• 176月

    すっかりiMac周り用のアンプとして我が家の定番になったTOPPINGのアンプ「TP21」ですが、CDプレーヤーをつないでみることにしました。
    川江美奈子さんのCD「letters2」が届いたから、というのもあるんですけどね。

    つないだのはソニーの往年のCDプレーヤー「CDP-557ESD」です。
    1987年発売のようで、もう20年以上前の機種なんですねぇ。
    これまで一度も故障らしい故障もなく、まだまだちゃんと動作してくれます。
    尋常じゃない重さで移動が大変なんですけどね。
    ちなみに、実家の父にはAccuphaseのDP-75を渡してあります。

    さて、早速、letters2を聴いてみますが、いやぁやっぱりまったく音が違います。
    デジタルアンプの高音の硬さがやや出てはいますが、これでこそ、オーディオという感じで、もうMac経由のiTunesには戻れないかも。
    ついついボリュームが大きくなってしまうほど音の鮮度が高いのは今回のCDが弾き語り一発どりに近いからというのもあるのかもしれません。

    Toppingは入力が1系統しかないので、手近にあった入力セレクタをかませて、iMacと気軽に切り替えできるようにしました。
    ボリュームをバイパス改造してプリアンプを通すという手もありますが、さすがにそこまではねぇ。
    TP22も気になりますが、現状はこれで十分かな。
    iTunesのほうの音質向上はネットワークプレーヤーとかUSBオーディオなどで、また別途考えたいところです。

    Filed under: Audio
    2011/06/17 9:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • りんご@魔界 Says:

    DP-75とはごっついですね。
    久しぶりに型番を聞いて懐かしくなりました。
    昔通った今は亡き高松のオーディオ店を思い出します。

    CDは侮れないですね。
    wavでHDDに取り込んでも良いのかも知れませんが、
    iPhoneの容量を考えると賢明とは言えず…
    古めのCDプレイヤーに今時のDACを繋げると驚くことしきりですね。
    自宅ではすっかりCDが中心になりましたが、iTSで買ったものを
    買い直すかどうかは悩ましいところです。

  • MacBS Says:

    りんご@魔界さん、コメントありがとうございます。
    インフルエンザで倒れてました。(現在進行形)

    DP-75も大きめですが、557ESDも重さでは結構負けないものがあります。
    ちなみに父に渡したAccuphaseはC-270VとP-450、T-108といったところです。
    引越しが続いたし、なかなか鳴らせる場所がないですからねぇ。

    iPhoneの場合、利便性重視でいうと今のAACやMP3あたりで良いのではないかと。
    Macだと再生ソフトを変更するだけで、ずいぶん音質は変わりますね。