• 307月

    不調が発覚したAccuphaseのプリアンプ「C-200V」ですが、どうしたものかと考えていたところ、「C-200L」が出ているのを見つけてゲットしました。

    Accuphase C-200L

    C-200Vよりも一世代前のモデルで1984年発売ですが、購入当初もどちらのモデルにしようか、迷っていた機種です。
    2台もあってどうするの?という声が聞こえてきそうですけど、父が「とりあえず使ってみて要らなかったら引き取るから」というので、そうさせてもらうことにした次第です。

    Accuphase C-200L

    外観はほんとに瓜二つで、上がC-200V、下が今回入手したC-200Lです。
    C-200Lはウッドキャビネット「A-8」は別売りですけど、今回のには付属していました。

    Accuphase C-200L

    この手のケースはちょっと古臭いかなぁと思っていましたが、実際に見てみると状態が非常に良いこともあって、なかなかよい雰囲気です。
    また排熱に関しても横にも穴が開けてあって、発熱もC-200Vと変わらないか、やや少なく感じるくらいです。

    Accuphase C-200L

    見た目は似ていても中身は大幅に違っていて、中でもいちばんの違いはフォノイコライザーでしょう。
    C-200Vはハイゲインイコライザになっていますが、C-200Lは独立したヘッドアンプを持っています。
    また、C-200VはL/Rこそ分離されているものの、ラインアンプとイコライザが同じシールドボックスの中に収められています。
    その点、C-200LはL/Rは当然として、ヘッドアンプ、イコライザ、ラインアンプと6つに分かれています。

    Accuphase C-200L

    さて、肝心の音ですが、まずはその前に慎重に動作確認をしました。
    本体のみでヘッドフォンでの確認、他の機器と接続してもヘッドフォンでチェックして、各部異常なしでほっと一安心です。
    今回はオーディオショップでの入手なので、そもそもの安心感もだいぶ違いますね。

    Accuphase C-200L

    そしていよいよ、レコードから聴いてみますが、まずレコードプレーヤーのダストカバーを閉めた瞬間から「コイツは違うぞ!」と気づかされます。
    カバー開閉の音までしっかりスピーカーから出ていますし、圧倒的なエネルギー感です。
    C-200Vは美しい音でしたが、こちらは情熱的でライブ感のある音楽を奏でてくれます。
    ハイゲインイコライザも手抜きをしてるわけではないのでしょうけど、やはりアナログ円熟期のフォノイコライザーとは力の注ぎ具合が違うように感じます。

    Accuphase C-200L

    CDでもその傾向は同じで、C-200Vや最近のアンプのような高解像度志向ではありませんが、熱いサウンドが楽しめる点は、最近のAccuphaseにはない魅力かもしれません。
    アナログに近い色乗りが多少ある印象はありますが、プレーヤーやDACの違いはC-200Vと同等か、それ以上によく分かります。

    その上でC-200Lの色濃さがのるような雰囲気ですね。

    CDプレーヤーの見直しも再度やってみましたが、現在メインに据えているCDP-557ESD経由ATOLLが結果的には最良でした。
    Musical Fidelityをトランスポートにするほうが音が眠くないような気もしますけど、これは弟に返却する予定ですし、操作性なども含めてソニーで行こうかなと。
    また、CDP-557ESDのアナログ出力も試しましたが、こちらは厚みはあるものの、ややナローレンジに感じました。

    レコードプレーヤーではC-200Vの不良の影響もあるのか、大差で圧勝でしたが、CDは好み次第かな、というところです。
    私の好みでいうと、C-200Lのほうが音楽に合わせた鳴り方をしてくれる印象で、迫力もありつつ、意外と穏やかに鳴ってくれる面も持ち合わせていて好印象でした。
    C-200Vは音源の音質をそのまま出し過ぎる傾向が強く、ジャンルやディスクを選ぶ傾向でしたからね。
    とりわけ、他の音数が増えてもボーカルが被らないのがC-200Lの魅力のように思えました。

