• 261月

    SENNHEISERから新しいイヤホン「IE 500 PRO」と「IE 400 PRO」が海外発表されたようで。

    先日国内ではIE 40 PROが出たばかりですし、ラインナップが刷新されつつあるのかな?
    今回のもダイナミックドライバ1基のみというところは変わらずですが、TrueResponseという技術を導入して全高調波歪率を0.08%以下(1kHz/94dB)としたんだとか。
    IE800/800SのXWBが0.06%以下としていたはずですから、かなりそれに近い数値を実現しているようです。

    それではIE 500 PROとIE 400 PROはどう違うのか?という点ですが、見た目にはケーブルが500はシルバーコートっぽい拠ったケーブルになっていて、ちょうどfinalのE5000とE4000みたいな違いかも。
    ユニットのサイズなどは共通のようですが、周波数特性はやや500のほうが広く、音圧レベルも少し高く(126dB)なっていますが、これがケーブルによる味付けなのか内部のフィルタによるものかは不明です。

    またそのケーブルはIE 40 PROと同一のプラグ形状かな?と思いきや、どうもまた微妙に違う端子っぽい(まだ確定的な情報ではありませんが)のが気になるところです。
    他社にケーブルを出してほしくないのかもしれませんが、ユーザーにとってもメーカー側にもメリットはあまりないように思いますけどね。
    なお海外では3月から発売され、小売価格はIE 500 PROが599ユーロ、IE 400 PROが349ユーロとのこと。
    価格差を考えると400のほうが良さそうな気もしますが、そこはケーブル以外の違いがどれくらいあるか次第でしょうか。
    まずは国内での正式発表と詳報を待ちたいところです。

    Filed under: Audio
    2019/01/26 12:00 pm | SENNHEISER IE 500 PRO はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.