• 199月

    ラックスマンから高級プリメインアンプ「L-509u」が発表されたようで。
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060919/luxman.htm

    【決算SALE!】ラックス ◆プリメインアンプ【税込】 L-590U
    【決算SALE!】ラックス ◆プリメインアンプ【税込】 L-590U

    お値段は682500円!
    カメラも高いとは思いますけど、それでもこのアンプ一台でライカM8が
    十分買えることを考えると、オーディオのほうが金銭感覚の麻痺具合が
    激しいようです。(^^;

    デザイン的には、私が以前使っていた「5L15」に良く似ていますね。
    あれは「プリ付きパワーアンプ」という感じでしたが、今回は
    「セパレートアンプの一体型機」として設計されたんだそうです。

    そういう意味では、今メインで使っているAccuphaseの「E-405」も
    プリとパワーアンプを合体化して構成されていますね。
    このアンプでは、電源トランスも独立しているほど、徹底してます。

    ちなみに、5L15は1976年の発売で当時168000円、E-405は1989年の
    発売で、350000円でした。
    当時の物価を考えれば、L-509uのお値段も高くはないのかなぁ?

    Accuphaseのほうの後継モデル、E-408はE-405の5パラレル・プッシュプルから
    3パラに減ってはいますが、お値段は420000円と、頑張って価格を維持してる
    感じがしますね。

    【表示価格より更に割引】アキュフェーズ プリメインアンプ【税込】E-408
    【表示価格より更に割引】
    アキュフェーズ プリメインアンプ【税込】E-408

    5L15はさすがにもう完動ではありませんが、E-405なら、完全に現役で
    使えてます。
    カメラでいうと、1989年というと、Nikon F4が出た翌年で、AFが浸透し
    始めた頃ですね。
    カメラに比べて、電子部品が多いわりには、無事に動いてるものだと
    感心してみたり。

    特に、Accuphaseは古い機種でも、出来る限りの保守・修理をしてくれるので
    長く愛用できるのが良いところです。
    LUXMANもサービスは一時期低下した時代があったものの、今は良いと
    思いますけれど。

    Filed under: Audio
    2006/09/19 5:49 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    ラックスマンは以前のラックスの頃、私にとって、あこがれのブランドでした。当時、確か、真空管のアンプキットも出ていたと思います。

    アキュフェーズも、確か、トリオの社長が趣味製の高いアンプを作りたくて、独立して作った会社ですね。

    どちらの製品も私には高すぎて買えないものばかりです。

    さて、もし私に「70万円上げたら、L-509u:68万円とM6:58万円のどちらを買うか」と質問されら、重さと大きさから、アンプと答えると思います(笑)。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    ラックスキット、ありましたねー。
    アルプス電気や韓国の会社など、色々と資本が移って
    ゴタゴタしてましたが、今は落ち着いてるようです。

    アキュフェーズの現会長はトリオの創始者の一人ですね。
    ご自身も大変なオーディオマニアでいらっしゃるようです。

    私は70万円あったら、山本音響工芸の「A-02」が
    欲しいかも。
    いずれにしても、アンプのほうが欲しいですね。

    だって、ライカを買ったら、レンズが欲しくなっちゃいますからね。(笑)