• 033月

    Cardasから電源ケーブルの最上位モデル「Clear Beyond XL」がいつの間にか出ていました。

    たぶん先月くらいに出たのではないかと予想されます。
    名前の通り、Clear Beyond Powerをベースにしたもののようで、新しいコネクタになっています。
    以前のタイプのコネクタも非常に優秀でしたが、ウチにあるQuadlinkやTwinlinkでも同じものでしたから、差別化という感じでしょうか。
    コネクタとしては以前のタイプと同様にロジウムに銀メッキをしたものですから、外装以外の部分でどこまで違うのかは未知数です。

    Clear Beyondも相当に高価な電源ケーブルで、1.0mが171,000円、1.5mは193,000円でしたが、Clear Beyond XLはさらに大きく跳ね上がり、1.0mが410,000円、1.5mは450,000円と、さらに手の届かない存在になっています。
    ケーブル自体が違うのかも不明ですが、0.5m長くなった場合の金額差がClear Beyondでは22,000円だったのが40,000円になっていますから、そもそも別のケーブルなのでしょうね。
    よく見るとケーブル上の印字にも「XL」の文字が見えますし。

    Cardasの場合、電源ケーブルは単に上位というよりも安いのは小電力向け、高級なものほど大電力で使えるという位置付けにもなっています。
    またコネクタ付近に大きなノイズフィルタと思しきものが付いてるモデルも上位ほどデカくなっていきます。
    あとは20A対応のIECプラグオプションもありますが、そもそも国内では補修部品扱いなので店頭でサクッと買えないのは相変わらず難点です。
    そもそも代理店にもほぼ在庫がないので海外からの取り寄せ待ちも長いですし…。

    ただ同社の電源ケーブルは個人的に気に入ってますし、ここまでは無理にしても良い出物があれば結構オススメではあります。
    ニセモノが多いのも難点ですが、プラグがCardas製のものであればほぼ大丈夫なはずです。
    もちろんできればギャランティカードがあるのがベストですけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2018/03/03 12:00 pm | Cardas Clear Beyond XL はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.