• 2411月

    玄人志向からUSB-DACヘッドフォンアンプキット「KURO-DAC-KIT」が出ているようで。

    キットではあるものの、ハンダ付けは不要でネジでケースを組み立てるだけ、といった感じです。
    ウリはオペアンプがソケット式になっていて、オペアンプも標準のNE5532が2個、MUSES8920とMUSES8820が付いています。
    駆動電圧が15Vと結構高めなので、オペアンプの実力が発揮しやすいのは良さそうですね。

    入力はアナログとUSBがありますが、USB-DACはPCM2704ですから、ちょっと今さら感があります。
    ハイレゾが…という部分にはそれほど拘らなくても良いと思いますけど、PCM2704はさすがにちょっと古いかなぁと。
    それだけに改造のベースとしては巷に情報もあふれていて良いとも言えますが、1万円近い価格をみると最初から考えられるアナログ的な施策はやっておいてくれても良いのかなと思ってしまいますが、それじゃキットでなくなってしまいますよねぇ。

    RATOCのREX-K2496Uとか、もうすぐ発売のDigiFi(こっちは前号もないとUSB対応できませんが)のほうがケース自作で楽しめるのかなと。
    オペアンプ交換のみを純粋に楽しむのであれば、ポータブルのTU-HP01のほうが(ちょっと高めだけど)面白いかもしれません。

    Filed under: Audio
    2014/11/24 12:00 pm | KURO-DAC-KIT はコメントを受け付けていません

Comments are closed.