• 125月

    CHORDからコンパクトなフォノイコライザー「Huei」が海外発表されました。

    Qutestと似たようなサイズで、電源も外部ACアダプタですが、さすがにQutestのようなmicroUSBではなくDC 12Vなのでそこは強化しやすいでしょう。
    電源スイッチも背面にありますし。
    まだ海外でも晩夏に発売予定だそうですから国内価格は不明ですが、イギリスで990英ポンドらしいので20万円弱くらいになるのかな?

    もちろん、MMのみでなく、MCカートリッジにも対応していますし、入力インピーダンスは30Ωから47kΩと幅広く対応、容量も50pF–150pFで選べますし、ゲインも0dBV–75dBVで7段階と細かく選べるようです。
    ちなみにイコライジングカーブはRIAAのみで、超低ノイズのマイクロプロセッサーはあくまでこうした機能制御だけに使うものみたいですね。

    面白いところでは50Hzから下を-24dB/octで落とすランブルフィルタが装備されているんだとか。
    サブソニックフィルタだと20-40Hz程度が多いですけど、50Hzというとかなり高めの設定のように感じますが、反ったレコードならそれくらいカットしたほうが良いという判断でしょう。
    入力はシンプルにRCAだけ、出力側はRCAとXLR装備となっています。
    CHORDらしさが目立つ特徴というのが外観以外にはそれほど感じられないのはちょっと残念な気もしますが、あとはもう音次第でしょうか。

    Filed under: Audio
    2019/05/12 12:00 pm | CHORD Huei はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.