• 136月

    先日、本屋さんに立ち寄った時に「SPEAKER BOOK 2012」が出ているのを見つけました。

    HEADPHONE BOOKのほうはチェックしてたんですが、こっちは忘れてました。
    去年の号は特別付録にスピーカーケーブルが付いていましたが、今回はシンプルに誌面のみで価格が下がっています。
    こっちにこそ、インシュレーターが付いていても良いのになぁと思いますけどね。

    例年の通り、ここ1年で発売されたスピーカーを中心にスペックと解説が掲載されています。
    今はWebがあるのでネットで調べることもできますが、パソコン機器などと違って、スピーカーなどのオーディオ機器をまとめて取り合ってるサイトは少なめですからね。
    ブックシェルフとフロア型に分かれていて、それぞれ価格帯で4段階に分かれている形です。

    DALIのRoyal Menuet IIを導入したばかりなので、これは欲しいなぁという機種はなかったですが、あえて今試してみたいとすればPIEGAあたりかな。
    現状、なにも不満はないどころか、大満足なので、変えるとしたらスピーカー以外の可能性のほうが断然高いですが。
    ちなみに父親も最近、中古でCELESTIONのスピーカーをゲットしたらしく、親子で似たようなことをやっています。

    スピーカーに興味がない方にはStereo Soundから「TOP PICK 100」という各コンポーネントから厳選100機種を紹介する別冊も出ていました。
    ちょうど季刊Stereo Soundも出ていますし、その辺りもチェックしてみると良いかもですね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/06/13 12:00 pm | SPEAKER BOOK 2012 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.