• 296月

    Marantzから新しいSACDプレーヤー「SA-11S3」が発表されたようで。

    「SA-11S2」のモデルチェンジで、USB DAC対応など、現代的になっているみたいです。
    24bit/192kHzまで対応で、WindowsとMac対応とのこと。
    専用ドライバをインストールする必要があるそうですが、Macでも必要なのかは今のところは不明です。
    なお、DACはバーブラウンの「DSD1792A」で、定評のあるものがチョイスされていますね。
    また、DSPにオリジナルのPEC777f3が搭載されていて、これがデジタルフィルタやノイズシェイピングなどを受け持ってるとのこと。

    あと、メカもオリジナルの「SACDM-2」が採用されていて、これはかなり優秀そうです。
    価格もそれなりにかなりのものですから、当然といえば当然なんですけどね。
    個人的にもSACDプレーヤー、しかもデジタル入力のある機種というのは興味がありますが、さすがにこれは手が届かないですねぇ。
    かといってPioneerのPD-10やPD-30ではちょっと物足りないでしょうし、まだしばらくは色々と探してみることになりそうです。
    ただ、各社からSACDプレーヤーが登場しているのは良い傾向だと思ってるところです。

    Filed under: Audio
    2012/06/29 12:00 pm | marantz SA-11S3 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.