• 311月

    ESOTERICからUSBにも対応したD/Aコンバータ「D-07X」が2月に発売になるそうで。

    315,000円という価格ではちょっと簡単に手は出ないですけど、かなり魅力的ではあります。
    今の国産オーディオ機器だとAccuphase、LUXMAN、ESOTERICあたりが個人的には注目ブランドかな。
    ONKYOのDAC-1000とかも気になりますし、手も届きやすいですが、憧れも大事ですからね。

    さて、このD-07XはD-07の後継みたいで、違いはSACDトランスポート「P-05」からXLRでDSD伝送ができるようになったり、デジタルフィルタオフOFFモード追加、ヘッドホンアンプの高音質化、そして、USB-DAC機能の追加のようです。

    USB接続は汎用ドライバではなく、独自ドライバでアシンクロナス伝送ができ、意外とUSBでは対応してないことの多い24bit/192kHzにも対応してるのは良いですね。
    心配なMac対応もMac用がちゃんと用意されているので、とりあえず安心のようです。
    あと、デジタルフィルタについては4種類も搭載されてるんだとか。
    FIRが2種類、ショートディレイ型が2種類だそうですが、推奨はOFFらしいので、気分で使い分けといったところでしょうか。

    あとは試聴の機会があるかどうか、ですねぇ。
    近所のオーディオコーナーに入ってたら、CDを持っていてみても面白いかも。
    この機種にかかわらず、また馴染みの店員さんのところに行ってみようかな。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/01/31 12:00 pm | ESOTERIC D-07X はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.