• 246月

    近所のリサイクルショップでケンウッドのカセットデッキ「X-7PRO」をジャンクでゲットしてきました。

    AvinoシリーズのPRO-7というミニコンポのオプションとして用意されていたもので、1997年発売のもののようです。
    銅メッキシャーシだったり、ウッド調サイドパネルだったりと、ちょっと高級感がある作りになってますね。
    ただし、サイドパネルは外してみると思いっきりプラスチックですが。

    状況としては電源は入るものの動作せずとのことでした。
    その通り、最初はベルトが空回りするような音がしていたので、まずは開腹してみると何もしてないのに動くようになりました。
    中を見た限りでは独特のトレイ式のカセット収納部もギアですし、他でもベルトを使ってるようには見えません。
    さきほどのサイドパネルの爪が一本折れていたので、それがどこかに引っかかってたのかもしれませんね。

    ということで、先日ゲットしてきたハイポジのカセットテープで録音してみると、懐かしいカセットの音が蘇りました。
    録再オートリバースでDolby B/Cに/HX PROも搭載と、なかなかのハイスペックさです。
    メタルテープでの録音には対応してないのと、メーターはおろか、カセットテープ自体も見えないので、動作状況がわかりづらいのが難点ですけどね。
    なお、録音レベルは基本的には自動で、CRLSという30秒ほど入力レベルを見て合わせる機能を使う形になるようです。

    ちなみにこれのメイン側にあたるCDプレーヤー、アンプ、スピーカーもジャンクコーナーに置いてありました。
    CDプレーヤーあたりは面白そうだなぁと思うのですが、全部セットなのと、完動ということでお値段もちょっと高いので、そっちは見送りです。
    カセットデッキの出番はそれほど多くはないでしょうが、カセットテープ程度の価格でゲットできましたし、動態保存しておきたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/06/24 7:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    今晩は。

    カセットデッキには見えないデザインですね〜。ミニコンポの走りみたいな感じでしょうか?
    それにしてもオーディオ関係が、ガンガン充実してきましたね(^^)

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    まさにミニコンポの一部というところでしょう。
    内部の写真を撮り忘れましたが、カーオーディオ的な雰囲気もありつつ、凝った作りではありました。

    オーディオ系の充実は父親のほうも同様のようで、先日あげたDACもそうですし、TechnicsのDATデッキやスピーカー、ポータブルCDなど、中古で集めてるみたいです。
    私のほうはもう一段落で、足すとしたら寝室用の機材あたりでしょうか。
    価格的にはカメラのジャンク並みか、それより安いくらいですけどね。