• 033月

    レコードで行こう!」というムックが音楽之友社から3/19に発売になるそうで。

    前回のONTOMO MOOKは「真空管アンプ読本」だったそうですが、その第2弾ということで、ブーム(?)になってるらしい「アナログ・レコード」についての一冊だとか。
    私も去年からアナログレコードばかり聴いていますけど、どういう流れで流行りだしたんですかね?
    メーカー側は必死にハイレゾを仕掛けていますけど、ユーザーはある意味逆行しているということですし。

    それはともかく、雑誌のほうは機材として最新のレコードプレーヤーやフォノカートリッジの紹介から始まり、レコードの仕組みやセッティング方法、そしてアナログ機材を積極的に扱うオーディオショップやレコードショップの紹介といった内容だそうです。
    あえて中古にはあんまり触れていないようですけど、これから「レコードで行こう!」と思って検討中の方には参考になる一冊かと。

    先に始めた私から言えるのは3点ほどでしょうか。
    まず一点目は「音楽が楽しい」ということでして、それはもうPCオーディオやCDプレーヤーではなかなかたどり着けない領域です。
    音楽の迫力が違いますし、聴感上のダイナミックレンジが大きく感じるから不思議なものです。

    2点目は「場所をとる」というところです。
    レコード自体が30cmということもあり、当然プレーヤーもそれ以上の大きさになりますし、上にダストカバーが開くのが基本なので、上のスペースにも余裕が必要です。
    ディスクも増えてくるとCDとは比較にならないくらい場所を取ります。
    ネットワークプレーヤーでメディアをなくしたい、というような方には向かないことは確かです。

    3点目は「やっぱりディスクがあってこそ」です。
    すでに手持ちの愛蔵ディスクがあれば文句なしに早く始めるべきですし、全くない場合だと、本にもあるようにレコードショップが身近にないと厳しいですね。
    そうやって数枚でも愛聴盤ができたら、もうレコードから離れられなくなること、うけあいです。
    最近は最新アルバムでもアナログディスクでの発売がされるものも増えていますので、そこから入るのも良いかもしれませんね。(CDよりちょっと高いのが難点ですが。)

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2015/03/03 12:00 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    MacBSさん、今日は!

    私のところには一枚も残っていないので今更ですが、Aufio Fidelity からは頻繁にアナログディスクが発売されますね(^-^)/

  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちは

    LPの良い所は、CDと比較して、持っている、音楽を聴いていると言う感じのすることですね。後はジャケットが大きいのもいいですし。特に、美しい女性が写ったジャケットは壁に飾り甲斐があります(笑)。音的には、CDより耳あたりが良い感じがしますし。

    CDが良い点は手軽さと場所食いがLPより少ないことでしょうか。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    最近は国内新譜もアナログディスクがラインナップされることが増えてきました。
    ヨドバシなども売り場が結構な広さで用意されてますし、ホントに流行ってきそうな予感がしています。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    ジャケットの大きさは好きなアーティストだと特に嬉しいポイントですよね。
    音は掘り下げていけばいくほど、どんどん良くなっていきますから、オーディオ界だと、CDとの比較というよりハイレゾとの勝負で勝ってきつつあるのかも。
    業界がハイレゾ、ハイレゾと騒いだのが、結果的にアナログディスクの火付け役になってるとも言えそうです。