• 274月

    先日、HIFIMAN HE400Sを買ったばかりですが、紗羅も気に入ったようですし、勢いでHE400iも導入してみることにしました。

    400Sよりは一応上位モデルということになるはずで、公式サイト上の分類上も400Sはpremium、400iはReferenceとなっています。
    インピーダンスがやや高め(35Ω、400Sは22Ω)で、重さがちょっと重い(370gと350g)、感度も少し低い(93dBと98dB)ですが、見た目はかなり似ています。

    ハウジングが黒くなってるのでちょっと高級な感じではありますが、全体にプラスチッキーなところは同じですから、同社の圧倒的な上位モデルとは違って兄弟的な存在と考えるほうが良いでしょう。
    なお、HE400Sもそうですが、ヘッドホン側のソケットは3.5mmになっていて、以前のように豪華なレザーケースではなく紙の箱になっていますけれど、それでもお値段を考えたらなかなか立派なものです。

    意外といちばん異なるのはケーブルでして、これが巷に出回っているHE400SとHE400iの相違を述べてあるレビューの1/3くらいの傾向を左右しているといっても良さそうです。
    さきほどの分類ではないですけれども、400iのほうがややモニター寄りで硬質な傾向をより高めているとも言えます。

    どちらもケーブル次第でまだ伸びしろがありそう、というのもファーストインプレッションのひとつではあるのですが、ここではあくまで純正ケーブルをベースに感想を書いてみたいと思います。
    まず最初に感じたのが、「英語の歌詞が非常に聞き取りやすい」という点です。
    ボーカルが瑞々しいのは400Sでも強く感じたところですが、400iではそこに明瞭さも加わってくるのは付帯音が少ないからでしょうか。

    周波数特性はスペック上では全く同じとなっていますが、実際には400iのほうが確実に低域が出ています。
    ビリつきがないかのチェックも兼ねてスイープ音でテストしてみたところ、HE400iは22Hzくらいからは確実に出ていますし、30Hzくらいまでの音圧はHE400Sよりだいぶ高いように感じます。
    もちろんビビリや歪みは皆無です。

    高域もやはり同様に伸びているように感じられますし、400Sより音漏れが少し多いようです。
    この辺りはおそらくパッドが異なることにも起因しているのではないでしょうか。
    400Sはウレタンっぽい感じの素材ですが、400iのほうはFocusPad-Aという前後に傾斜がありつつ、耳にあたる部分はフェルトのような素材が貼り付けてあるタイプになっていて、これがよりフラットな感じの癖の少ない音色に貢献しているように感じられました。

    体感的にいうと、HD598と600の関係に少し似ているのかもしれません。
    そこまでの差はないですけれど、リスニングに向かうスタンスの違いのようなものを反映してあるという意味でも、この手持ちの2機種が頭に浮かびました。
    400Sのほうがボーカルが明るく、楽器もそれぞれにいきいきと弾む感じがあり、長時間のリスニングでもウキウキするような感覚で楽しめます。
    400iはそれに比べればフラットでやや暗めの表現ではありますが、それは両者を比べた場合の話でして、他のヘッドホンと比べるとやっぱりリスニングが楽しいヘッドホンであるのは間違いありません。

    インピーダンスや能率はやはりかなりの影響がありまして、ポータブル機器だと正直、HiFi-M8ですらパワー不足な感が出てきます。
    音量を確保するという意味では大して変わらないのですが、やはり低域をしっかり駆動するという点ではもう少しアンプを奢ってあげたいなと感じる場面が増えるようです。
    また、400iの場合は駆動力はあるものの、多少荒めの表現をしがちなHiFi-M8よりもAK380AMPのほうが忠実度の高さを活かせるような部分も感じられました。

