• 2510月

    オーディオ銘機賞2008」の金賞が決定したようで。

    受賞製品は2製品で、ひとつはPioneerのフラグシップスピーカー、
    TAD Reference One」です。


    TAD(タッド)Reference One【スピーカー】

    TADというと、スタジオモニターなどに採用されてきたパイオニアの
    プロ・ブランドです。
    素晴らしい製品だと思いますけど、お値段もすごいですねぇ。

    一見、2WAYに見えますが、上のユニットが同軸になっていて、3WAYに
    なっています。
    TADらしい、位相の揃った定位の良い音が楽しめそうですね。

    そして、もう一機種はAccuphaseのSACDプレーヤー「DP-700」。
    これはまだ発売になってないんじゃないかな?

    昨年の金賞だった「DP-800/DC-801」の廉価版で一体型モデル
    みたいです。
    うちのDP-75も、もうずいぶん古くなりましたけど、買い換えるか?
    と言われると、まだそういう気にはなりませんね。

    Accuphaseは長く使えるし、故障した時のサポートも良いので、
    長い目で見ると、結構お得なんですよねぇ。

    とか言いながら、新居に越してきてから、まだオーディオの配線を
    してなかったりします。(^^;
    今はついつい、PCやMacで音楽を聴いてしまうんですよねぇ。
    休みの日にでも、オーディオを接続しようっと。

    Filed under: Audio
    2007/10/25 8:48 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • はりあー Says:

    こんにちは。

    うーん、たしかにいいスピーカーなんだろうけど日本
    の個人住宅の部屋には大きすぎるんでしょうねぇ(苦笑)。広い部屋が欲しいです。

  • MacBS Says:

    はりあーさん、コメントありがとうございます。

    JBL 4344とか、8畳くらいの広さで使ってましたよ。
    さすがに6畳だと厳しいかもしれません。

    それにしてもお値段が高いですねぇ。
    せめて2本で200万くらいなら、夢見られるんですけど。

    最近は小さいのが良いなぁと思ってるんで、
    そっちを今度調べてみようかなぁと思ってます。