    Accuphase C-200L

    唯一、C-200Vのほうが良いなと感じたのは、トーンコントロールでしょうか。
    C-200Lは左右独立でBASS/TREBLE、C-200は左右は共通なものの、プレゼンスイコライザを装備しています。
    また、トーンコントロール回路をオンにした場合もC-200Vは音質にほとんど変化がないのですが、C-200Lでは音がだいぶ変わる感じがしました。

    Accuphase C-200L

    そんなわけで、元々フォノイコライザーの良いものが欲しかった私にとってはC-200Lのほうが魅力的でした。
    もちろん、C-200Vは不具合を抱えていて本来の実力を発揮できていない可能性もあります。
    それも含めて、C-200Vのほうは返品の手続きをしようと思っています。

    なんだか最近のシステム更新で、機種の発売年がどんどん古くなってる気もしますが、それだけ良い時代の製品が揃ってきているとも言えるでしょう。
    傍から見たらただの懐古趣味かもしれませんが、実際、魅力的なサウンドを聴かせてくれるほうを優先した結果なので、自分では満足しています。
    ちなみに父は「C-200Vのほうが良いと言って、自分のところに来るのを期待してたんだけどなぁ」と言いつつ、良いアンプに巡り会えたことを喜んでくれました。

    Filed under: Audio
    2016/07/30 12:00 pm | No Comments
  • 297月

    懐かしいオーディオ機器満載のムック「ステレオ時代」の最新刊、VOL.7が7/30に発売だそうで。

    今回の目玉はYAMAHA GT-2000、Pioneer PL-70の開発ストーリーとのこと。
    他にも「今見直すべきレコードプレーヤー」として、マイクロ精機やExclusiveが取り上げられているようで、これだけ現行機種じゃないレコードプレーヤーを取り上げてる雑誌はそうそうないでしょう。
    ぜひこの路線で、今後はカートリッジとかトーンアーム、それから私も愛用してる自走式クリーナーなどを取り上げていって欲しいところです。

    ブランドヒストリーは今回、アイワ、それにオーレックスとのこと。
    これまたマイナーなところを攻めてきますね。
    AIWAはカセットデッキのXK-S7000を持っていたくらいでしょうか。
    AUREXはたぶんカセットテープも含めて持ってなかったと思いますが、adresというノイズリダクションを懐かしく思います。

    この他にも「長岡鉄男が教えてくれたこと」などは興味のある古くからのオーディオマニアが多そうですが、私の目をひいたのは表紙に載っている「オングローム」ですね。
    当時もマイナーで売れ残りをまとめ買いしたんですが、これがとても澄んだ高域でだいぶ使った記憶があります。
    Nakamichiを使っていたのであまりテープは選ばなかったんですけど、このテープだけは明らかに他と違う個性を持っていました。

    そんなこんなで、今回もかなり濃い内容のようです。
    いまだに当時の機器を愛用している私には「懐かしい思い出」ではなく、現在進行形ですが、過去完了形の方も楽しめる一冊かと思います。

    Filed under: Audio
    2016/07/29 12:00 pm | No Comments
  • 287月

    JAMOのスピーカー「Concert VII」は本体に隠れたダブルウーファのパワフルさもあって、ピラミッドバランス具合が強く、階下への響きにもちょっと苦戦していました。

    JAMO Concert VII

    元々はねじ込み式のスパイクが付属しているようなのですが、購入時には欠品でした。
    手持ちのはDALIのCONES/BCで、これは両面テープで貼り付けるタイプなんですよねぇ。
    ただ、まずは効果を確認してみたいと思い、とりあえずこれを付けてみました。

    th_IMG_2374

    半信半疑での導入でしたが、実際の効果は期待以上でした。
    低域にキレと締りが出ましたし、ツィータが結構下にある配置なのもあって、スパイクで持ち上がった分、耳の高さともだいぶ合ってきて、バーチカルツインみたいな雰囲気で音像も安定感が出ました。
    階下への音漏れは、いちばん激しい「惑星」のアナログディスクではさすがにそれなりにあるようですけど、設置してある部屋の床の揺れは半減してる印象なので、多少の改善策にはなってくれているようです。