    分析的な聴き方はそのくらいにして、両者は多少の違いはあるにせよ、どちらも音楽を聴くことがひたすら楽しいヘッドホンだと言えるでしょう。
    細かいことをいえばもっと高音質なヘッドホンはたくさんあるでしょうし、開放型とはいってもスピーカーのように正確な音場が形成されるわけでもありません。
    しかし、ながら聴きであってもくつろぎのひとときを与えてくれて、それでいていろんな音楽を聴き返してみたくなる、そんなヘッドホンなのです。
    もちろん、ヘッドホンに求めるものは人それぞれだと思いますし、相性もありそうですが、平面駆動ユニットも含めて新たな体験ができたことを幸せに思える、そんな出会いだったのでした。

    いちばん気になるであろう「どっちがオススメ?」という点についても同様に相性はあると思いますが、最初の一台はやはりHE400Sのほうかな。
    駆動しやすいというのはメリットになってもデメリットになることは少ないですし、低域バリバリで楽しみたいなら他に選択肢もあるでしょう。
    ケーブルも音質面ではHE400i付属のほうが良いですが、取り回しはHE400Sのほうが良いですし。

    ここまでお気に入りになると上位モデルも気にはなってくるのですが、まずはこのケーブルの部分をちょっと一工夫したいなと。
    長さもそうですし、バランス駆動とか、試してみたいことは色々ありますし。
    以後はケーブル交換なども交えつつ、それぞれにさらにエージングを進めて、後日またレビューできればと思っています。

    Filed under: Audio
    2020/04/27 12:00 pm | No Comments
  • 264月

    LUXMANからヘッドホンアンプの限定モデル「P-750u LIMITED」が5月下旬に発売予定だとか。

    95周年記念モデルということなので、他の機種でも限定モデルが出てきそうな気もしますが、ヘッドホン絡みの機種は最近ちょっと元気がなかったので100台限定とはいえ、新しい機種が投入されたのはファンとしては嬉しいことではないでしょうか。
    お値段は40万円(税抜)なので、かなり思い切りが必要そうではありますが…。

    通常モデルの「P-750u」とのいちばん大きな違いはODNF回路の最終バージョン「ODNF-u」を搭載したところでしょう。
    通常モデルは「ODNF Ver.4.0」だったので、アンプ部はかなり見直されていると予想されます。
    内部配線材やコンデンサなど、LIMITEDモデルにありがちな(失礼)カスタマイズもされていますし、金メッキロゴや電源ケーブルに「JPA-15000」を付属させるなど、今できることを地道にやったというところでしょうか。

    私も一時期、P-1を入れてみたりしたのですが、使用頻度からするとDAPや複合機のほうが気楽というところもあって手放してしまいました。
    据え置き機のほうにヘッドホン端子がないので本来はそちらと組み合わせて使えばベストだった気もするのですが、使用頻度の低い機材をつないであると音質劣化要素になるだけですし…。

    バランス駆動もヘッドホンごとにケーブルを用意するのがなかなか大変ですし、付けてしまえばDAPなどでは聴きづらくなったりするのもあって踏み切れずにいます。
    LECUAという部分は結構気になるところではありますけど、うちの場合はそこまで高級なヘッドホンを投入しているわけでもないですからねぇ。
    ただヘッドホンアンプ単体の選択肢は以前ほど多くない印象ですし、限定モデルでもありますから、欲しい方は狙ってみる価値はありそうなモデルだなと思った次第です。

    Filed under: Audio
    2020/04/26 12:00 pm | 6 Comments
  • 254月

    SHUREから新しいカナル型イヤホン「AONIC 5」をはじめとする3モデルが4/25発売だそうで。

    AONICというと先日、SE215をワイヤレス化する形でAONIC215というのが登場したばかりですが、今回の3モデルは普通に有線です。
    AONICという単語自体がBluetoothアダプタ側を指し示す名前かと勘違いしていましたけど…。
    またAONIC3/AONIC4/AONIC5は名称からSE315/425/535を連想させます。

