• 075月

    NANO-UA1のアナログ入力がステレオミニジャックというのもあって、RCA−ミニプラグのオーディオケーブルで音質にこだわったものが製品として存在してるのか調べてみました。

    まず考えられるのはiPodなどのポータブル機器との接続ですが、ステレオミニジャックは本来、ヘッドフォン用ということでこうした接続ではDock端子への接続が一般的なんですよね。
    一応ポータブルDACからポタアンへの接続などで出ているケーブルもありますが、長さが短いこともあり、NANO-UA1での使用はあまり考えられないかも。

    そこで普通に楽天で検索してみると、私も電源ケーブルを使っているWire Worldから「EQM6」などが出ていました。
    特にIPAという製品は長さが1.5mのみですが、ワイヤーワールドにしては割安でもあって良いかも。

    他にもスープラからBiline MPというのも出ているみたいですが、やっぱり種類は少なめです。
    もちろんオーディオテクニカなどの定番ものはあるので接続自体には困らないのですけど、ケーブルに拘ろうとすると選択肢は多くないというのが実情のようです。
    ミニプラグは接触不良も起きやすいですし、なによりマイナス側が左右で共通になってしまうというのがケーブルメーカーにとってもこだわりづらいところなんでしょうか。

    Filed under: Audio
    2013/05/07 9:00 am | RCA−ミニプラグのオーディオケーブル はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.