• 0810月

    GOLDRINGからMMカートリッジ「Eシリーズ」が10/10に発売だそうで。

    MMカートリッジというとMCよりも格下的に扱われることが多いですが、実際にはそういう格付けは一概にできず、むしろ製造面から言うとMMカートリッジのほうが設備投資が必要で、新製品を出すのは大変という側面があるようです。
    MCカートリッジは技術さえあれば「家内制手工業」的に、それこそ職人さん一人でも作ることができますけどね。

    またMMカートリッジならではのメリットで針交換が可能となっています。
    折れた時に交換できるというだけでなく、3つのグレードがあるので最初は安いところから入ってグレードアップすることも可能です。
    最廉価のE1はカーボンファイバー製カンチレバーだそうで、私が先日導入したUltimate 100と同じ(カーボンファイバーといっても色々でしょうけど)です。
    マグネティック・ダブレックス・テクノロジーという45度に配した2つの軽量マグネットで発電する構造もZYXを彷彿とさせるものです。
    なお、その上のE2はカンチレバーをアルミ製にしたもの、E3はそれまでの接合丸針から接合楕円針となっています。

    価格はE1が13,000円、E2が16,000円、E3でも18,500円と、高騰が続くオーディオ界としては破格のお値段かと。
    いちばんコストのかかりそうなカンチレバー固定部分に調整ネジを採用することで針の角度調整をやりやすくしたのが、実はコストダウンにもプラスに働いているのではないかと勝手に推測しています。
    私が選ぶとしたらまずは安いE1かなぁ。
    アルミのほうが調整にシビアでないとは思いますが、カーボン自体は強度もあって良い素材だと思いますし。
    また上位モデルも接合針なので、できれば無垢針もあると良いかも。
    重量も6.9gと軽いですし、ヘッドシェルやトーンアームも選ばないでしょうから、プレーヤーの付属カートリッジからのグレードアップにも良い製品かと思います。

    Filed under: Audio
    2017/10/08 12:00 pm | No Comments
  • 0710月

    今までカートリッジの針先確認に使ってきたルーペが最近ちょっと見づらくなってきました。
    寄る年波には勝てない…というところもありますが、元々乱視が結構ヒドく、それがまた再発したような感じです。(言い訳)
    そこで、以前から憧れていたニコンの宝石鑑定用ルーペを入手してみました。

    製品写真で見た感じよりはずっとコンパクトで、紐を付ければ首からぶら下げて使えるような大きさです。
    外観もプラスチックな感じですが、MADE IN JAPANなのはなんとなく安心感がありますね。

    これまでのは8xと12xの2つが付いたものですが、針先確認は見やすくて距離がある程度確保できる8xを使うことがほとんどでした。
    今回のは10倍で宝石鑑定用ということでワーキングディスタンス(と呼ぶのか?)が取れるかどうかが気になってましたが、その点は問題ありませんでした。

    「宝石鑑定用」と名乗り、しかもマイクロニッコールや産業用レンズも揃えたニコンだけに解像度も63本/mm以上だとか。
    それでもカメラ用レンズなどから比べれば楽にクリアできるスペックでしょうね。
    実際に覗いてみてもこれまでのルーペとは見え方が格段に違っていて、周辺の明るさや収差、流れがなく見やすいです。

    焦点距離は8倍に比べればやや短めにはなりますが、カートリッジに近づきすぎるほどではないので使いやすい倍率です。

    正直、お値段は決して安くないですが消耗品でもなく半永久的に使えますから、それだけの価値はあるかと。
    それでもやっぱりもうちょっと安いほうが…という方には父親に譲ったビクセンのがオススメです。
    以前購入したのは10倍と20倍になっていて、レンズがちょっと小さめですけど、これでもじゅうぶん明るくて見やすいです。
    20倍はかなり近寄ることになるので、カートリッジ用としてはなくても良いかなとは思うので10倍のみのでも良いかもしれませんが。

