• 1012月

    今年のオーディオ総括なんてネタがTwitterで流れる季節になりました。

    言い訳できないくらいイロイロと導入したわけですけども、その一因にもなってるのはスピーカーをB&W Matrix 802 Series 2に替えたことでしょう。

    それまではMatrix 805で、フロア型のスピーカーは昔、Gauss CP-3820などを使っていた時以来です。
    当時はそれなりに広い部屋だったり、今ほど細かいところを気にしていなかったのですが、思っていた以上に802を鳴らすのには手こずりました。
    1月に届いた当初はたぶんQED Ruby Evolutionで鳴らしていたと思われますが、まずはQEDのジャンパーを入れ、QED Genesis、そしてCardas Neutral Reference Bi-Wire、さらにPAD Musaeus Bi-Wireとスピーカーケーブルだけでもどれだけ替えれば気が済むんだ、というくらい試行錯誤しています。

    結果的にみると音の好みといった程度で、どれも一長一短だったのかも。
    Twitterでアンケートを取ってみた感じではCardasが一番人気でしたし、今もリビングでコレを使って805が素晴らしいサウンドを聴かせてくれてますから、Neutral Referenceがベストだったかもしれないですね。(ぉ
    ただ、Yラグの都合も合わせて、後に導入したTechDAS SPADE Bananaと組み合わせてPADは私の好みにはうまくハマってくれていると思います。

    部屋の広さも課題となり、そちらはルームアコースティック、そして私が勝手に提唱しているフロアアコースティックも力を入れました。
    オトユカシートは元々敷いてありましたし、そこにアコースティックコンディショナー「RWL-3」も導入することで、調整こそするものの、見た感じもルムアコもオーディオルームらしくなったのは間違いありません。
    #仕事部屋ですけども…。

    フロアアコースティックという観点ではこれまでのヒッコリーボードに加えて、802にはクォーツアンダーボード「RST-38H」も入って、ここも安心して任せておける形です。
    地震でも不安がないのも良いですし、有り余るほどの低域のエネルギーをうまくコントロールしてくれています。
    それでも階下への音漏れは相当なものがありますけれども…。

    そして決定的な変化をもたらしてくれたのは、やはりパワーアンプのAB級への切り替えでした。
    最初のP-600が爆裂音とともに壊れたのは悲しい出来事でしたが、それを引き継いだP-550も負けず劣らずの活躍をしてくれています。
    A-45のほうが価格的には高価なくらいですけど、やはり802のようなスピーカーではウーファーをしっかり動かすのにそれなりのパワーが必要となってくるようです。

    その分、なおのこと音量に注意が必要になってきていますが、そこはもう部屋自体に手を入れないと解決できそうもありません。
    冗談のように毎度書いてますが、やはり仕事部屋との兼務に限界が来つつあるのかも。
    仕事自体もありがたいことに徐々に多忙になってきていますし、気分の切り替えのためにもリラックスできる「住み分け」が来年の課題になってくるかもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2017/12/10 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.

重要! スパム対策のため、下の計算の答えを書いてね。

2 たす 8 は?
Please leave these two fields as-is: