• 046月

    ACOUSTIC REVIVEさんご訪問時にお部屋に転がってるのを見て「コレ、欲しかったんですよね!」とうっかり口走ってしまったLyraのスタイラスクリーナー「SPT」をお土産に頂戴してしまいました。

    Lyraといいますと私もHelikonを愛用(普段使いはZYX Ultimate 100ですが)していますし、ACOUSTIC REVIVEさんではLyra Titanの特別仕様でレコードを聴かせてもらったので、私にとっては特別な思い入れがあるブランドです。
    ライラ自体の知名度もそれほど高くないですが、このスタイラスクリーナーはさらに知らない方のほうが多いことでしょう。

    そもそも売ってるお店が少なくて、私が知る限りではU-AUDIOさんくらいでしょうか。
    SPTは「Stylus Performance Treatment」の略で、精製水ベースのアルコールを使っていないクリーニング液です。

    私が使っているZYX UC-1もそうですが、カートリッジメーカーさんのスタイラスクリーナーを使っておけば針落ち(アルコール系では接着剤が溶解すると言われています)する心配が少ないでしょうし、メーカーさんにクレームのひとつも言えますからね。
    クレームしたからといって針交換しなきゃならないことに変わりはありませんけども。

    特徴的なのはブラシが別になっているところでしょう。
    斜めにカットされた毛先の長い部分にほんの一滴ほど液を垂らし、斜めの部分を針先に水平にして長いほうから短いほうへ動かすことで針先をクリーニングします。
    正直、ブラシの棒が長いのでトーンアームのアームレストに載せたままだと拭けないという課題がありますが、カートリッジの他の部分に液が付いたりすることもなく、スタイラスもとてもキレイになります。
    ZYXのほうはブラシがちょっと硬く、SPTと比べてしまうと、そのわりに意外と汚れ落ちはイマイチに感じるくらいです。

    ちなみに上位モデルには液が付属しているんだとか。
    そういえばブラシはちょっと形状は違ったかもしれませんが、Helikonにもたしか付属してましたね。

    普段はカートリッジもZYXを使っていますから、スタイラスクリーナーもUC-1を常用しつつ、気合を入れてキレイにしたい時にSPTを使う感じになりそうです。
    クリーナーに限らず、Lyra自体ももう少し購入や試聴などがしやすいと良いのですけどね。
    貴重なクリーナーをいただき、大変ありがとうございました。>ACOUSTIC REVIVE様

    Filed under: Audio
    2018/06/04 12:00 pm | Lyra SPT はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.