• 249月

    「オーディオ」で始まるエントリ3連発ですが、近所のリサイクルショップで、オーディオテクニカのスピーカーケーブルを見つけてきました。

    先日もTIGLONのケーブルをゲットしましたが、今回はさすがに0円ではなく、3〜4mくらいのが4本入ってワンコイン価格でした。
    ただ、ケーブルにはaudio-technicaという文字が入っていますが、マークがハッキリせず、型番もないんですよねぇ。
    偽物っぽい感じもして、一度は棚に戻したんですが、通電さえすれば別に良いか、というわけで結局買ってきました。

    見た感じはカーオーディオ用にラインアップされてる「AT7420」に近い感じですが、それとも違いますねぇ。
    切断面は銅色ですが、外からみると銀色なので、おそらくTinトップコートなのかなぁという感じで、もしかすると古いケーブルなのかも。

    私のPC周りのほうはすでにTIGLONを使ってるので、寝室のLXA-OT1とAURATONEの間で試してみました。
    以前のものはキャブタイヤケーブルだったので、それに比べれば情報量が増えて、高域の分解能が上がった印象です。
    ただ、低域が少し薄くなった感じもありますが、そこはAURATONEの傷み具合もあり、スピーカー本来のバランスになったというのもありそうです。

    全般的にはTIGLONみたいな劇的な効果はなかったですが、長さもたっぷりありますし、2本は寝室で使って、残り2本は父にでも譲ろうかと思っています。

    Filed under: Audio
    2012/09/24 12:00 pm | オーディオテクニカのスピーカーケーブル はコメントを受け付けていません

Comments are closed.