• 141月

    ブログに貼る画像は基本的にフォト蔵に置いて、サムネイルを貼るように
    していますが、最近、夜の混雑時間帯になると、重くて表示できないことが
    しばしば見受けられました。

    そこで、サムネイルだけを自分のレンタルサーバにキャッシュするよう、
    PHPで組んでみました。
    最初はサムネイルイメージのURLが不規則だと思って諦めかけたのですが、
    フォト蔵API」というのが用意されていて、これを使えば簡単でした。

    具体的には「photo_info」というメソッドを使って、画像のURLを取得し、
    この画像を自分のサーバに持ってくるように処理しています。
    キャッシュといいつつ、今はとりあえずずっと保持してますけどね。(^^;

    APIはXMLを返してくるので、これはsimplexml_load_file()を使って
    処理すればXMLを意識する必要もなくラクラク。
    フォト蔵のサムネイルは実は全然サムネイルじゃなく、結構デカイので、
    画像のサイズを取得する必要があるんですが、こちらもgetimagesize()で
    楽チンでした。
    必要なら、自前で縮小保存するのも良いかもしれませんね。
    その場合、GDライブラリを用いるようです。

    なお、JavaScriptを使ってイメージタグを埋め込んでるので、
    JavaScriptが使えない環境だと画像が表示できないと思います。
    また、自分の写真以外はキャッシュできないようになっていますので、
    念のため。(^^;

    ここまでやると、フォト蔵に画像を置く意味があまりないような気も
    しなくはありませんが、あそこもコミュニケーションの場として
    なかなか良いですし、アクセス数がわかるので、今後も併用していこうと
    思っています。

    3日で作るPHPアプリケーション 3日で作るPHPアプリケーション

    by G-Tools

    Filed under: Blog
    2010/01/14 6:20 pm | フォト蔵サムネイルをキャッシュ はコメントを受け付けていません

Comments are closed.