• 178月

    父親からAccuphaseのFMチューナー「T-108」を処分してほしいと預かったのですが、残留ノイズが多いということで戻ってきました。

    動作確認には簡易の室内用でやっていてステレオ受信もできたので感度も問題なしと判断していたのですが、ノイズとなるとやはりある程度の信号レベルを確保しないとなんとも言えないんですよねぇ。
    年代的に「当時の性能を保証するものではありません」けど、そもそも愛着もありますし、私が持っておいても良いかなと。

    それならばということでFMアンテナを本格的に購入しました。
    昔は7素子を自分で立てたりしましたが、今の2階建てで角度もかなり急峻なところに登って立てる勇気はありません。
    そもそも脚立なども必要ですし、風に耐えるように立てるのはなかなか大変ですからねぇ。
    それで最初は1素子をベランダに…と思っていたのですが、お値段は3素子でもあまり変わらないようで結局そちらに。

    とりあえず部屋の中で組み立てましたが、やっぱりFMアンテナはデッカイですねぇ。
    信号レベルは室内でもT-108の表示で3.5くらいまで上がりましたが、たしかにこのくらいだとそれまでのジュルジュルしたノイズが減った分、曲間などでややサーッというノイズが目立つ印象はあります。
    音自体は非常に生々しく、やはり違うなぁと感じるものですけどね。

    ネットで情報を集めた感じですと3.6が60dBfなのではないか?と推測されますので、S/Nを確保するにはもうちょっと信号レベルが欲しい気もします。
    モノラルにすれば全くノイズはないのでそういう意味では重大な故障ではなさそうな気もしますし、逆にMPXフィルタをオンにするとノイズがかなり減るというのもややおかしいような印象もあります。
    MPXは19kHzのパイロットトーンをカットするものですから、私のような老人耳なら差が分からないくらいでもおかしくないですからねぇ。
    ちなみにモードをNORMALからNARROWにしてもノイズにはあまり差はありませんでした。

    あとはもうAccuphaseさんに修理に出すかどうか、なわけですけども、地方局だと途中ではデジタル伝送されているわけですし、そんなにコストを掛けるわけにも…。
    そもそも明確な不具合と言えるほどではないので、スカッとしたアンテナを立てれば解決するのかどうかの判断も難しいところです。
    一応、メーカーに問い合わせもしていますが、なにせお盆休みで…。

    そうこうしていたらPioneerのFMチューナー「F-780」を持っていたことを思い出しました。
    これを掘り出してきて比較してみるのがいちばん良さそうです。
    問題はコイツをどこに収納したか、なわけですけども…。
    Accuphaseさんからの回答とパイオニアの捜索をやってみて、それからどうするかを決めようかなと思っているところです。

    Filed under: Audio
    2019/08/17 12:00 pm | No Comments
  • 168月

    少し前の地震でまたしてもCDが落下してしまいました。

    CDはかなり溢れてきていて段ボール箱にも収納しているのですが、わりと良く聴くものや直近に入手したものを積んでおいてしまうんですよね。
    特にスリムケースや2枚組のケースは滑りやすいようで、それに巻き込まれて落下してしまうことが多いようです。
    幸い、傷が付いたディスクや割れたケースはあったものの、再生には支障がなかったのですが、再発防止のためにもラックを足しておこうかなと。
    大きな地震になればラックどころか、機材も吹っ飛んでしまうでしょうけれど…。

    ただ市販のものはどうもあまり良いものが見当たらず、強度が足りなかったり大き過ぎたりですし、オーディオ系のだとかなり高額ですし…。
    全部収納するなら壁一面くらいは必要そうですけども、部屋にそんなにスペースがないですし、とりあえず小さいものを見つけてきました。
    おそらくソニーの直販ものに付属していたケースだろうと思われます。

    早速、主に聴く系のCDを主体に入れてみました。
    下の白いほうも聴くもの中心に入れ替えると良いのですが、これはこれでなんとなく入ってる場所を覚えてしまってるので…。
    上の透明なほうはSACD主体に集めましたが、このタイプだとまだ落下の危険が高いので、そこはそのうち見直しましょうかね。

    そもそもディスプレイラックが部屋を狭くしていますし、CDも含めてクローゼットの中に収納するのもひとつの方法かもしれません。
    そこまで模様替えするとなるとかなり大変ですが、一応CDラックの良さげなものはチェックを続けておいて、そのサイズなども考慮して決めていこうと思います。

