• 2010月

    いつもたくさん本を読んでる方に「積ん読」してあった本をいっぱいいただきました。
    その中の一冊、「グーグル秘録」をまずは読み始めました。

    この本、海外では「Googled: The End of the World As We Know It」というタイトルで出た本ですね。
    タイトルは海外のもののほうがインパクトがありますよね。
    実際の本の中身も、良い意味でも悪い意味でも世界がGoogleに支配されていくさまを紹介していて、海外のタイトルがピッタリです。
    そもそもGoogleはオープンな社風ですから、全然秘密はないですし。

    内容についてはあまり触れても面白くないですし、まだまだ読み始めたばかりなんですけど、Googleのこれまでの歴史や目指しているものがとても良く、整理されて伝わってくる一冊ですね。
    また、Googleというのはすべてを定量的に分析して手掛ける会社なのだなぁというのが、とても良くわかります。
    創業者の方々の思想が生きているのだろうし、テクノロジーベースのマネジメントがうまくいってるからこその成果なのでしょうね。

    かなり分厚い本ですが、アップル関連の書籍が好きな方ならすんなり読める良書ですので、おすすめですよ。

    Filed under: Book
    2010/10/20 2:00 pm | グーグル秘録 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.