• 074月

    beyerdynamicのヘッドホン「DT 770 PRO」は初期不良で返品し、DT1770PROをゲットしたのですが、やっぱり最初のDT770PROの魅力もあるような気がして再入手してみました。

    前回同様のアウトレットですが、今回は低域のビリつきもなく動作は全く問題ありません。
    同じA品(そしてやっぱり250Ω)を選びましたが、どうやら最後の1台だったようで若干シール跡(盗難防止タグを剥がした痕かな?)がありました。

    音を確認した後、そこそこクリーニングしたところ、ほぼ目立たない程度にはキレイになりました。
    音さえ問題なければ文句なしにお買い得ですね、コレは。

    音も最初の個体よりは若干穏やかな印象もありますが、それでも1770と比べればカチッとした風合いでよりプロ仕様な感触が強いです。
    リケーブルなどの改善要素がなく、カールコードで扱いやすいのもあって、ちょっとYouTube等で動画をチェックしたり、再生チェックするのには扱いやすいですね。
    もちろん音質面でも少々のヘッドホンには負けないくらいの実力があるように思います。

    なにぶん250Ωで能率も低いですからアンプを選ぶのだけが難点ですけども、FiiO Q1 MarkIIやAK380 AMP、PLENUE Sなどでもちょっと使う分には十分です。
    それでも本気で鳴らすとなれば、CEntrance HiFi-M8なり、LUXMAN P-1くらいが必要になりますが、そこはある意味、DT1770PROでも同じことですからね。

    ベイヤーダイナミックというと990や1990など、開放型のほうが国内では人気ですけども、770や1770も見直されても良いのかなとは思います。
    ただ、サウンドハウスさんだけの取り扱いになっていますから、実質試聴しづらいのがやや残念ではあります。

    ちなみにこれを書いている時点で、DT770PROもまだB品、C品や32Ωモデル、それにDT1770PROは在庫があると思いますので、この機会に冒険してみるのも良いかもしれません。

    Filed under: Audio
    2019/04/07 12:00 pm | No Comments
  • 054月

    フジヤエービック主催の「春のヘッドフォン祭2019」が4/27〜28に開催されるそうで。

    テーマが何やら元号にまつわる感じになっていますが、正直、元号ネタには辟易しているのでそれは無視します。
    ただ連休でもあるでしょうから、人出は結構多くなるかもしれませんね。
    細かい日時は以下のとおりで、会場はいつもの中野サンプラザです。

    4月27日(土) 11:00 開場 – 19:00 終了
    4月28日(日) 10:30 開場 – 18:00 終了

    入場無料もこれまで通りですが、使用フロアは拡大したらしく、新規出展も募集しています。
    据え置きオーディオはあんまり景気の良い話は聞かないのですが、ポータブルはまだ元気なんでしょうか?
    ちょっとカラ元気のような気もしないではありませんけども…。
    それに、2018年の春と見比べると「中野サンプラザ 6・11・13・14・15階 ほか」の記載は同じようにも思えますけどね。

    チラシを飾るのはトップウイングが取り扱いを始めるイタリアのブランド「Spirit Torino」のフラグシップモデル「RAGNARR EDITION」とのこと。
    なんだかGRADOに良く似ているなぁと誰でも思うと思いますけど、「GRADOのリペアを長年手がけていた」ところなんだそうです。
    どっちが本体(?)なのか、という感じでしょうかねぇ。
    イタリアって意外にオーディオブランドが多いですが、ちょっとこういう雰囲気のするブランドが多いのもイタリアらしいと言えるのかも。

    あとはまだ詳細が出てきていませんが、Campfire Audioが「EQUINOX」というカスタムIEMの事前抽選受付をしているくらいでしょうか。
    個人的には某ブランドが以前参考出展していたケーブルが展示されるのかな?という辺りが気になります。
    ただし、今年も行ける見込みはゼロでして、そういう意味では傍観するだけになりますけども、ぜひ盛り上がるような製品がたくさん登場してほしいなと思います。

