• 036月

    あまりに紹介したい新製品がないので、海外通販を眺めていたら、Atlas Cablesが「Grun Adapters」というのをラインナップしていました。

    アース線みたいなものですが、どうやらコレを同社の対応するRCAケーブルやスピーカーケーブルなどとつなげて、グラウンドを取ってRFIやEMI、ノイズ低減を図ろうというものみたいです。
    トーンアームケーブルで両端がRCAのものなどはアース線が付いてますが、見た目的にはアレに似た感じですけども、こっちはシールド強化が目的です。
    理論(?)的なものは同社のページにまとめてあります。

    グラウンドの取る先は、他のRCA入力端子、アンプなどのアース端子、電源タップや壁コンセントのグラウンドから、といった具合に取る先に応じてアダプタを付け替えて対応するようです。
    最近はデジタル機材が増え、ノイズ対策に注力したケーブルが多くなっていますけども、純粋にケーブル構造だけに閉じない発想自体は面白いとは思います。
    ただ、余計に妙なアースループができたり、機材によっては不具合も出そうなのが気になるところです。

    Atlasのケーブルはまだ何本か手元に残っていますし、脇役的に使っているものも数本あって、なかなか良い仕事はしてくれます。
    ただ上位のケーブルは急に高くなるのと、日本に代理店がない状態(のはず)ですから、処分したくても値が付かない傾向なんですよねぇ。
    今回のGrun AdaptersはMarvosクラス辺りからの対応みたいですし、あんまりオススメできるものではないかも…。
    ただこういう新しい取り組みというのはメジャーではない(失礼!)からこそできるところもあるでしょうし、面白いのかなと感じました。

    Filed under: Audio
    2019/06/03 12:00 pm | Atlas Cables Grun Adapters はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.