• 0912月

    ここ一年ほどで再び充実してきたオーディオ機器ですが、他になにか面白いものはないかなぁと調べていて見つけたのが今回紹介するBEHRINGERのデジタルプロセッサー「DEQ2496」です。

    ベーリンガーは以前にもサンプリングレートコンバーターの「SRC2496」も面白いなぁと思ったんですよね。
    今回のも形は似ていてラックマウントっぽいスタイルで、その見た目通りピュアオーディオ機器ではありませんが、それだけに価格もお手頃なのが良いところです。
    機能としてはグラフィックイコライザーにパラメトリックイコライザ、さらに別売りのマイクを使ってのオートEQなど、まさにデジタル時代のイコライザーという内容です。

    入力もアナログも備わっていますが、デジタル入出力もあって、むしろこちらがメインと言えそうです。
    アナログのほうはADC/DACを経由しますが、むしろそれまで含めてこの価格というのも凄いですが。
    ピュアオーディオでも以前のようにグライコやトーンコントロールを嫌わず積極的に活用しようという流れが少し出てきていますが、既に利用されているユーザーさんのレビューを拝見するとそうした製品に機能も品質も劣らない性能のようです。

    ここに書いた以外にもコンプレッサーやリミッターなども搭載されていて、むしろ機能が多すぎて操作がやりづらいのが難点なくらいかな。
    あと、売ってるお店も少なめなので実機を見る機会がなさそうですし、もうちょっとネットで情報収集をしてみようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/12/09 12:00 pm | BEHRINGER DEQ2496 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.