    当然、カートリッジだけでなく宝石や腕時計などでも活躍してくれることでしょう。
    針先にはじゅうぶん注意しつつ、針もルーペも大事に使っていこうと思います。

    Filed under: Audio
    2017/10/07 12:00 pm | No Comments
  • 0610月

    Atlas Cablesのトーンアームケーブル「Hyper Integra Tonearm RCA」のストレートDINタイプ1.5mを海外から購入してみました。

    Atlasの箱では恒例ですが今回も箱がかなり潰れ気味で到着しました。
    到着までは8日間で、ほぼいつも通りで追跡可能にしておいたので安心でした。

    下位モデルにElementがありますが、Elementは3.5mm-RCAやインターコネクトでも使ったことがあるので今回はHyperにしてみました。
    届いた時点の率直な感想としては「細いなぁ」と。
    Elementのほうがむしろ太いくらいで、製品ページでもメッシュが付いてる様子は見受けられなかったのでちょっと意外でした。

    これまで使ってきたPHONO-1.2 TripleC-FMと比べるのがいけないのでしょうが、アース線も細いですし、Elementとの差別化という意味でももうちょっと工夫がほしいところかも。
    そして最大の課題は根本が太いDINプラグです。

    JELCOに似た形のDINプラグ(問い合わせたところ、似ているけど独自とのこと)ですが、SAECのトーンアーム「WE-407/23」はアーム台座のパイプにスタビライザーが取り付けられるようになっているため、パイプの長さがかなり長く、DINプラグはストレートである必要がありますし、このパイプをDINプラグが通る必要がありました。
    下に飛び出してもなんとかなるかなぁと思いましたが、それではカートリッジが平行となる高さまでアームを上げることができず…。
    そんなわけで届いたものの、使えずに保管した状態になっています。

    おそらく他のトーンアームだと大抵大丈夫なんだと思いますが、L型プラグならこれで良いとしてもストレートの場合はこのプラグは厳しいかなぁ。
    ただ他社のケーブルも同様形状のものは結構あるので、SAEC固有の問題なのかもしれませんが…。
    念のためにAtlas Cablesさんに問い合わせメールを送ってみました。
    ありがたいことにお返事も何度かいただいて、他のDINプラグへの交換もご提案いただきましたが、コスト(50英ポンドくらい)と時間がかかりますし、私はそのまま保有しておくことにしました。
    今後の製品では別のDINプラグへの変更も検討してみてもらえるよう、お願いしておきました。

    あいにくWE-407/23には適合しませんでしたが、DENONのトーンアームなど、別の場所で使おうかなぁと思っています。
    また振り出しに戻ったトーンアームケーブルですが、改めて国内のお店で調達しましたのでまた後日ご紹介します。

    Filed under: Audio
    2017/10/06 12:00 pm | No Comments
  • 0510月

    AccuphaseのXLRケーブル「ASLC-10」をテレオンさんで購入しました。

    少し前にプリ-パワー間に入れたASLC-30が思った以上に良く、CDプレーヤーとプリの間に使いたいなと。
    SL-10もあるし、CHORD Indigo Plusもありますが、後者はHD-7Aのほうが相性が良さそうですし。
    以前も書いたとおり、ケーブルでの音質云々というよりもITTのXLRプラグを採用しているので、Accuphase機器との嵌合が良いというのが大きな導入理由でもあります。

    実際、C-280Lのほうは特にカチッと嵌まる感覚で、使っていて安心感があります。
    出音もSL-10だとロジウムメッキの影響なのか、少し高域にキツさがありましたが、それが皆無となり穏やかな音になりました。

    特筆すべきは自然な音場の展開で、これはおそらくケーブルの左右の品質がとても良く揃っているからこそだと思われます。
    ケーブルで音を変えるという方向性ではなく、まるで内部配線のような自然さです。
    それに伴って余韻もとても正確で、CHORDのようにやや響きが過多になる傾向もなく、かと言って乾いて消失するようなこともありません。
    まさにニュートラルの極致といったところでしょうか。

