• 0712月

    for SMiLE labというところからバキューム式のレコードクリーニングマシン「Clean Mate NEO」が発売になったようで。

    アイコールから出ていたものを事業継承したんだそうで、中の人が独立したような形なのかなと予想してみたり。
    お値段はオープンではあるものの、すでに発売開始しているお店をみると税抜で13万円台と、アイコールの時よりはちょっと値上げされたかなという印象です。

    もちろんそのまま引き継いだわけではなく、まさしくNEOという感じにデザインもオシャレに進化しています。
    レコードラックのデザインなどを手掛ける方のデザインだそうで、オーディオルームに配置されることも多いであろうことを考えると良い雰囲気になったかなと思います。
    全体的に私の使っているClearaudioに雰囲気が似てしまった感はありますけど。

    見た目以外にも吸引力が120%に向上していたり、バキュームの動作音が65dB(従来モデルは90dB)と小さくなっていたりと、まるで掃除機の謳い文句のように進化をしています。
    おそらくバキュームの逆転だと思われるのですが、送出された風でレコードを乾燥させるドライ機能も装備してるんだとか。
    バキュームしてしまったらそんなに乾燥させなきゃいけないほど、液が残留していることはない気がしますし、むしろ残したまま乾燥させるほうが怖い印象はありますけどね。
    なお、クリーニング液は従来のアルカリ性の2液式から1液式の中性タイプに変更になったそうで、乾燥させても残留物ができにくくはなったのでしょう。
    個人的にはターンテーブルの逆回転でのクリーニングが結構好きだったりするので、そっちも搭載してほしかったかも。

    ほかにも除電用に和紙マットが標準装備されてるそうで、これも液体が溢れたら破れそうにも感じますけど、静電気が生じにくいそうですから、他のクリーニングマシンを使っている方も応用してみると良いかも。
    ブラシは従来のアルテに近いタイプのままのようですし、それなりに人気が出そうな気はしますが、巷のアナログレコード人気に反して意外とクリーニング界隈は市場が弱い印象もあるので、頑張って販売を続けていってほしいなと思います。

    Filed under: Audio
    2020/12/07 3:00 pm | Clean Mate NEO はコメントを受け付けていません

Comments are closed.