    AONIC 5はその中でも上位モデルで、ウーファーに2基、トゥイーターに1基のBAドライバーを搭載2ウェイ3BA型イヤホンです。
    構成としてはやっぱりSE535に近いですが、SE846に採用の着脱式ノズルでバランス、ウォーム、ブライトの3種類のサウンドチューニングができるなど、よりカスタマイズしやすいイヤホンへと進化しています。
    お値段も5万円台後半(税抜ベース)ですから、だいたい似たような位置づけですね。
    インピーダンスは同じ36Ω、周波数帯域も18Hz〜19.5kHzとほぼ変わらず、感度が117dB SPL/mWと少し高まった感じです。
    当然ながらMMCXのSHURE掛けタイプなので、AONICのBluetoothアダプタでも使いやすいと思われますけど、あえてBluetoothモデルはAONIC 3/4/5ともに出してないのはこの辺りではやっぱり音質重視というポリシーからでしょうか。

    ちなみにAONIC 3は形状も異なり、やや筒状に近いかたちでE4を連想させるようなものです。
    シングルBAですし、一応はSE315の構成ということで良いのでしょう。

    AONIC4は1DD+1BA(SE425は2BA)のハイブリッド型です。
    インピーダンスが7Ωとかなり低めなのが気になりますが、チャレンジングさでいえば3や4のほうが斬新ではありそうです。
    SHUREに求めるものは安定具合かもしれないですから、ここではあえてAONIC 5主体に取り上げてみましたけどね。
    これまでは偽物対策にも苦慮していた印象がありますので、今回はその辺りもしっかり対策してほしいところです。

    Filed under: Audio
    2020/04/25 3:00 pm | No Comments
  • 244月

    agからトゥルーワイヤレスイヤホンのニューモデル「TWS04K」が5/1に発売だそうで。

    うちもTWS02Rを愛用していますが、今回のはTWS01Kの後継という位置づけのようです。
    TWS01Kはこれを受けて製造終了となっています。
    数字は連番で行くみたいで、高級モデルか廉価モデルかは最後の1文字(本来は別の略ですがRは廉価、Kは高級とすると覚えやすいです)と判断すれば良い形です。

    TWS04Kは15,800円(税込)だそうですから、高級とはいってもそこそこエントリークラスのお値段に抑えてあります。
    TWS01Kとのいちばんの違いはケースがモバイルバッテリを兼ねたものに変更され、2600mAh(TWS01Kは800mAh)と増量されたところでしょう。
    それにより、ケース込みでは最大180時間という連続再生時間を確保しています。
    TWS02Rも2000mAhでいざという時に便利だと思っていますが、連続再生時間でいうと39時間ほどなので今回のはかなりロングライフと言えるでしょう。

    また、IPX7の防水仕様というのも外に持ち出す頻度が高い方にはありがたいところかと。
    防水にするためには音導管のところにもフィルタを付ける必要がありますが、そこが上手い仕組みができたのでしょう。
    音質面はなかなかスペックでは推測できませんが、正直、下位モデルと比べてもやや人気薄だったTWS01Kは超えてくるというのは間違いなさそうです。
    コーデックはaptX対応程度でノイズキャンセリングなどもないシンプルな仕様ですが、外観の仕上がりはだいぶ良くなってるように思います。

    また、イヤーピースとして「final TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様」が付属するそうで、これはぜひ単売もしてほしいところです。
    他にもマルチペアリングの対応具合とか気になるところがいくつかありますけど、音質も含めてやはりそこは試聴してみないと分からないかなぁ。
    今は同社オンラインストアの貸し出しも止まっているらしいので、そこがちょっと残念ではありますが、気になる製品にはなりそうです。