    リビングでもSLC-10を使っていますが、ASLC-10になって導体構造が変わり、純度の高さがグンとアップしているように思います。
    SLC-10は良くも悪くも純正の付属ケーブルの延長線上でしたが、より鮮度の高さが感じられるものになりました。
    また、部屋の何処で聴いても安定した音で、聴きやすく疲れないところが気に入っています。
    ある意味、情報量を過剰に増やさないので純粋なオーディオエンスージアスト的方向性ではないのかもしれませんが、一部が強調されたり整えたりしようとするところがないので、気楽さも出てくるのでしょう。
    もちろん、ノイズ対策は万全で接続された機器が元々一体型だったかのような感覚すら感じます。
    生々しさがあるのも特徴的で、Accuphaseの機器が嫌いな方でもケーブル(特にASLシリーズ)は万能にオススメできるのではないかと思います。

    Filed under: Audio
    2017/10/05 12:00 pm | No Comments
  • 0410月

    B&Wからノイズキャンセリングワイヤレスヘッドフォン「PX」が発表されています。

    大きさがハッキリとは分かりませんが、耳を覆うサイズのハウジングですし、P7 Wirelessの後継と考えるのが良いでしょう。
    P7 WirelessやP7が廃番にもなってることですし。
    ちなみに重量は335gで、P7 Wirelessの323gから微増程度に収まっています。
    充電はmicroUSBからUSB-Cに変更になっていますが、USB-Aとつなぐケーブルが付属しています。

    ノイズキャンセリングについては後で触れることにして、気になったワイヤードでの接続はしっかり残っています。
    しかも普通のステレオミニケーブルでつなげるようになってるみたいで、そのミニケーブルも付属しています。
    リケーブルの選択肢も増えるでしょうし、これは嬉しい改良点かと。
    また、ドライバーは40mmフルレンジですが、角度を付けた装着となっていて、P9 Signatureを思わせる作りに進化しています。
    BluetoothはコーデックがaptX HD対応となり、内部では768kHzにアップサンプリングされるとのこと。
    もちろん、AACやSBCにも対応しているので、幅広く使うことができると思います。
    iPhone用にはPXアプリというのも用意され、これで各種アップデートや設定も可能になるようです。

    お値段はこれを書いている時点では海外でしか発表されていませんが、500ドルですからP7 Wirelessより若干高い程度になるのではないかと予想します。
    ノイズキャンセリングが付いたことを考えれば結構安いと思いますが、他社のノイズキャンセリングと比較した時の効き具合や音への影響はやや気になるところでしょうか。
    効き具合については3種類の環境フィルター(フライト、シティ、オフィス)が用意されますし、当然オフにもできてアップデート対応もしてますから、過度に心配することはないでしょうけれど。

    バッテリー寿命はP7 Wirelessの17時間から伸びて、ノイズキャンセリングOnでも最大22時間というスペックです。
    これはワイヤレス時ですが、ケーブル接続でもノイズキャンセリングは使えて、この場合だと最大33時間とのこと。
    ワイヤレスでノイズキャンセリングOffが29時間、そしてケーブル接続でノイズキャンセリングOffが50時間となっています。
    ちょっと気になるのはケーブル接続でノイズキャンセリングを切ってもバッテリーが必要なところです。
    アップサンプリングの話もありましたが、アナログ入力も一旦ADCを通ってDACで戻される流れを必ず通るのかもしれません。
    そう考えるとワイヤレス主体で使うことを想定しておいたほうが良いのでしょうね。

    iPhoneからヘッドフォン端子が消えてしまった今、Bluetoothヘッドフォンも気になるところではあります。
    これでP7 Wirelessの在庫処分もあるかもしれませんし、ノイズキャンセリングが不要でアナログ入力が欲しい方はそちらを選ぶのも良いのかもしれません。

