• 0212月

    EXOGALからUSB-DAC「Comet Computer DAC」がもうすぐ発売のようで。

    このEXOGAL、Wadia Digitalに在籍していた技術者などが興したものだそうで、それをWadiaから離れたAXISSが扱うというのがまず面白いなと。
    見た感じからして(わりと最近の)Wadiaっぽいですが、お値段は29万円ほどとそこそこではあります。
    ただ、見た目では分かりづらいですけど電源がACアダプター(12~20V)というのも最近のWadia製品にならった感じで、ちょっとどうかな?という気もします。

    内容的には、A/D変換されるアナログ入力があったり、ヘッドホンアンプも内蔵だったりと、見かけとは違って複合機的な印象です。
    面白いのはLINE OUTとヘッドフォン出力で別のDACが使われていて、それぞれのチップもラインアウトがPCM4104(PCM4140と書かれている解説もありますが)、ヘッドフォン出力はPCM5122となっています。
    ちなみに後者はPCM5102の改良版みたいです。
    海外のテスト結果を見るとハイレゾでもあんまり高域が伸びてなかったりで、可聴帯域重視なんでしょうかね。

    また、操作は海外製にありがちなオマケみたいなリモコンでも可能ですけど、Bluetooth経由でスマホアプリの「EXOGAL remote」でも入力切り替えや音量コントロールができるそうで、ここは新しい考え方だなと感じます。
    全体的には全盛期のWadiaを超えるもの、というにはちょっと物足りない気もしますけど、お値段との兼ね合いとしてはなかなか面白いブランドが誕生したのではないかと思います。

    Filed under: Audio
    2014/12/02 12:00 pm | EXOGAL Comet Computer DAC はコメントを受け付けていません

Comments are closed.