たらないのですが、ショップで聞いた感じでもどうやら間違いなさそうな雰囲気でした。

    ただ特に後者に関してはもう「引き継がずに切り替えてほしい」感が溢れていて、それすら通話基本プランの2年契約なしの場合のみ月月割がある形です。
    そもそも月月割というのが新規参入を阻害しているという考え方のようですが、24時間すべての国内通話し放題の「通話プラン(定額)」と「データ定額 50GBプラス」にしたら月々の支払いは14,000円を超えてしまいます。
    またオンラインショップではまだ品薄なのか、ほぼ全て「予約商品」となっていて一旦ここでやる気が削がれました。
    これならもう店頭に行ったほうが分かりやすいだろうとソフトバンクショップに行ってみましたが、やっぱり256GBモデルは在庫なし。
    機種変更はやっぱりやめようかと諦めかけたのですが、他の製品を眺めついでにと立ち寄った家電量販店にはゴールドとシルバーの在庫があったので、こちらで機種変更と相成りました。

    店頭ではすんなりホワイトプランのまま機種変更でき、これで月々の支払いもギリギリ1万円近辺に収まったはずです。
    ただ、これまでの「パケットし放題フラット for 4G LTE(7GB)」が「パケットし放題 for 4G LTE(7GB)」に変更されていて、これが変更されると実質的な料金が上がるだけでなく、長期継続特典も貰えなくなるため、チャットサポートで変更を取り消してもらいました。
    こういうところはショップだとやっぱりこっそりちょっとイジってきますよねぇ。

    iPhone 7からの引き継ぎはiTunesバックアップ経由で。
    iPhone XSがiOS 12だったのでそれをアップデートしてからの復元になったのと、暗号化してのバックアップにしなかったのでヘルスケアのデータが引き継がれませんでしたが、iPhone 7も手元に残しますから、そこはまぁそれほど気にしていません。
    あとはほとんどのアプリがそのまま動作し、せいぜいログインのやり直し程度でした。
    唯一、オンラインバンキングのみ電話での再設定が必要だったくらいですね。

    Apple Watchがもっと大変かなぁと思ったのですけど、これも思ったより簡単に引き継げました。
    Apple Watchの側から接続先の変更を促してきたくらいで、その後、Apple Watchが再起動して完了でした。
    ホームボタンがないのにはもすぐ慣れましたが、これはすでにiPadをiOS 12にして慣れていたのもあって、iPadはまだホームボタンがあるものの、パネルの出し方などで事前学習できていたからだと思います。

    動作はそれほど劇的に速くなった印象はありませんが、ディスプレイはやっぱりキレイで大きいですね。
    仮に貼ったダイソーの保護シールがなんだか分厚くて、半透明過ぎて恩恵が薄れてしまうのでこれは別のに貼り替える予定です。
    ケースも一旦はダイソーのリング付きのにしましたが、これも意外と使いやすかったです。

    あとは機種変更の翌朝、なぜか圏外になっていたのが気になる程度でしょうか。
    これも念のため、SIMカードを丁寧かつ慎重にクリーニングして様子見していますが、今のところ再発するようなことは起きていません。
    性能も上がりましたがお値段も結構なものになりましたし、大事に使わないといけないですね。
    保証に関してもApple Careには入りませんでしたが、もうちょっと考えてからモバイル保険などに加入しようかなぁと考えているところです。

    Filed under: Smartphone
    2018/11/23 12:00 pm | iPhone XS はコメントを受け付けていません。
  • 1810月

    ATiCというブランドのiPadケースをお安く見かけたので、なんとなく確保してみました。

    ウチは6th generationのiPadで既にケースにも入れてあるのですが、コレにはBluetoothキーボードも付いてたので、それならちょっとおもしろいかなと。

    そもそも動くかどうかも分からないジャンク扱いだったのですが、たしかにちょっとだけ動作はおかしくて電源投入後、青いLEDは点くものの、その後常時点灯するはずの緑のLEDが点かないという不具合はありましたが、キーボード自体はバッチリ動いてくれてます。
    ケースもほぼ勘だったのですが、iPad 2018対応でキッチリ取り付けられました。
    むしろ以前のケースがあまりに固くて外すのに相当苦労しましたけど、こちらはそんなにギチギチでもないので安心です。

    こうやってSurface Proもどきみたいに使うか?と言われると今のiOSでは不便な部分も結構あるので常用しそうな感じはしないんですが、ちょっと仕事上でiPadに対応させたい部分があってその時には役立つんじゃないかなぁと。

