• 102月

    OlasonicからNANOCOMPOシリーズのアンプやCDトランスポート、そしてELACのスピーカー「BS 72」の限定ホワイトモデルなどをセットにしたハイクオリティオーディオシステム「Mariage」が2/12に発売になるそうで。

    th_mariage_002

    スピーカーはあえて自社製でなく、相性の良いELACと組み合わせたという、まさに「マリアージュ」が素晴らしいですね。
    ロシア生まれで日本在住のピアニスト、イリーナ・メジューエワさんにも評価してもらったんだとか。

    th_DSC03758_LR5

    オーディオマニア向けというよりも、音楽愛好家や演奏家など音楽を気軽に、しかもハイレベルに楽しみたいというニーズをとらえた製品ですね。
    デザインも統一感がありますし、あえて全体をホワイトで統一したのは正解かと。
    なお操作の簡単さも必要ですから、メインはNANO-UA1aとNANO-CD1、それにスピーカーなど一式の「Mariage 1」が主力でしょう。
    このセットでも税込20万円にまとまってるのはプレミアムな雰囲気のわりには頑張った価格設定じゃないかなと。
    NANO-CD1を含まない「Mariage 2」は15万円(税込)で、こちらはUSBやデジタル入力などが必要になりますから、やや知識のある方向けでしょう。

    th_mariage-naspc100

    またコンポ類以外にもケーブルやオーディオボードをセットになってるのも特徴です。
    写真のスピーカーケーブルはOlasonicオリジナルの「NA-SPC100」で長さ1mのものが2本、両端にバナナプラグ付で付属しています。
    オーディオボードはこれもOlasonic謹製の「NA-STD3」でコンポ類の下とスピーカー用に3枚付いています。
    セッティングについてもこれを下に敷けば良いという形で、マニアックになり過ぎない配慮でしょう。

    なお、販売はOlasonic DIRECT STOREステレオサウンドストア、さらには2/20~24には銀座松屋で発売記念販売会を開催するなど、これまでと違った販路を考えているようです。
    他にもインテリアショップなどへの展開も予定されているそうで、Olasonicらしい柔軟さから生まれたシステムだなと感じました。

    Filed under: Audio
    2015/02/10 7:00 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • tt Says:

    Mariage はスタイリッシュで格好良いですね。
    小さく白でまとまっているのが好印象です。
    ELACのスピーカーというのもなんとも良い感じ。
    ちょっと食指を動かされます!

  • MacBS Says:

    ttさん、コメントありがとうございます。

    NANOCOMPOはCDジャケットサイズでコンパクトですが、それにまたよく合ったELACを上手く組み合わせたなと思わされます。
    まさにマリアージュですよね。
    ttさんがお使いのTD-M1も素晴らしい製品ですが、コンポの楽しさも残してあるのがNANOCOMPOの魅力でもあると思っています。
    Mariageから始まっても、いつの間にか「ちょんまげ」が復活してるかもしれませんよw

  • tt Says:

    MaCBSさん、ありがとうございます。
    楽しく拝見させて頂いております。

    Mariageにはセンスを感じます。
    やはりコンポや組み合わせの醍醐味が味わいたくなるときがあります。
    落ち着いたら復活したいですねw
    TD-M1はお手軽でなかなか良いのですが、
    そのような楽しみとは無縁です。

    ちょんまげは非常に繊細ですがロマンがあります笑
    虎視眈々と狙いたいですw

  • MacBS Says:

    ttさん、コメントありがとうございます。

    輸入代理店が海外スピーカーを組み合わせるパターンはありますが、今回のような完全なコラボは非常に珍しいですよね。
    TD-M1もアナログ入力はあるようですので、楽しみの余地はありそうですよ。

    TD-M1で奥様のオーディオへの造詣を徐々に深めてもらって、ちょんまげへの道を歩みを進めてくださいませ。