    Filed under: Audio
    2017/10/04 12:00 pm | No Comments
  • 0310月

    Accuphaseからフラグシップのインテグレーテッドアンプ「E-650」が11月中旬に発売予定(リンク先はPDF)だそうで。

    型番通り、E-600の後継モデルで、少し前から展示機処分などあってたようなので予想通りというところです。
    最も大きな違いは「Balanced AAVA」を搭載したという点でしょう。
    最近のAccuphase、プリ部についてはAAVAをぐいぐい推していて、たしかに素晴らしい技術だとは思うのですが、フォノカートリッジを出す一方でフォノイコライザーは内蔵せず、一部を除けばカードスロットというのはやや寂しい気もします。
    今回、AD-50という新しいカードも発表されていますが、DAC-50と隣り合わせで挿すというのはどうも納得がいかない仕様です。
    もちろんアナログなんてやるつもりがないという方には関係ない話ですし、そのためにC-37という回答が用意されているわけですが。

    本体のほうはダンピングファクタを800(E-600は500)まで高めています。
    3パラのMOS-FETで30W+30W(8Ω)は変わりありませんが、MOS-FET素子は違うものになっているようです。
    ただ変更箇所としてはプリ部の強化が目立っているのかなという印象です。
    重量も僅かに増加して25.3kg(E-600は24.7kg)となっていますが、このくらいまではまだなんとか一人で動かせるレベルでしょう。(個人差はあるでしょうけれど。)

    あとはお値段ですが、これがやっぱり結構なものになっていて73万円(税別)です。
    E-600は68万円(税別)でそれだけ見ると5万円のアップですが、値引き幅が以前より減っているし、E-600の処分特価もそこそこ出回っているので、Balanced AAVAをどう評価するか、といったところでしょうか。
    私自身は多少古くてもセパレートのほうが楽しいのかな?という気もしますけど、そうなるとBalanced AAVAは高嶺の花になってしまいますし、A級アンプという魅力もあるのでドンとメインに据えるのも良いのかもしれません。

    Filed under: Audio
    2017/10/03 12:00 pm | No Comments
  • 0110月

    現在、ACOUSTIC REVIVEさんのコンセントベース「CB-1DB」を愛用していますが、リビングはフツーのコンセントのままですし、仕事部屋の別コンセントも壁コンセントをPanasonicのホスピタルグレードに替えただけなので、コンセントベースを追加検討してみようかと。

    普通に考えれば「CB-1DB」の追加導入なんですが、やぱりちょっと違うものを試してみたい気もしますし、違いを比べてみたいのでまずはどういう製品が出ているのか調べてみるところから始めました。
    ただ結論から言うと候補があんまりないんですよねぇ。
    大きく分けるとアコリバのにソックリな金属系、J1 Projectのようなハイポリマー、Eau Rougeのカーボン、イルンゴなどの木材系といったところでしょうか。
    電気を扱う部分ですから、個人的には可燃性のものはできれば避けたいかなと思いますので、その点では金属系でしょうか。
    逆に絶縁性も大切だとは思うので、そうなるとハイポリマーも良いのかもしれません。
    音質も大事ですけど、まずは基本的な機能面も大切ですからね。

    コンセントプレートは付けない場合とJODELICAのを装着する2パターンが考えられます。
    プレートが汎用的に付けやすそうで、しかもCB-1DBと形状が異るとなるとFUTUTECHの「GTX Wall Plate」が有力候補でしょうか。
    ただ、わりと前に出たモデルのわりに使用されてる写真がネット検索であんまり出てこないんですよねぇ。
    だからこそ試してみたい気分でもあります。

    フォロワーさんがJ1 Projectを入手されたらしいので、その感想をお聞きした上で最終検討してみようかなと思ってるところです。
    欲を言えば2連で使えるものとかアンテナ端子も併設できるものも含め、もうちょっといろんな選択肢があったら良いのになぁと。
    実際にはそういう選択肢もないわけではないんですが、個人的に避けてるだけ、とも言えるんですけどね。(詳細は省略。

