• 3012月

    ortofonのイヤホン、e-Q5ですが、その後もしっかり愛用しています。
    とりあえず試しに、くらいの気持ちでしたが、個人的にはもうこれで他は要らないかも、というくらいです。
    そう言いつつも、面白いのがあればゲットしてしまう可能性は捨て切れませんけど。

    だいぶ使い慣れてきましたし、標準のイヤーピースから交換しての音の変化を試してみることにしました。
    まずは以前から気になっていたComplyです。
    標準のシリコンではなく、低反発ポリウレタンでできており、耳にフィットしやすくて遮音性やタッチノイズも少ない素材だそうです。

    e-Q5は中古で購入したのですが、付属のComplyは未使用だったようです。
    これに交換してみると、重心が少し上がった感じになります。
    高音、低音は純度が高くなり改善された感じですが、ボーカルをはじめとした中音域が引っ込む印象があります。
    また、かなりシャープだった音像がややぼやけてしまう印象もありました。
    長く聴く分には装着感も良く、耳に負担も少ないのですが、総合的には標準のシリコンのほうが良いかなぁ。

    そこで、同じシリコンのサイズ違いで、「シリコーンイヤーチップS」を試します。
    こちらに替えると耳の奥のほうに近づくためか、音のダイレクト感や音圧が高くなった印象を受けます。
    ただ、私の耳へのフィット感という点ではちょっと小さいようで、ちょっとずれやすくなります。
    総合的には、これもやっぱり標準のイヤーピースを超えることはできませんでした。

    おまけで、以前ゲットしておいたダイソーの2段タイプのイヤーピースも試しました。
    こちらは迫力は増えるものの、無駄な反響が多いのか、音が濁る印象です。
    印象の変化自体はかなり大きいので、いわゆる「きのこ」タイプの、しっかりしたものを選べば面白いかも。
    こういうものも地元ではなかなか見つからないので、出張時にでも見てきたいと思いますが、ついついイヤホン本体を買っちゃうことのないように気を付けないといけませんね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2011/12/30 9:00 am | e-Q5のイヤーピース交換 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.