    Filed under: Audio
    2019/08/16 4:00 pm | No Comments
  • 138月

    FURUTECHから電源プラグを固定(?)するコネクターホルダー「NCF Booster-Brace」が発売されたようで。

    うちもNCF Booster Signalや電源プラグ、壁コンセントなどでNCFの良さは知っていますが、なんだか次々に出てきて正直やや乱立気味かなぁという気がしないでもありません。
    振動吸収を謳うのであれば電源プラグや壁コンセントのNCFで完結できるはずですけど、あえてそれに被せる形で出してくるのはそこに他社製品を使っていることを想定して…でしょうか。

    コンセントカバーですらそうですけども、固定がコンセントにネジ1本になるものばかりで、実際使ってみても音の変化はたしかにあると感じるものの、高域にキツさが出たりあまり良い方向に変化しないことのほうが多い印象があります。
    コンセントベースとセットでもっとしっかり固定できる構造で出せば良いと思うのですけどね。
    そんな今回の「NCF Booster-Brace」も固定は両面テープが基本みたいで、正直「両面テープかよ!」と思ってしまいました。
    一応、固定用の補助パーツみたいなものはあるようですけど、ぜひGTX Wall Plateの次世代モデルで一体化できるような形にしてほしいですね。

    素材は当然NCF調合のナイロン樹脂主体ですが、ハウジングはアルミ合金、内部はNCFで補強壁などありますが、基本は空洞(半密閉型の空気室)のようです。
    現在の固定方法を考えれば、むやみに重すぎるよりはよっぽど良いと思いますけどね。
    重さはだいたい100g程度のようです。
    お値段は19,800円(税抜)と決してお安くはなく、これを入れるならまずは壁コンセントやプラグから見直すほうがオススメかなぁ。
    もちろんそれもやっていてさらに…というリピーターが多い製品になりそうですが。

    ただ壁コンセントだけでなく、電源タップでも装着スペースが確保できれば使えるわけで、それだと普通は上に載せる形になりますし、それこそ他社の非NCFから簡単にリプレースできないでしょうから、メリットはあるかも。
    電源タップのお値段を超えてしまうこともありがちでしょうけどね。

    ややネガティブな感じになってしまいましたが、実際には使ってみないとなんとも言えないのが正解でしょう。
    NCF自体はとにかく優秀な素材だと感じますし、そのメリットを上手く活かす仕上がりや仕組みになっていれば効果は大きいはずです。
    そのためにも、固定方法は将来的にFURUTECHで揃えれた場合にはもっとがっちりタッグが組める感じになると良いなぁと思います。

    Filed under: Audio
    2019/08/13 12:00 pm | No Comments
  • 128月

    父親がスピーカーを自作したいということでFOSTEXのフルレンジを入手したわけですが、私も気楽に使えるスピーカーを作ってみるか…と調べていて、懐かしいスピーカーを見つけてしまいました。
    それがKLHの2wayスピーカー「KLH4」です。

    KLH自体、当時から知名度は正直あまり高くなかったと思いますが、ボストン系スピーカーブランドとしてはそれなりに名を馳せたように記憶しています。
    もう少し前のものが有名で、その頃はARなどとともに結構人気だったかと。
    今回のKLH4は1984年発売で、当時はサイバネット工業扱いで、サイバネット工業自体が京セラに買収されたのと同時くらいにKLHの京セラ傘下にあったようです。

    その後もいろいろな経緯を経て、カーオーディオやったり、今はわりと高級系のスピーカーを出したりしているようです。
    そんなマイナーなブランド、スピーカーですけれど、私にとっては過去に試聴した記憶もあり、懐かしいものだったのです。
    当時あった栄電社というオーディオショップにAccuphaseのプリメインアンプ「E-303X」を試聴に行った時に鳴らしていたのが、このKLH4でして「こんなに小さいのに鳴りっぷりが良いなぁ」と感じたのを覚えています。
    兄弟機に当時のセールスポイントだったABC(Analog Bass Computer)システムという外付けの箱を付けたKLH3というのもあったので、鳴らしていたのはそっちだったかもしれませんけどね。
    年代的にはE-303Xが1983年発売だから、記憶自体は正しそうです。