    ただ、やっぱり両面テープで…というのはブックシェルフの時とは違い、転倒がちょっと怖いです。
    少しでも安定するように…というのもあって、スパイク受けはあえて使わず、木材に食い込ませてあります。
    ウッドブロックなどに載せるだけよりはかえって安全かもしれませんが、効果も十分確認できたことですし、ネジタイプのスパイクを注文しておきました。

    肝心のネジサイズは情報がないのですが、サウンドケアの海外サイトを見る限りではM8っぽいですし、DALI CONESの先の部分のネジだとユルユルだったので、たぶんM8で大丈夫だろうと。
    ひっくり返して確認すれば良いのですが、かなり大規模な作業になりますので…。
    それ以前にDALIのが優秀だという可能性もありますが、やっぱりネジのほうが安心感はありますし、届いたらひとまず交換してみて判断しようと思っています。

    Filed under: Audio
    2016/07/28 12:00 pm | No Comments
  • 277月

    Accuphaseのプリアンプ「C-200V」を導入して、MCカートリッジでのレコード再生を楽しんでいたのですが、時折、なんとなく左の音が詰まったように感じることがありました。
    また、「ボソボソ」みたいなノイズが左chから出ることもたまにあったのですが、再現性がなく、原因究明に困っていました。

    th_DSC03192_LR6

    そうこうしているうちに、ヘッドフォンでも「ボソボソ」ノイズが再現することが分かり、そこから原因を掘り下げていきました。
    まず、レコードプレーヤーからの配線は全て外しても発生するということで、レコードプレーヤー周りは問題なしです。
    その時は結構ノイズが発生しやすい状態で、ボリュームを4(最大が10)くらいにあげるとボソボソとノイズが出ていました。

    モードを通常のStereoからReverseにすると右になるのも分かりましたし、MMでもMCでも発生しています。
    逆にCDなどでは起きないので、素直に考えればフォノイコライザーが怪しいことになります。
    ただ、上に積んであったパワーアンプを横に動かすと少し減りますし、少し持ち上げてもノイズが減りますし、PRE OUTの結線を外すと発生しなくなったりして混乱してしまいました。

    そこで、パワーアンプの電源ケーブルをシールド付きのものにし、電源タップも分けたら、実用上問題なさそうなくらい(ボリュームで7〜9くらい)に減ったため、パワーアンプからのノイズもしくはアースループかなぁと一旦は判断しました。
    しかし、その後もATOLLのDACの電源を操作するとノイズが発生したりしたため、思い切って電源以外の全ての結線を外してみたところ、それでも微小ながら発生することが判明しました。
    さらにREC OUTから別のヘッドフォンアンプに出してもノイズは出ていて、こうなるともう素直にプリアンプのフォノイコライザーを疑うべきでしょう。

    この状況がお店で再現するか、も問題ですが、気に入ったプリアンプがなくなってしまうことのほうが痛いですねぇ。
    お店がちゃんとAccuphaseで修理してくれれば良いですけど、良くてお抱えの修理店、悪ければただの返金でしょう。
    幸い、まだまだAccuphaseで修理してもらえるモデルですから、お店の保証は使わずメーカー修理に出すべきかなぁ。

    ただ、修理に出すにしてもその間はプリアンプがなくなってしまいますし、父の提案もあって、ひとまず代替機を用意することにしました。
    まずはそれを使ってみて、その感触で方針を判断しようかなと考えています。

    Filed under: Audio
    2016/07/27 12:00 pm | No Comments
  • 267月

    導入するMCカートリッジをどれにすべきか悩んでいましたが、まずは新品にしてみようということで、オルトフォンの「MC-Q5」をチョイスしました。

    ortofon MC-Q5

    厳密には「MC-Q5 SH4R」という、ヘッドシェルSH-4とセットになったパッケージです。
    2M Redもそうでしたけど、ヘッドシェルとセットのほうがお安いというのはやっぱり魅力的ですよね。

    ortofon MC-Q5

    MC20を針交換に出してMC-Q20に行ってみるというのも考えましたが、そもそもMC20は弟からの借り物です。
    ただ針が相当減ってるということだったので、それなら安く買い取って…という案もあったのですが、再生してみるとまだ使えそうですし、針先を写真に撮ってみてもまだもうちょっと頑張れそうなので、それはまた今後に取っておけば良いかなと。

