• 2010月

    先日、ACOUSTIC REVIVEさんの公式サイトがURLも新たにリニューアルされたのですが、その中にUSB3.0ケーブル「USB-TRES」が追加されていました。

    USB3.0に特化したケーブルだそうで、USB2.0用の信号ラインを撤去して、USB3.0の双方向の信号ライン、そして電源ラインを3本の導体に分離した構造となっています。
    この手の端子から線が分離して生えてるケーブル、実は好物なんですよね。
    うちではACOUSTICE REVIVEさんのUSBケーブルやCHORDの同軸ケーブル、インターコネクトケーブルなどがこうした形態です。
    ただ、うちでUSB3.0のB端子が付いてるのはJAVS X-DDCのみで、これは「なんちゃってUSB3.0」だったはずでUSB2.0の信号ラインを使っていたはず。
    ですからたぶんこのケーブルでは動かないですね…。

    導体には当然ながらPC-TripleCが採用されていますし、それぞれの端子もこれまでのUSB2.0用ケーブルと同様、「2017S航空グレードアルミ合金製カバーを装着した制振構造」となっています。
    絶縁材にはしっかりテフロンが使われていますし、シルクを緩衝材とするなど、真面目にしっかり手間を掛けた作りです。
    お値段は1mで58,000円とパソコンユーザーからすると「え?」と思ってしまうかもしれませんが、USB3.0に特化したオーディオ用ケーブルはほとんどなかったと思いますし、対応機器をお使いの方には朗報かと。
    ただし、前述の通り、形状だけUSB3.0ではダメで、双方に接続される機器がUSB3.0でないといけませんのでその点はご注意ください。
    私同様、USB2.0の方は「USB-1.0PL-TripleC」や「USB-1.0SP-TripleC」、それにハイCP版の「R-AU1-PL」、「R-AU1-SP」をオススメします。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2017/10/20 12:00 pm | ACOUSTIC REVIVE USB-TRES はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.