• 164月

    別の用事でダイソーに行ったのですが、なにかオーディオに使えそうな素材はないかなぁと店内を見ていたらMDF材を見つけたので試しに買ってきてみました。

    MDFはmedium density fiberboardの略で、木を一旦おがくず状にして固めたものです。
    スピーカーのエンクロージャー用の素材としてよく使われていますね。
    もう少し大きめだと最近のオーディオ誌の付録アンプのケースを作ったりするのにも使えそうですが、10cm角とわりと小さめなのは百均だから仕方ないところです。
    なお、枚数が4枚に減りますが、10x20cmのも置いてありました。

    今回はこれをスピーカーのインシュレーターに使ってみました。
    これまでは耐震ジェルを使ってたんですけど、どうもこれが情報量を減らす感じがして止めたかったんですよね。
    効果としてはほぼ思ったとおりで低域の情報量が増えました。
    そもそもスピーカーでも使われる素材ですから、音に与える影響の方向性もあまり特異ではないのも良いのかも。

    ただ、耐震ジェルのメリットだった低域のブーミーさを抑える効果はやっぱり少なくなりました。
    大した音量でなくてもなぜか隣室に低域だけが響くんですよねぇ。
    そこで、この問題に対してはインシュレーターではなく別のアプローチで対処しました。
    対処といってもそれほど大げさなものではなく、スピーカー正面の部屋の壁に布を掛けただけなんですけどね。

    元々、スピーカーの背面の壁には布をぶら下げてあって、これが低域を制御するには結構効果的なのは分かっていましたが、正面側の壁はもっとヘナヘナだったようで手持ちの布が少なくて1m四方くらいしかなかったにも関わらず、それでもずいぶん隣室に響かなくなりました。
    分量的な問題ではなく、むしろ定在波のようなものだったのかもしれませんね。

    今の布はほんとに有り合わせですから見栄えがかなり悪いですが、効果があることは確認できたので、カフェカーテンとかの素材を今度調達してきてインテリアとしても良い感じに仕上げて本格的に対策したいと思っています。

    Filed under: Audio
    2013/04/16 9:00 am | ダイソーのMDF材 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.