    mc20-2

    話をMC-Q5に戻しますと、海外ではMC Quintet Redという名前で出ているモデルで、Quintetシリーズのいちばんの弟分です。
    Q10とはかなり近いスペックですが、針がどうやら接合針のようです。
    あとはアルミカンチレバーの楕円針、針圧が2.3gと結構重めなのも同じです。

    ortofon MC-Q5

    早速、慣らし運転で再生してみると、MC20とはかなり趣を異にする音傾向です。
    SPUをそんなに聴いたことがあるわけではないですが、どちらかと言うとそっちに近いのかなぁという印象もあります。
    まだエージング中ではありますが、重低音の量感と深さが凄く、音全体としても骨太でダイナミズムを感じるものです。
    出力電圧が0.5mVと高めというのもありますが、そもそもの音量というよりも力があるという印象が強いです。

    ortofon MC-Q5

    その上で、フォルティシモの中でも音が濁らず、交響曲などでもそれぞれの楽器が明瞭に奏でられます。
    高域はまだこなれていないのもあるのか、やや荒さはあるものの、MCらしい冴えはあり、2M Redと比べると情報量も多く繊細さも兼ね備えています。
    ただそれを上回るほど低域の充実度がスゴく、ブラスが鮮烈だったり、打楽器も歯切れ良く明瞭だったりと、迫力に押されています。
    もちろんそれだけ低域が充実するからこそ、グランドピアノの実体感も出てきて、ピアノに関してはかなり良くなったなと感じます。

    ortofon MC-Q5

    2M Redの時の経験からいくと、これから音が変化していくと思われますが、末弟とはいえ、オルトフォンの新しいモデルだけになかなか侮れない実力を持っているように思います。
    これで借りているMCカートリッジはいつでも返却できますし、他のカートリッジについてはのんびり出物を探せるかなと思っています。

    Filed under: Audio
    2016/07/26 12:00 pm | No Comments
  • 257月

    JAMOのスピーカー「Concert VII」はジャンパーピンが欠品していたので、最初はバイアンプ、その後はバイワイヤリングで駆動していますが、アンプを入れ替えてみたりする際の利便性も考えて、ジャンパーケーブルを用意しておくことにしました。

    まずは市販のものを調べたんですが、結構お高いんですよねぇ。
    ヨドバシで売ってるQEDのGENESIS-jr.JP4がいちばん良さそうですが、QEDといえば海外通販でこれまでゲットしてきたので、そっちも調べたところ、なぜかあんまり安くないようです。
    ポンド表記と見比べた感じだと、今の為替がまだ反映されていない様子です。
    Chord Clearwayなども良いなぁと思うのですが、これは日本に発送してくれませんし、国内では発売されていないっぽいです。

    仕方ないので、ひとまず自作することにしました。
    ケーブルはTIGLONのMS-12SPを使い、Yラグは数をあまり持っていないのでバナナプラグで済ませました。

    th_DSC03087_LR6

    バナナプラグは当初、大量にあるAmazonベーシックにしてましたが、多少は良いものにしておきたいなとその後、Inakustikに交換しました。

    で、バイワイヤリングと比較してみましたが、どちらが良いかと言われればやっぱりバイワイヤリングのほうでした。
    かなり強力なウーファがあることもあってか、ジャンパーでつなぐと一聴すれば迫力が出たような気もするのですが、どうも歪っぽくなっているように感じます。
    バイワイヤリングのほうがツィータの透明感が維持されるような印象です。
    バイアンプ接続に比べたら、その差は僅かなものですけどね。

    そんなわけで普段使いはバイワイヤリングになりましたし、ジャンパーケーブルは予備としての扱いになったので、そんな高級なものは不要でしょう。
    ただYラグのほうが取り扱いが楽だというのは確かなので、そこら辺はぼちぼち考えてみようかと思います。

