• 023月

    NikonからAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラ「D7200」が3/19に発売になるそうで。

    Nikon D7100の後継機ということになりますが、一番の違いは画像処理エンジンがEXPEED 3からEXPEED 4になったことでしょうか。
    それに伴う部分もあってか、常用感度はISO25600と、D7100より2段も改善されています。
    モノクロならISO51200やISO102400で撮影可能だそうで、もうカメラは暗いシーンは克服したとも言えるのかも。
    もちろん画像処理で潰されるディテールもあるので、ホントの意味での常用感度はそこまでないでしょうけれど。
    ちなみに重量はD7100から変化なく、バッテリー込みで約765gです。

    他にはバッファの増強が強く謳われていたりして、ライバルメーカーを意識したところも感じられます。
    あと明瞭度やHDRなど、いかにもWeb上で映える画像も意識しているところが昔のニコンとはだいぶ違うのかなと感じるところです。
    NFC対応のWi-Fi機能も付いていますし、SNSとの相性なんかも意識してるんじゃないなな。

    逆に35mmフルサイズとの差別化という点でもニコンで言うDXフォーマットはこういうところにアピールしていくことになるのでしょう。
    現状、D7200がニコンのDX最上位モデルですが、ボディ単体で15万円弱からのスタートですし、そのうちに10万円台前半のほうで勝負していくことになるでしょうからね。
    私もさすがにそろそろD300からの卒業を考えたいところですが、ここまで出すならやっぱり35mmフルサイズかなぁとも思ってしまいます。
    私の場合は連写することがない、というニーズの問題もありますし、どうせMF Nikkorを使うだろうというのもありますので…。
    ただ、あえてそういう古いところを切り捨てるなら、D7200のようなモデルのほうが表現や活躍の幅も広くて楽しいのかな、とも最近は思い始めたところです。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2015/03/02 7:00 pm | Nikon D7200 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.