• 284月

    ケンブリッジオーディオから新しいUSB-DAC「DacMagic 100」が発売されるそうで。

    これまでもDacMagic Plusなどを発売していましたが、今回のはその弟機という感じでしょうか。
    少しコンパクトになってるようで、お値段もだいぶお手頃になっています。
    機能面ではアップサンプリングがなくなってるっぽいのと、サンプリング周波数の上限が24bit/192kHz(Plusは384kHzまで)なくらいかな。

    DACチップはWolfsonの「WM8742」で、UD-H01など、バーブラウン系ばかり使ってきた私にはちょっと気になるかも。
    コンパクトながら、デジタル入力が光が1、同軸が2つあるというのもちょっぴり羨ましいです。

    あと、背面に「Ground Lift」というスイッチがあるんですが、これはアースの設定を変更できるものだそうで、Groundだと直接PCのアースに接続され、Liftだと浮いた状態になるようです。
    グラウンドループでハムノイズが出た場合などに対処するものだそうで、通常はGroundで使うとのことです。

    低価格の機種とはいえ、細部までこだわってるようですし、競争の激しいUSB-DACではありますが、かなりの人気機種になるんじゃないかなぁと思います。

    Filed under: Audio
    2012/04/28 12:00 pm | Cambridge Audio DacMagic 100 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.