• 198月

    最近はなんでも値上げばかりですが、アキュフェーズも9/21日受注分から一部製品を値上げするそうで。

    Accuphaseが値上げするのは創業当初のC-200やP-300、T-100を値上げして以来とのこと。
    ただ店舗での値引き率が15%くらいあったものが10%くらいになったタイミングもわりと最近あって、そちらのほうがインパクトとしては大きかったですけどね。
    値上げの理由はテンプレ化してきつつある原材料費の値上がり、ということです。

    値上げされるモデルは概して高級モデルが多く、値上げ幅は4〜12.5%と幅があります。
    最も上がってるのがDAC-60でES9016K2Mを含め、電子部品の比率が高いからでしょうか。
    それ以外だとA-48とT-1200が10〜11%ほどで、単純に採算面を考慮しているのかもしれません。
    また、プリメインアンプが総じて(E-480を除く)値上げされていて、ここも利幅が関係していそうです。

    逆にクリーン電源やMCカートリッジが値上げされていないのはちょっと意外な気もしました。
    クリーン電源に関してはそろそろモデルチェンジが控えているのかもしれませんし、MCカートリッジは外注先がおそらく国内で人件費の占める割合が高いからでしょうけど。

    ずいぶん前に社員さんと話した際にはAccuphaseといえど「100万円の壁」みたいなものがあって、そこを超えるとなかなか売れないというような話を伺ったことがあるのですが、最近は高級機も増えてそこを意識しなくても良くなったという側面もあるのでしょうね。
    現時点では修理の概算見積もりには変化がなさそうですが、今後はそういった人件費にかかる部分も上がっていくことが予想されます。
    物価相応に値段が上がっていくのは致し方ないことではありますので、それに見合うだけの品質、特に出音の部分を極めていってもらえたら文句はないところです。(多少の嫌味は含みます。)

    Filed under: Audio
    2022/08/19 3:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.