• 249月

    LUXMANから初のクリーン電源「ES-1200」が10月下旬に発売になるそうで。

    クリーン電源が各社から結構目立つようになったのは、他の需要が頭打ちというのもあるでしょうけど、それ以上に家庭内の電源が汚れている、というのがあるのでしょう。
    一時期、My電柱が話題になったことがありますが、クリーン電源のほうが物理的にも価格面でもより現実的ですし、こちらのほうが効果が大きい可能性もありますからね。

    ただクリーン電源は音はキレイになるものの、「音が痩せる」などと言われがちです。
    実際には歪みが減ってそう感じる部分のほうが多いとは思いますが、電源供給能力の不足でそう感じてしまうケースもあるのかも。
    その点についても本機は配慮しているようで、電源波形の補正はコールド側のみで実施され、ホット側にはなにも介在しないという、なかなか極端な仕掛けになっています。
    そうなるとコールドから見たホットは相対的にキレイな波形にはなりますけど、それが「クリーン」な電源波形と言えるのか、ちょっと気になるところです。
    もちろん最終的には実際の出音が全てだと思いますけれど。

    補正の元となる波形は16bit/50kHzのPCMだそうで、これもちょっと面白いチョイスだなと感じました。
    電源波形は最近のクリーン電源同様、差分のみを補正するタイプなので、最大1200VAまで供給することが可能です。
    お値段はそれで58万円(税抜)ですから、価格競争力は結構高いかと思われます。
    また重さも17.5kgと、1200VAまでの供給能力のわりにコンパクト(?)に仕上がっているので、導入しやすい面もあるでしょう。

    実際の出力は接続された元の電源周波数に同期して50Hzもしくは60Hzで出力されますし、入出力の電圧や歪率、消費電力(VA)を表示するところはライバルとなるであろうAccuphaseと同様ですが、表示はLEDとなっています。
    Accuphase PS-1230との対決が気になりますが、プレミアム延長保証適用で無償保証期間が7年間だったり、価格的にもちょっと安いので、かなり人気が出るのではないかなと思います。

    Filed under: Audio
    2016/09/24 12:00 pm | No Comments
  • 239月

    フジヤエービック主催のヘッドフォンイベント「秋のヘッドフォン祭2016」が10/22〜10/23に中野サンプラザで開催されるそうで。

    春が中野サンプラザの「6・7・11・13・14・15階」でしたが、今回は「・11・13・14・15階 ほか」となっていて、ほぼ似たような規模のようです。
    今回は地元の「中野文化祭」の協力事業の一貫となるそうで、こちらも同日程での開催で期間中に約5万人の人手を見込んでいるんだとかで、例年以上に混雑しそうです。

    内容はまだ詳細が発表されていませんが、100以上の企業などから200ブランド以上が展示・発表されることが決まってるそうです。
    プレスリリース発表の段階でも6ブランドで新製品発表会が予定されてるらしく、今年もかなり盛り上がりそうです。
    iPhone 7絡みもありますし、BluetoothやLightningなどを使った製品も多いのではないかと予想されます。

    なお当日は10/22が11時開場で19時半終了、10/23は10時半開場で18時には終了です。
    中野文化祭の関係もありますし、行かれる方は時間に余裕を持って出かけられたほうが良いかもしれません。

    Filed under: Audio
    2016/09/23 12:00 pm | No Comments
  • 229月

    iPhone 7に機種変更してから…というわけでもないのですが、私のMac mini(Mid 2011)が最近、かなり遅く感じるようになってきました。

    たしかにiPhone 7を使い慣れるとそれに慣れちゃうところもあるのは否定できないところではあります。
    なにしろMac miniどころか、MacBook Proの2013年モデルにすら近い処理能力があるらしいですからね。
    ただ、iPhoneがいくら速くても、やっぱりMacの代わりにはならないのです。

    具体的にどういう時に遅いかと言いますと、顕著なのはLightroomやOfficeなどです。
    これらを同時に立ち上げてもメモリとしては16GB搭載してるので不足を感じることはないのですが、CPUパワーが足りないのでしょうね。
    またディスクアクセスも多くなるようで、そこはSSDへの換装で一時しのぎできるのかもしれません。

    ただ今さら256GBのSSDにするのもイマイチですし、512GBになると2万円弱はかかるわけで、以前よりは多少値上がりしてるMac miniとはいえ、2011年モデルにそこまで投資できるかは微妙なところです。
    それに2011年モデルは古いOSが動くからか、購入時とさほど変わらないくらいのお値段で処分することもできますし。