    Filed under: Audio
    2017/10/01 12:00 pm | No Comments
  • 309月

    AccuphaseからMCカートリッジ「AC-6」が12月に発売予定(リンク先はPDF)だそうで。

    うちにもAC-2がありますが、初代AC-1の発売が1979年、AC-2が1980年、AC-3が1983年、そしてAC-5は2010年です。
    どれも現在ZYXを主催する中塚氏の作と噂されていますが、どうも今回のAC-6は中塚氏のいるZYXではなさそうです。
    マグネットがこれまで拘ってきたサマリウムコバルトではなくネオジウム#50という表記になっていますし、針もマイクロリッジ針ではなくセミ・ラインコンタクト、また「光輝ロジウムメッキ」という表記で、これはMy Sonic Labだなと。
    もちろんこれまでのAccuphaseのカートリッジもZYXやMC20シリーズなどとは全く音傾向を異にするものでしたし、今回もアキュフェーズの依頼の元、仕上げられた内容になるだろうとは推測されます。

    変更の一つの理由はZYXが自社でも手一杯だったのもAC-5の販売終了につながった、というのがあるのかなと予想しています。
    また、カンチレバーもZYXはカーボンに変更していて、今回のAC-6は無垢ボロンに拘った、というのもあるのかも。
    マイクニックラボも最近のモデルはジュラルミンを採用してますが、カーボンもジュラルミンもまだ実績が少ないという部分があったのかな?
    ちなみに過去を見てみるとAC-1はアルミとベリリウム、AC-2はサファイア、AC-3とAC-5がボロンです。
    (下の写真は手持ちのAC-2です。)

    Accuphaseチューンだなと感じるのは筐体部分で、今回はチタンベースとアルミのボディという組み合わせになっています。
    ハウジングはカートリッジの音色を決める、かなり重要な要素だと感じる部分で、Accuphaseは歴代カートリッジのどれも重量級になっている傾向です。
    その中でも今回は特に重く、13.5g(AC-1/2が9.5g,AC-3が7.5g,AC-5が11.5g)ですから、うちのSAEC WE-407/23だとかなり厳しいかなぁ。
    いや、うちで導入する予定は全くないんですけども…。

    導入予定がない最大の理由はやはり価格でして、37万円(税別)というものです。
    ZYXはマニュファクチュールと呼ぶほど、カートリッジは職人の手作業で完成するもので、それを考えれば安いくらいではあるのは承知していますが、それでもおいそれと手が出るものでないのは確かです。
    カートリッジだけ良くしてもダメですから、それに見合うプレーヤー、トーンアーム、ヘッドシェルからリード線、トーンアームケーブル、そしてフォノイコライザーと揃えてこそ、ですし。
    また針交換も27万円(税別)ですし、AC-5こそ今でも針交換のみ可能ですが、それもいつ打ち切りになるか分からないというのも懸念事項です。
    セカンドユーザー登録で手厚いサポートが売りのAccuphaseですが、カートリッジに関しては消耗品扱いなのか、セカンドユーザー登録自体できません。
    それなりの金額になっても良いので、最新モデルへのグレードアッププランを提案してくれたらなぁとは思いますが、中古で買っておいて偉そうなことは言えないです。

    あとは特筆するほどの尖った特徴はありませんが、針圧が1.9~2.2g(2.0g中心)とだいぶシビアになってるところもこれまでのAccuphaseのカートリッジと異なるところです。
    これはかなり推測が入りますが、カートリッジを担当していた方が抜けて今回はある意味、全く別のシリーズになってる可能性もありそうです。
    Accuphaseなら試聴の機会も展示会などであるかもしれませんし、そういうところで(だけでも)聴いてみたいなとは思います。

    Filed under: Audio
    2017/09/30 12:00 pm | No Comments