• 306月

    アキュフェーズから、同社の伝統シリーズの継承モデルとして、
    プリアンプ「C-2000」とメインアンプ「P-3000」が
    発売になるようで。
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040630/accu.htm

    個人的にAccuphaseは好きで結構持ってるんですが、
    この機種はちょっとどうかなぁ。

    定格出力なんて重要じゃないのは理解してますが、
    8Ωで76Wと、このクラスにしては、かなり小ぶりな印象です。
    実家に置いてあるのが、このシリーズの過去モデル(P-450)なんですが、
    これは8Ωで200Wです。

    出力トランジスタも4パラレルから3パラに減ってますし、
    重量も30.6kgから24kgに。
    「質の向上」という見方もあるでしょうが、どうもそう思えない雰囲気が…。

    創業第1弾の「C-200」、「P-300」の型番を継承して、
    「第2の創業の精神を込めて開発した」という割には、やや拍子抜けかも。
    まぁ、スペックばっかりじゃなく、試聴してみないとわかりませんけどね。

    Filed under: Audio
    2004/06/30 3:10 pm | C-2000とP-3000 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.