• 277月

    DENON DP-6000に付けてあったトーンアームも落ち着いてきました。

    といっても主にMICROのMA-505ばかりで、まずはラテラルウェイトがなかったので、そこはシャフトカラーで同じ径のものを調達しておきました。
    あとは高さ調整用のシャフトが内側を向いていて、ターンテーブルにぶつかって使えないので、マウントを一旦外して付け直しました。

    DENON DA-307のほうは当面使う予定はないですが、このアームにありがちなガタがありましたから、そこはメンテしておきました。
    とりあえずはカートリッジキーパーみたいな状態になってます。

    DP-6000のほうも完璧というわけではなく、normalモードだとサーボ音がして回転ムラが出る、ありがちな症状です。
    variableだと大丈夫そうなので当面はこれでいきますが、音質面では予想よりかなり良い感じですし、いずれメンテしたほうが良さそうですね。
    DP-3000も修理しないとですねぇ。

    さて、ここまで整備したところで、床の仮設置からラックに移動させることにしました。
    なによりもデカイので置き方はずいぶん悩みましたが、BL-99Vはほぼそのままにしつつ少しだけ横にずらし、ADKのラックのほうに置くことに。

    昔も使っていた玄関踏み台も撤去しようかと思いましたが、諸々の置き場所が確保しやすいのと、リスポジから操作しやすい高さというのもあって、そのままにしつつ、とりあえずJ1 Projectで水平調整しておきました。
    また、これを機にBL-99Vもサクションポンプを復活させることにしました。
    これで反ったディスクやMCでハイファイ調で聴きたい時はBL-99V、MMで楽しく聴きたい時にはDP-6000と使い分ける予定です。

    それもあってV15 TypeIIIを入れたわけですけども、C-200Lを投入したらフォノ3系統追加できますし、それもいずれ試してみようかと。
    置き場所が問題ですが、正直全く使わなくなってきつつあるLINN AKURATE DSを処分するのも良いのかも。
    いずれにしても今はアナログレコードが楽しいので仕方ないですね。
    盤もできれば増やしたいですが、最近はなかなか入手しづらいので、あまり聴かないままになっていたものもDP-6000で新鮮に聴けるようになったのは良かったなと思っています。

    Filed under: Audio
    2019/07/27 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.