    当時ですら29900円(1台)というエントリークラスのスピーカーですが、15cmポリプロピレンウーファーがなかなかに印象的でした。
    能率が85dBとかなり低めで、ABCがないと68Hz~20kHz(-3dB)と欲張らない帯域ですが、そもそもボストン系はかまぼこ特性で有名ですからね。
    実際に今の環境で鳴らしてみても、当時聴いた感覚が蘇るのは、うちのシステムが当時の年代物が多いからかもしれません。

    これまでMatrix 802 Series 2の間にはパワーアンプを置くだけで、可能な限り音最優先の配置にしてきたつもりでしたが、そろそろ肩の力を抜いても良いかなと、思い切ってスピーカー2組体制にしてみました。
    スピーカースタンドは805で使っていたサウンドアンカーを置き、スパイク受けはSPU8、スピーカーケーブルはACOUSTIC REVIVE SPC-REFERENCE TripleCにYラグ装着という辺りはわりと本気モードですけどね。
    なお、SPC-TripleCのダブルバイワイヤはこれまでパワーアンプのA/B両系統につないでいましたが、片方にまとめてスピーカー切り替え可能にしました。

    いざ鳴らしてみると当時の記憶が蘇ってくるようです。
    いつものように分かりにくい喩えで恐縮ですが、Campfire AudioのNOVA CKに通じるようなサウンドかなと。
    ナローレンジではあるものの、グッと凝縮されつつ主張も強めのサウンドで、低域は帯域的にも思ったより出ています。
    高域はかなり割り切っているようには思いますが、老人の耳にはちょうど良いくらいでしょう。

    楽器の音色などもなかなか自然体で、モニター的ではないですが全体のバランスを崩さずに元気に鳴らしてくれます。
    苦手なのは男性ボーカルで、なぜかやや抜けが悪く感じるのは3kHzというクロスが関係しているのでしょうか。
    女性ボーカルではむしろ自然ですし、中低域のチェロも膨らまず音色も良いですから、録音が関係している可能性もあるでしょう。
    実際、最近の録音だと広がりが少なくドライになりがちな傾向があり、オフマイクの音源のほうが得意のようで、ピタリとハマるとスピーカーの外側まで広がり、おそらく初めて聴く人は隣の802とどちらが鳴っているか分からないくらいでしょう。
    もちろんこの広がりはRWL-3の効果もあると思われます。

    小型スピーカーですが、能率の悪さもあるからか、小音量よりもある程度パワーを入れたほうが活きてくる傾向はあります。
    また小編成よりも音数が多いほうがむしろパワフルかつ多彩にそれぞれの楽器を描き出してくれる傾向です。
    そこも編成というよりは実際には録音スタイルが影響している可能性は高い気はしていますけど。

    状態としては元々が結構ラフな作りな部分がありますし、スピーカー端子も極端に小さかったりしますけども、鳴りはまだまだ元気という印象です。
    スピーカーの大きさも幅も今の部屋のエアボリュームからすると、実は802よりも合っている可能性も高く、音質では802のほうがやはり勝っていますが、全体のまとまりはわりとラフなセッティングでも良い面もあるのかなと感じています。
    自宅録音でも比較してみましたが、802だと機材や下手なマイクセッティングで音の粗ばかり目立ってしまいますが、KLHだとグランドピアノのサイズ感がしっかり出てきますし、ピアノの音色も意外とKLHが健闘しています。

    また、いくら低域が出るとは言ってもそこはサイズが小さいですから、階下への音漏れもだいぶ軽減されます。
    Soundgenic経由のネットワークオーディオやFM放送など、これまでだと本腰を入れられる時しか聴かなかったところを、もう少し気楽に楽しめる環境になってくれそうですし、導入して良かったなと思っています。

    Filed under: Audio
    2019/08/12 12:00 pm | No Comments
  • 118月

    ESOTERICから一体型SACDプレーヤーの最上位モデル「Grandioso K1X」が9/1に発売だそうで。

    少し前にD/Aコンバーターと思しき基板がティザーで公開されていて、単体のDACかなぁと思いきや、一体型でした。
    ただ内容自体は予想どおりのディスクリート構成のDAC「Master Sound Discrete DAC」だそうです。
    FPGAベースでデジタル処理しつつ、独自開発の64bit/512Fs対応のΔΣモジュレーターを搭載し、左右シンメトリーの基板になっているようです。

