• 184月

    LUXMANからUSB-DAC機能付きSACDプレーヤー「D-06u」が6月下旬に発売予定と発表されました。

    2009年発売の「D-06」の後継モデルという位置づけですが、D-08uに先行して搭載されたUSB-DAC機能などを引き継ぎつつデジタル回路を一新したモデルとのこと。
    価格としてはD-06の58万円から58万円にアップしてはいますが、高機能化されたという形になりますね。
    DACチップはD-06同様、PCM1792Aをデュアルモノ構成で搭載したものですし、LxDTMという同社独自の高剛性オリジナル・ディスクドライブ・メカニズムも大きな変化はないようですから、安定したリフレッシュモデルになっていると予想されます。

    いちばんの変更点であるUSB-DDC機能は最近のモデルらしく、5.6MHzまでのDSDと32bit/384kHzまでのPCMに対応しています。
    D-06も同軸と光デジタル入力はありましたが、24bit/96kHzまでの対応でしたのでそちらも24bit/192kHzまで強化されたことになります。
    DDCを別提供でというのも望みたいところなんですが、なにぶんDSDを扱うには厳しい部分がありますからねぇ。
    ただ、USB-DDC搭載に伴うノイズ対策も最近各社が注力しているようですし、そこにどういう対処をされているのかも気になります。
    現時点では内部の基板写真が公開されてないようですが、基本的にはD-08uに近い構成になっているものと思われます。

    その他、細かいところではD-06とくらべて110%容量になった大型電源トランスの採用などの違いがあるようです。
    ネットワークプレーヤーの台頭なども目立ってきつつありますが、SACD再生環境としての魅力もまだまだ捨てがたいところがあるでしょう。
    私もSACDは気になっていますが、なかなか手頃なモデルがないのが…。
    さきほどのDSDも含めてDACとのI/Fがあれば段階的に強化することもできるのですけどねぇ。
    LAN端子を使うなり、HDMIを使うなりで良いので、ぜひ規格統一してほしいなと期待していますが、なかなか難しいでしょうかね。

    Filed under: Audio
    2014/04/18 7:00 pm | LUXMAN D-06u はコメントを受け付けていません

Comments are closed.