    Filed under: Audio
    2020/04/24 3:00 pm | No Comments
  • 184月

    HIFIMAN HE400Sはリケーブルが可能ということで、とりあえず候補にどんなものがあるのか調べてみました。

    諸元としてはヘッドホン側が3.5mm 3極で左右分離、アンプ側が3.5mm 3極のものが付属しています。
    ピンアサインはヘッドホン側はL/Rとも先頭から+,-,無接続先頭から+,無接続,-(+,-,無接続でも音出し可能なことは実機で確認)だそうで、そういう意味では3.5mm 2極でも問題ないようです。
    ピンアサインやプラグ的に互換があるのは以下のようなヘッドホンたちです。

    ・HIFIMAN HE1000SE, HE6SE, HE5SE, ARYA, ANANDA, SUNDARA
    ・Beyerdynamic T1 2nd Generation, T5p 2nd Generation, AMIRON HOME
    ・SONY MDR-Z7, MDR-Z7M2, MDR-Z1R
    ・FOCAL ELEAR, CLEAR
    ・DENON AH-D5200, AH-D7200, AH-D9200, AH-D7100
    ・PIONEER SE-MONITOR5
    ・JVC HA-SW01, HA-SW02
    ・final SONOROUS, D8000

    ただ、finalはロック機構がありますので、SONOROUSのケーブルはそのままではヘッドホンに挿すことができませんでした。

    高級なタイプはロックピンも金属なので、タバコ臭があって交換した古いものを実験台にこれを削り取って試してみたところ、問題なく音は出ました。
    念には念を入れて、3.5mmの延長ケーブルで事前にチェックもしてから実行したんですけどね。
    音質的には、finalにするとかなりふくよかな音になります。
    純正のほうが表情が固いとも言えますけど、細かい音のニュアンスがしっかり出ているのは純正ケーブルのほうでしょう。
    特にピアノの打鍵の生々しさではまるで敵わなくて、finalのほうはだいぶ抑圧されている印象を受けました。

    お値段的にはfinalのがお安めなので手を出しやすいのですけど、HIFIMANの純正ケーブルも海外公式ストアで69ドル、HE400i用は129ドルですから、そういう意味でもリケーブルして向上を期待するのはちょっと無理があるかも。
    ちなみにHE400Sのケーブルについて国内や説明書には特に詳しい記載がありませんが、海外ストアにはハイブリッドOFCケーブルとの表記があり、銀メッキ銅撚り線とも書かれていました。

    そうなるとケーブル専業メーカーさんを当たってみる形になるのですが、正直あんまり候補が多くはないようです。
    定番はどうやらORB Clear Forceのようで、Ultimateも含めて2種類がラインナップされていますし、アンプ側もバランス含めて各種用意されています。
    Ultimateとの主な違いはPC-TripleCが採用されているところみたいです。

    海外だと「Atlas Zeno 1:2 Custom Headphone Cable」がありますが、直輸入しても1.5mで320英ポンドと結構高額です。
    あとはonsoにもアンプ側3.5mmで1.2mの「hpct_03_ub33_120」と6.3mm標準プラグで3mの「hpct_01_ub63_300」がありますが、あまり売っているお店が多くなくて型落ちっぽい扱いのような…。
    2.5mmだとNOBUNAGA Labsに「竜頭(Ryuzu)」や「神庭 (かんば)」がありますけど、HP-A8で使う頻度が高いことや6.3mm変換アダプタでも結構音が変わることを考えると3.5mmか6.3mmがうちの場合は良さそうな気がします。

    また、我が家の定番であるACOUSTIC REVIVEさんに特注してもらう手は当然あるでしょう。
    残念ながら標準製品にはラインナップされていませんが、「RHC-2.5UL-TripleC-FM」のヘッドホン側プラグで「RHC-2.5SH-S-TripleC-FM」のケーブル構成という形なら特に製作上の障害はなさそうです。
    ちなみにアンプ側に3.5mmプラグを使うとファインメットが収納できないらしく、FM有りだと6.3mmということになるようです。

