• 273月

    もうそろそろ飽きたと言われそうな気もしますが、上海問屋さんからまたまたスピーカーケーブルが登場しています。

    今度のはモンスターケーブルの「Monster M series M2.2S」を使ったものとTara Labsの「PrismHelix 8 Speaker cable SA-OF8N」の2種類だとか。
    #今回はあえてアフィリエイトリンクにはしません。

    「Monster M series M2.2S」は8フィートのペアで20万円以上で販売されていたケーブルで、さすがにこれはちょっと怪しいですねぇ。
    国内代理店価格がいくら高く設定されているとはいっても、それがいきなり7000円くらいになるものでしょうか…。
    似たような感じでどんどんスピーカーケーブルが出てますけど、いくらバッタモン的な扱いとはいえ、もしも偽ブランドだったとしたら、さすがにまずいかも。

    それにこうなっちゃうと他のもどうせ同じように…と連想してしまうのが当然ではないかと。
    Tara Labsのほうも同様と考えておいたほうが良いのかも。
    そうでなくても怪しげに思われがちなオーディオケーブルで、さらにこういう製品が出回ってくるとオススメしづらくなってしまうのがねぇ。

    私は今使ってる現inakustikのケーブルで満足してるので手を出すつもりはないのですが、それでもやっぱり冒険しちゃいたい方には、ぜひ真偽の程をレポートしていただければと思います。
    普通の方にはごく普通のモンスターケーブルあたりをオススメしますけどね。

    Filed under: Audio
    2013/03/27 8:00 pm | 上海問屋からまたケーブル はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.