• 0810月

    Acoustic ReviveのUSBケーブルがPC-Triple C採用になって「USB-1.0PL-Triple C」と「USB-1.0SP-TripleC」の2種類、発売になっています。

    私も先日、長い光ファイバーケーブルの導入で、USB-1.0PLSを再投入できたのですが、またPCで聴こうと思えるようになったのはこのUSBケーブルのおかげも結構あるのではないかと思っています。
    御存知の通り、USBはケーブルの中に電源線と信号線が普通はいっしょに入ってるんですが、アコースティック・リバイブのUSBケーブルではこれを信号ラインと電源ラインを別々のケーブルに分け、2本で送る形になっています。
    パソコン側のUSB端子まで分けたSPとそこはいっしょにしたPLがありますが、効果としては前者のほうが高いでしょう。

    今回の変更点は導体をPC-Triple Cにしたということで、見た目の色合いもちょっと変わっています。
    また、面白いのは長さをカスタムオーダーすることも可能なところでしょうか。
    普通のUSBケーブルは端子がモールドですが、アコリバのは金属製の端子が使ってあり、ハンドメイドされているので特注ができるとのことです。
    お値段はちょっと高くなってしまいましたが、PCオーディオ主体の方にはオーディオ機材とパソコンを少し離れた設置にして長めのケーブルで使うのがオススメかと思います。

    Filed under: Audio
    2016/10/08 12:00 pm | Acoustic Revive USB-1.0PL-Triple C はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.