    Filed under: Audio
    2019/04/05 12:00 pm | No Comments
  • 044月

    WEISSのDSP機器「DSP502」が4/1に国内発売されたようで。

    WEISSというと高級DACで有名なイメージですけども、今回のものはそんなDAC「DAC502」からDSP処理部分だけを切り出したものだとか。
    これ単体ではD/Aコンバータを積んでいませんから、デジタルで入れて、DSP掛けて、デジタルで出す、というだけになります。
    デジタル入力はAES/EBUにS/PDIFが192kHzまでのPCM、RJ45が384lHzまでのPCM、USBはDSD128まで対応しています。
    ただ内部処理は40bit浮動小数点の195.3kHzという変わった(?)状態で扱われ、出力は88.2/96/176.4/192kHzのPCMらしいので、基本的にはPCM対応のDACがあれば良いことになりますね。
    なお、サンプリング変換などは私も試したことがありますが、SARACONという有名なパッケージが組み込まれているそうです。

    DSP機能は大きく分けて以下の5つの機能を有しています。

    The EQ
    Room EQ
    XTC
    Vinyl
    Dynamic Adaption

    The EQはまさにパラメトリックイコライザで、これはまぁ当然という感じですね。
    3バンドということなので思ったよりもシンプルな調整機構です。
    プリセットが予めあったりしますし、微調整用という位置づけなのでしょう。

    Room EQはルーム・イコライザで、200〜20kHzのスイープ(?)を使って定在波を特定し、それでEQで調整して定在波を減らすことができるんだとか。
    調整箇所は5ヶ所だそうで、これもわりとシンプルに補正する仕掛けですね。

    ここまでだとAccuphaseのDGシリーズに近いか、それより弱いような感じですが、残りがちょっと面白い機能ということになります。
    XTCはクロストーク・キャンセリングで、左右のクロストークを減らすように処理することで音の広がりを生み出すんだとか。
    Illusonic社と協力して開発されたものだそうで、効果は万能ではないでしょうけれど、配置制限のある環境とか、そもそもヘッドホンを意識してマスタリングされた音源などでは効果があるかもしれません。

    Vinylはヴァイナル・エミュレーションで、これはSONYがWALKMANでやってたりするのと似ているものですね。
    これもドイツの高音質レーベル「Stockfisch-Records」のDMM(Direct Metal Master Cut)CD制作の技術協力で実現しているそうです。
    ややこの2つは「イロモノ」っぽい印象もありますけど、DSPだからこそ色々楽しく弄るのが良いのかなぁ。

    最後にDynamic Adaptionは音圧を揃えるような働きをするものです。
    ここが個人的にはちょっと残念で、むしろ音圧アゲアゲになってしまってる音源のダイナミックレンジをRestorationしてくれるようなものだったら良かったのに…と思いますね。
    そうなると潰れてしまった部分は単なるDSPでは復元しきれないわけで、AIだとかCloudからデータを引っ張ってきたりする必要があるでしょうが…。

    ただ、LAN経由でファームウェアアップデートできるようになってるそうですし、今後の進化に期待でしょうか。
    お値段もかなりのものですし、普段だと流してしまうような機器なのですが、今のオーディオ界に一石を投じるにはこういう方向性もアリなのかもしれないなと、少しだけ思ってみたりしたのでした。
    もちろん元の音を変えて楽しむだけでは単なるガジェットで終わってしまうわけで、それ以上の何かが求められると思いますけどね。

    Filed under: Audio
    2019/04/04 12:00 pm | No Comments
  • 034月

    PRIMAREからネットワーク再生機能を装備したCDプレーヤー「CD15 PRISMA」が4/1に発売だそうで。

    もうCDプレーヤーは出ないかと思っていましたが、ネットワーク再生と組み合わせればデジタル系音源をほぼ全てカバーできますから、こういう形はアリなのでしょう。
    SACDに対応しないのはドライブがほとんどないから仕方ないですね。
    そのメカはPHILIPSのCDM-M10というものみたいです。
    記事では「輸送といった激しい業務中でも」とか書いてありますが、要はカーオーディオ用のメカですね。

    サイズも見た雰囲気よりずっと小さくて、W350xH73xD312mmとミニコンポ(自体がもう死語か)のサイズ感です。
    お値段は25万円ですからCDプレーヤーとしてみるとちょっと物足りない部分もありますが、CDトランスポート+ネットワークプレーヤーなのでしょう。
    いっそのこと、ネットワークプレーヤー単体で出してくれたほうが良いと思うのですけど、なぜかプリメインアンプの側にはPRISMAが搭載されています。
    海外ではCDトランスポートのみの「DD15」という機種が用意されているようですが、日本ではこっちのほうが売れると見たのでしょう。