    先代のK1は2016年発売で230万円でしたが、あれはDACがAK4497を使ったものでしたので、少なくともDACはほぼ別物と言って良いでしょう。
    トランスポートメカもVRDS-NEOからVRDS-ATLASに変更されて、完全にメジャーアップグレードという形に思われます。
    これだけ違うと、バージョンアップサービスはあるのかなぁ。
    2018年2月のK-01X,K-03Xからは出てきてないので、なんとなくないような気もしますが…。
    ちなみに今回のはお値段280万円だそうですが、たしかにこれだけ野心的な新機構を積んだらそうなっちゃいますよね。

    仕様で気になったのは背面にある大きな「DC IN」端子でしょうか。
    LとRでそれぞれ装備されていますけど、これについての記載は私が見た限りでは見当たらないようです。
    トランスは筐体下部に4つも配置されていますし、外部から強化が必要なほどには見受けられないのですけど、なにか意図があるのでしょうか。
    ちなみに消費電力は30Wとのことですので、そこまで大掛かりな電源が必要というわけでもないと思われます。

    私が購入できる見込みはほぼないですし、試聴する機会すらあまりなさそうですが、こういう製品が出てくるのは良いことだとは思います。
    あとは今後のメンテナンスなどで安心して購入できる体制を維持してくれたら良いなと願っています。

    Filed under: Audio
    2019/08/11 12:00 pm | No Comments
  • 098月

    DENONからSACDプレーヤー「DCD-SX1 LIMITED」とプリメインアンプ「PMA-SX1 LIMITED」が9月中旬に発売になるそうで。

    まず最初に「SX1って相当前に出たモデルでは?」と感じたのですが、SACDプレーヤーのほうが2013年、プリメインアンプが2014年だとか。
    前任のサウンドマネージャーが手掛けたものだから、まぁ古いっちゃ古いわけですけど。
    今回のは現在のサウンドマネージャーが半ば自分用に「改造」したものを発売しちゃうような感じでしょう。
    D&Mでは結構この手のLIMITEDモデルって多い印象はありますけどね。

    DCD-SX1は55万でしたが、今回のは75万。
    20万ほどアップしていますけども、構成が大きく変わったわけではなさそうです。
    「コンデンサーや抵抗、オペアンプ、天板、フットなど約400箇所のパーツの変更」をしたそうですが、謳い文句が最近のmacOSみたい、と思ってしまいました。
    一部、不要な部分を削減したそうですし、ある意味、今後も保守可能なものにモデルチェンジしつつ、値上げもしたかったのかなぁとうがった見方をしてしまいます。
    それでもSACDプレーヤーを出し続けてくれるだけでもありがたいところではあるのですけどね。

    やや気になるのはパーツ変更された中でもコンデンサが「S.Yコンデンサー」というサウンドマネージャー自らが手掛けたものを採用している点です。
    老害のオーディオマニアが思い浮かべるのが往年の山水がNRAシリーズで採用した金子氏特性のコンデンサーでして…。
    検索してみた感じでも「S.Yコンデンサー」というのをこれまでDENONが搭載したような形跡は見当たりませんし、補修部品の確保の点でも不安が出てきそうな印象です。(製造はELNAのようですが。
    もちろん同容量の普通のコンデンサーに替えれば良いのでしょうけど、それではLIMITEDの意味がなくなりますからねぇ。

    その保証については購入後2年以内に延長保証サービスに申し込むと、全員が3年保証に延長されるとのこと。
    ライバル他社もSACDプレーヤーは3年なので同レベルですが、プリメインアンプはちょっと短めかな。

    DAC部もPCM1795のデュアルなどは変わらずですし、重量はなぜか1.5kg減っています(天板の銅メッキスチールプレートをやめた?)し、従来モデルをお持ちの方が買い換えるようなものでもなさそうな…。
    むしろ最近の山内氏が手掛けた製品が気に入っていてグレードアップするためのモデルといったところでしょうか。
    地元工場での製造なので応援したい側面もありますが、ちょっとズレてるんじゃないかなぁという印象も強いというのが正直なところです。
    結果的には「出音が全て」ですし、聴き比べイベントなど開催されるんだろうなとも思いますので、気になる方はそういうのに参加されると良いかなと思います。

    Filed under: Audio
    2019/08/09 12:00 pm | No Comments