    キーボードは非常に薄く、ケースにマグネットでくっつくので収納も便利ですが、充電がmicroUSBという辺りが中途半端です。
    だからこそお安いのでしょうけども、ひとまず本格的な出番が来るのを待ってもらうことにしましょう。

    Filed under: Smartphone
    2018/10/18 12:00 pm | ATiC iPadケース はコメントを受け付けていません。
  • 299月

    2年前は珍しく発売直後に機種変更したiPhone 8ですが、その月月割がもうすぐ終わるのもあってiPhoneの機種変更を一応検討してみました。

    まずはiOS12が出てその速度を見てから、と思うくらいには急ぐ気持ちはなかったわけですけども、iOS12を入れてみるとなおさら急がなくて良いなぁとなってしまっています。
    動作もまだまだ軽快ですし、容量も128GBなのでいまさら64GBにするのも厳しいですし。

    あえて問題があるとすればバッテリーが多少へたってきつつあり、91%くらいになっていることくらいでしょうか。
    あとはなぜかWi-Fiが途切れることがありますが、これはルータあるいはOS側の問題だろうと予想しています。
    アクセスポイントから切れるわけでもなく、ルータにもエラーログは残ってないのですけども再接続するのにだいぶ待たされることが稀にある程度ですが。

    さて、機種変更の候補ですが、まず家族との関係からしてSIMフリーや他社に乗り換える可能性はゼロですからSoftbankで。
    最新モデルでなくても安ければそれでも良いかなぁと思い、まずはiPhone Xを見てみましたがオンラインショップで見る限りでは特に安くなっていません。
    実質負担額で256GBが3410円にもなってしまうわりに旧モデルではさすがの私でもありえないチョイスでしょう。
    iPhone 8も256GBで実質負担額が1880円ですから、今と大差ない感じですし、価格面でも性能面でも面白みに欠けます。
    他社に乗り換える前提ならiPhone 8はずいぶん安く出回っているような気もしますけどね。

    そうなるとニューモデルを一括で買っておいて、月月割で毎月を安く済ますという感じでしょうか。
    私の場合は胸ポケットに入れているので、それを考えるとiPhone XSが限界の大きさです。
    iPhone XRはむしろ大きいようですから、これまた選択肢にはならないでしょう。
    ただ、オンラインショップだと基本プランから勝手に(?)切り替えるのがマストになってるようですし、わざわざショップに行くのも…。

    iPhone 3GSから始めて4、5s、7と使ってきたのですが、今回がいちばん魅力薄かも。
    むしろApple WatchがSeries 2なのでコレをアップデートするのも考えましたが、これまた通知による束縛感が強く感じてきていて、趣味だった腕時計に戻そうかと思っているくらいですからねぇ。
    一般に言われるiPhoneの停滞感というより私の場合は、Apple Watchも含めてスマホのメリットよりも、コストや仕事がいつもついて回る(別の仕事中は邪魔が入る)という束縛感から来るデメリットのほうが多くなったのが大きいのでしょう。
    いっそのこと、父親が使っている「みまもりケータイ」にしたいくらいです。(笑)

    そのコストがあったらDAP替えたほうが楽しいよなぁ、なんて考えてしまうところを見ると今のマイブームはポータブルオーディオなのかもしれませんし、そちらも検討しつつ、あと2ヶ月弱の間に再考してみようと思っています。

    Filed under: Smartphone
    2018/09/29 7:30 pm | iPhoneの機種変更を検討 はコメントを受け付けていません。
  • 189月

    iOS 12の提供が始まったので、様子見しながら手持ちのiOS機器を4台ほどアップデートしました。

    iPhone 6 Plus、iPhone 7、それにiPad 6th Generationですが、どれもiTunes経由で問題なく更新できました。
    動作は古いものほど軽快さが目立つ感じで、メモリ消費が減ったのでしょうか。
    ウチにはあと、iPhone 5sが対応機種でありますが、iPad miniの初代は未対応ですね。
    iPhoneだと5s以降、iPadはiPad Air以降、iPad miniは2以降、iPod touchは第6世代以降に対応するようです。

    アプリの互換性も気になっていましたが、今のところ、主だったアプリで動かなかったり不具合のあるものはないようです。
    カメラが最大で70%速く起動するようになったとのことですが、他のカメラアプリもその恩恵は受けているように感じます。
    キーボードも最大で50%速くなったそうですけど、それよりも途中で日本語変換が落ちてしまう不具合がなくなってくれていれば良いなと。
    あれも雰囲気的にメモリ不足で動かなくなってたように思っていますが。