    DAC部分はAK4490EQ搭載で、最近のPRIMAREらしくコンパクトに仕上がっています。
    シンプルにまとめるなら「I15 PRISMA」のほうが1台で済みそうですから、あとはCDを回したいかどうか、でしょうね。
    アンプ部も「Hypex UCD102」を使ってあり、こういう気楽に楽しむスタイルも良いのかも。
    ただ、操作アプリがiPadと7インチ以上のAndroidタブレットのみ対応で、iPhoneを含むスマホに対応しないというのはちょっとどうかなぁ。
    画面が狭いからなのかもしれませんが、そもそもiPadとiPhoneのアプリ統合なんて話も噂されているくらいですし…。

    また本来、海外では対応しているはずのWi-Fiは技適の関係なのか、アンテナを外されています。
    それ自体は仕方ないと思うのですけども、それを「音質最優先のためにPRISMA対応製品はワイヤード(有線)接続のみの対応」と言っちゃうのは不誠実かな。
    現実的にはノイズ対策の面からも有線のほうが良いとは思うのですけど、シンプルに場所を選ばず構築できそうな機器だけにちょっと残念な部分かと思います。

    Filed under: Audio
    2019/04/03 12:00 pm | No Comments
  • 024月

    ハイファイ堂でレコード洗浄サービスというのをやっているというのに今さら気づきました。

    お店に送るか持っていくと、ベルドリームの超音波洗浄機「US-60V」で洗浄してくれるとのこと。
    面白いのは2つのコースがあって、プレミアム洗浄は1枚5分、レギュラー洗浄は1枚3分と時間で違うというところでしょうか。
    プレミアムならバキュームと併用とかだとなお良かった気もしますけど、現実的には手作業が少ない超音波のほうがお店としてはやりやすいでしょうからね。
    そもそもビジネスというよりは「サービス」的な意味合いのほうが強いでしょうし。

    気になるお値段はプレミアム洗浄で500円/枚、レギュラー洗浄で300円/枚と、お安いとまではいきません。
    これに送料もかかるわけですが、20枚以上の場合なら往復送料無料で良いそうです。
    ただし支払いが代引きのみなので、代引き手数料は掛かってしまいますけどね。

    US-60Vのお値段が13万円くらいですから、300枚くらいプレミアム洗浄すると元は取れる皮算用になります。
    実際には精製水なども準備しなければなりませんし、乾燥台などのオプションは別で、それらを揃えると意外とお値段もかさみます。
    そもそも手間が大変ですからねぇ。
    たくさん保有されていて自分でやる時間が取れない方には良いサービスでしょうし、逆に数枚お試ししてみて超音波洗浄の効果を確認してみるというのもアリかなと思います。

    Filed under: Audio
    2019/04/02 12:00 pm | No Comments
  • 014月

    TASCAMから電源ケーブル「AC-1800L」というのが出ているのを見つけました。

    オーディオ用途としては特筆するほどでもないのですけど、IECコネクタの部分に抜け防止ロック機構が付いているのでパソコン用などにも便利かなと。
    機器側は3PのIECメスなら改造等は不要で差し込むだけでロックされ、両サイドの赤いボタンをスライドしないと外れない形です。
    このくらいの重さならそうそう抜けるものでもないですけど、中にはどうしても緩んでくる機器がありますからねぇ。

    モールドなので何も加工のしようがありませんが、同じ仕組みを盛り込んだプラグがあったらかなり人気が出そうな気がします。
    NCF-Boosterみたいなもので支えるのも良いですけど、こっちのほうがシンプルですし。

    また電源プラグ側はロック機能はないですけども、こっちも3Pであっても抜けてきちゃうことがあって困りものです。
    何かロックしたりベルクロテープみたいなもので固定する製品がないかなぁと以前調べたことがありましたが、意外と少ないんですよねぇ。
    こっちもバナナプラグみたいに中でアースが広がる仕組みとかダメかなぁ。
    PSEがあるから、あんまり変なことはできないのかもしれませんが…。

    ちなみにAC-1800Lは3Pになってますが、アースループを考えると適宜、2P変換で使ったほうが良いかも。
    おそらく他にも類似の製品がありそうな気はしますけど、こういう便利な製品は音とはまた別にあって嬉しいものかなと思います。

    Filed under: Audio
    2019/04/01 12:00 pm | No Comments