• 072月

    私も愛用しているJAVSのUSB-DDC「X-DDC」がモデルチェンジして「X-DDCplus」が2/9に発売になるそうで。

    少し前にzionoteさんのFacebookあたりで液晶ディスプレイのないX-DDCを見かけて「あれ?」と思ってたんですよね。
    廉価版なのかなぁと思ってましたが、どうやら今回の後継機だったみたいです。

    基本的にはマイナーチェンジのようですが、低ノイズ化と品質向上を図ったようです。
    コンデンサーやUSB、同軸端子といったコネクタ類がグレードアップし、液晶が非搭載になっています。
    たしかにあの液晶パネルはクロック周波数を表示するくらいで役だってなかったですし、意外と眩しいんですよねぇ。
    また、電源スイッチもなくなって純粋にDDCとして必要なものだけに絞った感じです。

    X-DDCはXMOSを使ったものとしては結構コストパフォーマンスも良いですし、オススメの機材です。
    また普通はUSBバスパワーのみで動きますが、ちゃんと外部DC電源での駆動もできるのもおすすめポイントかと。
    光、同軸に加えて、HDMIを使ったI2S出力もありますが、こちらのほうはDAC側の対応が必要ですからねぇ。
    可能かどうかはわかりませんが、DSDも含めてDACとうまく接続できるI/Fをメーカー間で策定してくれたらなぁとも思いますが、まだ発展途上の現状では難しいのかもしれません。

    Filed under: Audio
    2013/02/07 7:43 pm | JAVS X-DDCplus はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.