    現状の目玉機能は「ミー文字」なるものみたいですが、これはiPhone X以降でないと使えないので、古い機種ではそれほど目新しさはありません。
    あえて面白そうなのは「計測」くらいで、カメラを使って近くの長さや四角の大きさなどを測れます。
    おそらくカメラのパララックス(視差)を使っているからか、遠くの大きいものは測れないようですけど、ちょっと出先でメジャー代わりにするくらいには使えそうです。
    あとはサーバ側の対応が必要だからか、秋以降の対応ですけども、FaceTimeも最大32人とのビデオや音声通話ができるようになるとのこと。
    私自身はWebRTCを推しているので、アプリに依存して高機能になっても面白くないのですけど、それはまぁ個人的な感情が入ってるだけのことですね。

    watchOSも5になってますが、こちらは初代Apple Watchが非対応と切り捨てが始まったようです。
    私のSeries 2はかろうじて対応していますが、遅くなりそうな予感が…。
    こちらも恐る恐るですが、今夜にでも試してみようと思います。

    Filed under: Smartphone
    2018/09/18 7:05 pm | iOS 12 はコメントを受け付けていません。
  • 139月

    昨晩、新しいiPhoneといっしょに「Apple Watch Series 4」が発表されました。

    iPhoneのほうはiOS 12でこれまでのモデルも軽快に動作すると言われていますし、ちょっとそれを見てから考えようかなと。
    今のiPhone 7も月月割がもうすぐ終わるので機種変更自体はやったほうがお得なのでしょうけども。
    ちなみにiOS 12は9/18配信予定とのことです。

    さて、Apple Watchのほうに話を戻しますと、私が普段愛用しているのはSeries 2。
    お世辞にも動作が軽快とは言えず、こっちは発表前からちょっと気になっていました。
    ただ、サイズが変更になって、これまでの38mmと42mmから、40mmと44mmと微妙に大型化しています。
    その割には形は大して変わらず新鮮味は薄いという、iPhoneと似たような傾向が感じられます。
    筐体は薄くなった(11.4mm→10.7mm)らしいのですが、バッテリーの保ちのほうが重要な気もしますから、その点ではあえて薄くするよりもかなりタフに使っても24時間は大丈夫になってくれたほうが良かったかなぁ。
    公式のバッテリー持続時間はSeries 3と同じ18時間です。

    あとは機能の向上がカギですが、電気心拍センサーがやや目新しいところということになります。
    これで心電図に対応したらしいのですけど、国内ではそれが告知されていません。
    おそらく医療機器認証との兼ね合い辺りでしょうね。
    そもそも心拍数が分かるのであれば、心電図まで正確に出なくても良いのかなぁという気もします。
    どちらかというと体温計とか血糖値に対応して欲しい気がしますが、これはまだ難しいのでしょう。

    デジタルクラウンも触覚フィードバックが追加されているようですが、特に必要性は感じられないかなぁ。
    転倒時の検出もアナウンスされていますけど、これはSeries 2でも一応はあったような…。
    あれはiPhoneに通知するだけだったと思うので、精度が上がったおかげでSOS発信ができるようになったということかな?

    (9/13 15:30追記)
    ワークアウトの時に機能するような記憶があったのですが、どうも勘違いだったようで情報が見当たりません。

    心拍についても高くなった場合の通知は以前からありましたが、今回は低くなりすぎた場合も通知する機能が付いたようです。
    この辺はある程度はWatchOS 5に上がって旧モデルも対応できるものがあるかもしれません。
    その代り、これまで以上に挙動が遅くなってしまう可能性は否定できませんが…。

    やや良いなぁと思ったのは通話やSiriが強化されたらしい、という点でしょうか。
    たまにApple Watchで電話に出ることがあるのですが、通話相手から聞き取りづらいと言われることが多く、あくまで緊急用という感じになっていますから、それが改善されるなら常用しやすくなるでしょう。

    気になるお値段はGPSモデルのアルミで40mmが45,800円(税別)、44mmが48,800円(税別)とのこと。
    一方でSeries 3もしばらくは併売されるようで、38mmが31,800円(税別)、42mmが34,800円(税別)に値下げされています。
    まだこれを書いている時点では家電量販店などで価格改定されてないようですけど、私のようにSeries 2からの買い替えならSeries 3でも良いのかも…という印象もあります。
    ケースやベルト類も旧モデルになることで値崩れするでしょうし、当然、中古もたくさん出回るでしょう。
    もちろん新しいものだとコレができる!というポイントがあればそれほど大きな差額ではないのかもしれませんが、iPhoneも同様ですが、どうもそういう要素に欠けてきているなぁというのが本音です。

    Filed under: Smartphone
    2018/09/13 2:30 pm | Apple Watch Series 4とSeries 3の値下げ はコメントを受け付けていません。