• 296月

    上海問屋からBluetoothオーディオレシーバー「DN-84476」が発売されています。

    iPhone/iPod touch/iPadがLightningになって有線でオーディオと接続することが基本的にできなくなったこともあり、AirPlay以上にBluetoothが再注目されてるように見受けられます。
    音質的にはAirPlayはAppleLossless転送に対して、Bluetoothはかなり圧縮されているんですけど、気楽さでは上という部分もあるのでしょうね。

    今回の製品はアナログ出力はもちろん、光デジタル出力もあって、同種のオーディオレシーバーと同等の機能を持ちながらお値段は上海問屋価格となってるのが特徴かと。
    Bluetooth伝送時に圧縮されてるからデジタルといっても高音質とは限らないわけですが、コーデックもSBCだけでなくapt-Xもサポートしてるのは良いですね。
    ただ、iPhoneなどのApple製品はAACコーデックがメインでapt-Xに対応してるのは一部のMacだけなんですよねぇ。
    SBCでも聴くのに支障はないんですけど、音質的にはだいぶ差があるかと。
    逆にAndroidはapt-X対応のものが多いはずなので、そっちで使うのがオススメかな。

    なお、電源は付属の5VのACアダプタを使う形になっていて、手持ちのコンポに気楽に追加できるのは便利です。
    アナログ出力は本体側としてはステレオミニですが、ステレオミニオス-ステレオミニオスのケーブルとステレオミニメス-RCAオスの変換ケーブルが付いてるので、いろんな機器に付属品だけでつなげます。
    私自身はAirPlayのほうがオススメではありますが、AndroidやiPod nanoでの利用には良い機器じゃないかと思います。

    Filed under: Audio
    2013/06/29 9:00 am | DN-84476 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.