    Filed under: Audio
    2016/07/25 12:00 pm | No Comments
  • 247月

    JAMO Concert VIIを導入してからずっと周波数特性を測ってみたいと思いつつ、面倒で放置してあったのですが、ようやくMySpeakerをインストールして周波数特性を計測してみました。

    WS000002

    スピーカーだけでなく、以前とは部屋も違いますし、プリアンプも違って、その辺りも含めて変なピークがあったりしないかと心配していましたが、かなり素直な特性ではないかと。
    階下に低域が響くという問題はありますが、それは床の強度などの問題だけで、ルームアコースティック自体に問題があるわけではなさそうです。

    ただ、弟にも指摘されていたんですが、やはり高域は少しだら下がりの傾向が見られるような気がします。
    マイクやUSBオーディオなどの機材も計測用のものではありませんから、絶対的に信頼できるものではありませんけど、聴感上もそんな気はしていましたから。

    WS000003

    そこでC-200Vに装備されているプレゼンスイコライザで8kHzを+2dB(間違えて100Hzも-3dBしたままだった)にすると、上のような測定結果に。
    100Hzを絞るのは階下への配慮にも良いですし、全体的にかまぼこ傾向になりつつ、高域の冴えも出て、これはこれで良いかも。
    感覚的には大編成のクラシックではプレゼンスイコライザ無しで、ポップス系では上記の設定をOnにすると良いかなと感じています。

    参考までにDALI Royal Menuet IIで計測した時のデータを貼っておきますが、こうやって見ると、以前の部屋やセッティングはかなり悪かったようですね。

    DALIeq

    階下への響きに関してはまだ十分とは言えませんが、これは手前に敷いてある防音じゅうたんをスピーカーの下まで敷き込めば、だいぶ違ってくるのでしょうね。
    ただ、それをやってしまうと音もだいぶ変わるでしょうし、なにより結構大変なので今のところは見送っています。
    少し涼しくなったら、一度やってみても良いかなと思いますし、ウェルフロートなどを使ってみるのも面白いかもしれませんね。

    Filed under: Audio
    2016/07/24 12:00 pm | No Comments
  • 237月

    CDプレーヤーの弱さが露呈したので、これは買い換えないとダメか?と思ったのですが、物は試しとリビングで使っていたSONYのCDプレーヤー「CDP-557ESD」を持ってきてみました。

    th_DSC03071_LR6

    アルミダイキャストのドライブメカは今でも絶好調ですが、なにしろ1987年発売ですし、ちょっと重い(18.5kg)ので躊躇していましたが、CDトランスポートとしてはやはりかなりの実力のようです。
    むしろ、デジタルケーブルの差もより明瞭に分かるくらいで、そこはCDプレーヤーの違いもさることながら、プリアンプが変わって細かな違いが非常に分かりやすくなったというのもあるようです。

    SONY DSC

    最初はCHORD Signature Digital RCAを使っていましたが、これは高域の艶が美しいのが特徴的でした。

    ACOUSTIC REVIVE COX-1.0tripleC-FM

    ただ低域の厚みがもう少し欲しく、ACOUSTIC REVIVEのCOX-1.0tripleC-FMにしたところ、こちらは骨太さが魅力です。
    また、ATOLLの側の問題もあるのか、以前から好結果が出やすいAccuphaseの光ファイバーケーブルも安定感という点では耳障りも良く、捨てがたいものがあります。
    ということで、ACOUSTIC REVIVE COX-1.0tripleC-FMとAccuphase LG-10の2本使いにして、使い分ける形にしました。

    th_DSC03073_LR6

    ちなみにリビングはMarantz CD-17Daを移動させたわけですが、こちらはARCAMのDACがしっかり個性付けしてくれるのと、アンプもLINN MAJIK-ILに強化されたこともあり、わりと良いバランスで鳴ってくれているようです。

    これでCDプレーヤーは慌てて導入する必要はなくなりましたから、まずはMCカートリッジ、それからのんびりパワーアンプという順番で探していくことになりそうです。
    そうは言っても出物次第では順番が変わってしまうかもしれませんけどね。

    Filed under: Audio
    2016/07/23 12:00 pm | 2 Comments