• 142月

    上海問屋からまたまたオーディオケーブルが3種類ほど登場しています。

    ここ最近、コピー商品では?と疑われる要素の強いものが続いていましたが、今回はそれを意識したのかどうか分かりませんけど、商品写真からも極力ブランドが分かるような要素を減らしてるようです。
    それでも良く見るとDN-10254はvan den hulの表記がプラグにありますし、ケーブルもIntegration Hybridの文字が。
    だいぶ前のものですけど、当時で3万円以上したものということになります…。
    中古で出回ってるのと比べるとやっぱり多少違うようにも思えますが、ここから先は各々のご判断にお任せしますし、上海問屋ではブランドを謳ってはいないですからねぇ。

    他の2本はさらに分かりづらい写真になってますが、DN-10255というRCAケーブルはTARA LABSのRSC Vector 2-8Nとプラグがソックリです。
    DN-10252というスピーカーケーブルはUSAという文字以外は見えないので不明ですが、まぁこれが普通でしょう。
    「高品質銀線」と書かれていますが銀コート銅ではなく、純銀線なのかな?

    こうやってわざわざお店が挙げていないブランドや型番を詮索するのも物好きが過ぎるかな、とは思いますが、その後、中古市場に出回ることも考えられるわけで、そうなるとケーブル記載の名前がひとり歩きしてしまいますからねぇ。
    まだDONY AUDIOの頃のほうが上海問屋らしさが光ってたように思うのは私だけでしょうか。

    Filed under: Audio
    2014/02/14 12:00 pm | 上海問屋から名無しのオーディオケーブル はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.