• 107月

    さだまさしさんが新しい小説「風に立つライオン」を7/18にリリースされるそうで。

    さださんのファンであればすぐに思い浮かぶと思いますが、あの曲をモチーフにした小説ですね。
    アフリカで医療活動に従事していた実在の日本人医師をモチーフにした曲ですが、小説のほうはさらにその後も含めたストーリーになってるんだとか。
    フィクションも交えつつの展開っぽいですが、内容についてはあまり触れずにおきましょう。

    ちなみに曲のほうはアルバム「夢回帰線」に収録されていて、発売が1987年ですからもう25年以上経つんですね。
    先日ちょっと探しものをしていたら偶然、このアルバム(と「自分症候群」と「風待通りの人々」)のCDが出てきました。
    ちなみに私が最初に買ったのが「夢供養」で当時はカセットで買った記憶があります。
    その後、「風のおもかげ」までがレコードで、CDは「夢回帰線II」まで買ったかな。
    それからはしばらく聴いてなかった時期もあったんですが、「すろうらいふすとーりー」からまた聴き始めたという感じです。

    最近もNHKの深夜番組やベストアルバムなど、とにかく積極的な活動でビックリです。
    ちなみにNHKといえば、前に出た小説「かすていら」がドラマ化されてBSプレミアムで日曜日の夜に放映中で、すでに第1回は終わってますが、こちらもオススメです。

    Filed under: Book
    2013/07/10 9:00 am | 風に立つライオン はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.