    もっとお安く代用品はないかなぁというのも一応調べてみたところ、「LR分配ケーブル」で「ST35-LRP15M」というのが一応見つかりました。
    音質云々という意味では厳しいでしょうけど、断線時の代替品としては良いのかもしれませんね。
    ただこれももうあまり流通していないようですし、もう少し充実していたら良いのになぁというのが率直なところではありました。

    Filed under: Audio
    2020/04/18 3:00 pm | No Comments
  • 154月

    HIFIMANの平面磁界ヘッドホン「HE400S」が価格改定されてお手頃になっていたのでゲットしてみました。

    平面振動板を採用したヘッドホンは以前から気になっていて、特にFOSTEX TH900が気になっていたのですが機会を逃したままになっていたんですよね。
    初心貫徹…と行きたかったのですが、T50RPと変わらないくらいの価格で新品が買えるというのはやはり魅力的でした。
    HIFIMAN自体も以前から気になる存在ではありましたし、リケーブル可能というのもポイントでした。

    同社の中ではライトユーザー向けではありますが、それでも重量はライトとも言えず、350gほどあります。
    インピーダンス22Ω、感度が98dB/mWなのでポータブル機器でも一応駆動可能ですけども、やはりアンプを奢ったほうが実力は存分に発揮されるようです。

    まずは動作確認にFOSTEX HP-A8で聴いてみましたが、最初から歪みの少ない純度の高いサウンドを聴かせてくれて、期待以上のものです。
    ポータブルではAK300+AK380AMPを主体にしていますけども、これでも十分良い音ではあるものの、できればやはりHiFi-M8を使ったほうが駆動力は高いのだなと感じさせます。

    ただどのような環境でもやはり平面振動板はクセが少なく、低域から高域まで位相が揃ってるような印象を受けました。
    もちろん平面振動板だから、と一義的に決まるわけではなくて、このヘッドホンの完成度がしっかり高いからこそなのでしょう。
    フルレンジでありつつ、帯域によらず歪みが少なく、楽器の音色もとても自然です。
    特にピアノについては打鍵がリニアで淀みがないのは過渡特性が良いからなのでしょうか。

    クセが少ないので楽曲を選ばないですが、中音域がとても魅力的でボーカルがとても生々しいです。
    ジャンルでいえば凝ったミキシングが施されているものよりも、シンプルなマイク構成のもののほうがより自然さが活きてくるところはありますが、特に苦手はないように思います。
    逆に得意と言えそうなのはやはりクラシックで、小編成からオーケストラまでしっかり場の雰囲気まで再現してくれるのと、開放型という括り以上に開放的な音場なのでヘッドホンということをあまり意識せずに音楽に没頭できます。(物理的な重さなどは別として)

    装着感はゴツい見た目にしては思った以上に良いですし、廉価版とも言われるイヤーパッドも付け心地は決して悪くありません。
    音色としてもどこかを強調したようなところはあまりない(あえて言えば中域重視かな?)ので、長く聴いていたくなるものです。
    中低域はやや柔らかい辺り、HD598に似ているような部分も少し感じましたが、実際に手持ちのプリンと聴き比べるとやっぱり音の質自体はHE400Sのほうが圧倒的に高いようです。

    パッドに加えてケーブルもあまりコストが掛かっていないので、これをリケーブルしたらさらに良くなるような気もしますが、なにせ本体価格が安いですからねぇ。
    ちなみに昔はヘッドホン側が2.5mmだったりした時期もあるようですが、今のものは左右とも3.5mm 3極となっています。
    また比較試聴のような用途に使ってみると「全部音が良い!」みたいな印象になりがちなので、細かい音質差は意外と分かりづらいのかもしれません。
    そういう意味ではモニタ志向ではないのでしょうが、良い音で楽しく音楽が聴けるヘッドホンとしてはかなりお気に入りの一本になりそうです。

    エージングを進めつつ、また後日、他のモデル(?)との比較もやってみたいと思っています。

    Filed under: Audio
    2020/04/15 3:30 pm | No Comments