• 207月

    相変わらずオーディオ趣味は楽しくやっていますが、機器が一段落したのもあり、その分、音楽を純粋に楽しめるようになってきています。

    ただ正直、最近のJ-Popは良い作品が減ってしまっていて、しかも音質もかなり微妙なものが多いこともあって、ついついクラシックやジャズが中心になっています。
    おまけにどちらもディスクが輸入盤も含め、とっても廉価に入手できますしね。
    そんな最近の入手盤から良かったものを何枚か紹介してみます。

    クラシックでは、紗羅がメンデルスゾーンの「ロンド・カプリチオーソ」で好みの演奏を探したいということで、iTunes Storeなどでたくさん視聴して選んだイリーナ・メジューエワさんのCDがいちばん最近のお気に入りかな。
    録音もなかなかで、Mastersonic 20-Bit Processingが謳われています。
    輸入盤でないのに1050円という価格も魅力的ですしね。

    チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲も気になって選んでみましたが、こちらは2枚を聴き比べています。
    1枚はクレーメル、もう一枚は庄司紗矢香さんのヴァイオリンですが、どちらも一長一短かな。
    単純に録音だけではなく、演奏の好みもあるので、なかなか難しいですねぇ。
    これはまた違うものも試してみようかと思ってるところです。

    ジャズのほうは今さらですが、上原ひろみさんを。
    オーディオ趣味を復活させてからジャズを掛ける機会が増えたので、紗羅もスウィングの感覚がわかってきたらしく、YouTubeあたりで改めて上原さんの演奏を聴いて、気になったようです。
    「坂道のアポロン」の影響もあるのかもしれないですけどね。
    そうそう、こちらも好評だったのか、「オリジナル・サウンドトラック プラス more & rare」という新盤も出るようなので、これもチェックしておこうと思います。

    Filed under: Audio
    2012/07/20 9:00 am | 最近のオーディオ愛聴盤 Vol.5 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.