• 216月

    PRIMAREのCDトランスポート「DD15」が6/25に国内発売されるそうで。

    以前、CD15 PRISMAを紹介した時に海外では発売されてるけど…と紹介しましたが、トランスポートもニーズがあるとの判断になったのでしょう。
    CD15 PRISMAが25万(税抜)ですが、今回のトランスポートは18万(税抜)とやや微妙な値付けです。
    アメリカだとショップでCD15が1995ドルに対してDD15は1495ドルですから、それからすれば妥当な価格ですけどね。

    トランスポートとしては同じように「Philips Slot Load Disc Drive」を採用してあり、出力も光と同軸のみ、シンプルに44.1kHzでの出力というのは逆にスッキリしていて良いなと思います。
    ちなみにSPDIF出力に際しては一度メモリにバッファーする方式なので、ドライブは等倍のものではないのだろうなと推測されます。

    見た感じはフルコンポサイズに見えますが、実際にはW350×H73×D312mmとコンパクトで重さも6.4Kgほどです。
    3点支持の脚はPRIMAREらしく、DESIGNED IN SWEDENとなっていますが、この表記を見ると逆に製造はスウェーデンではないのでしょう。
    ただ安定したピックアップの入手が難しくなってきた中でDACなどの余計なものがないCDトランスポートというのは貴重な存在ですし、CD資産主体の方には良い選択肢のひとつになってきそうです。

    Filed under: Audio
    2019/06/21 4:30 pm | PRIMARE DD15 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.