    で、買い替え前提だと、今なら2.6GHzデュアルコアIntel Core i5の竹モデルでしょうか。
    以前の機種のように自分でメモリを増設することはできませんが、8GBでもそんなに困ることはないかも。
    ちなみに16GBに変更してもらうと、24000円高くなるようです。

    問題はニューモデルが出る可能性です。
    2010年から2012年にかけては毎年、その後2014年に出てるので、そろそろ新しい機種が出る確率は意外に高そうです。
    OSもmacOS Sierraが出ていますし、搭載メモリも増強される可能性がありますね。

    そんなmacOS Sierraも来週の上京まではとりあえず見送っておく予定です。
    なにやらGate keeperがより強化されて、署名なしアプリはますます厳しくなってるようですし、そろそろ拙作もStoreアプリにすべきなのかなぁ。
    フリーソフトの場合、開発費が稼げるわけでもないのがつらいところですが、Sierraを入れてみて、マシン性能や開発意欲などがどうなるか判断して決めていこうかと思ってるところです。

    Filed under: Mac
    2016/09/22 12:00 pm | No Comments
  • 219月

    FUJIFILMから中判ミラーレスカメラ「GFX 50S」が来年初期に発売予定だそうで。

    35mmフルサイズという言い方もどうかな?といつも思うんですが、43.8×32.9mmという大型のセンサを搭載しています。
    その素子サイズですけど、PENTAX 645Zという先駆者がいるわけで、こちらもほとんど同じ43.8×32.8mmですね。
    画素数はGFX 50Sも5140万画素で、ここも645Zと同じです。

    645Zと大きく異なるのはミラーレスというところでしょう。
    フランジバックは26.7mmと短いですし、さらにレンズはマウント内部にも入り込めるので、広角には強くなりそうですね。
    逆にテレセントリックが気になるところですが、発表された「フジノンGFレンズ」のラインアップはディストーションフリーを謳っていますし、いずれも1億画素にも対応できるとのこと。
    電子接点も12ほどあるようですし、うまく電子補正も含めた設計になっているのでしょうね。

    そのレンズラインナップは以下の予定とのこと。

    GF63mmF2.8 R WR:2017年初期発売
    GF120mmF4 Macro:2017年初期発売
    GF32-64mmF4 R LM WR:2017年初期発売
    GF23mmF4 R LM WR:2017年中頃発売
    GF110mmF2 R LM WR:2017年中頃発売
    GF45mmF2.8 R WR:2017年終盤発売

    来年、一気に6本揃えるというのは結構な本気度だと思います。
    逆に言えば、これで銀塩の大判や中判に終止符を打ちたいという雰囲気も感じますが…。

    あとはお値段が気になりますけど、50S本体は1万ドルを切ってくるそうです。
    ただEVFは別売りですし、なんとか単体では1万ドルを切りたいという構成にしてあるとも言えそうです。
    カメラ自体からやや遠ざかってる私には縁のないカメラのような気もしますが、こういうモデルがあってこそ、趣味としての深みも出てくるというものでしょう。
    某所に出向いた折にでも、ショールームで見て来れたらなと思ってます。

    Filed under: DigitalPhoto
    2016/09/21 12:00 pm | No Comments
  • 209月

    気づかないうちにAccuphase C-200Lの木箱にちょっとした傷を付けてしまったようなので、それを目立たなくしようと水性ニスを入手してきました。

    写真を撮るのを忘れましたが、そんなに大量には要らないのでダイソーで「けやき」を選んできました。
    C-200Lはむしろウレタンニススプレーのほうが良いかなと思ったのですが、それだけでは勿体無いかなと、汎用性の高いものにしました。
    実際、家の中で塗りたいところがたくさんあって、実質的にはそちらがメインかなと思っていて、そのお試し的な意味合いもありましたし。

    その思いどおり、まずは階段の手すりやキッチンの木枠などに塗ってみましたが、思った以上に艶が出て良い感じです。(こちらも写真を撮ってませんが。)
    そこで調子に乗ってマイクロのレコードプレーヤー「BL-99V」にも塗ってみることに。
    開封したら使い切るように書かれていましたし、うちのBL-99V自体、マットな感じのニスがすでに塗られていたっぽかったですからね。

    th_dsc04073_lr6

    で、ニスを塗る前(届いた頃)の写真が上の感じで、塗った後が下の感じです。

    th_dsc04666_lr6

    わりと雑に塗った感じですが、そこそこキレイに見えますね。
    重ね塗りすると仕上がりがよいのと、ハケをちょっと良いものにすると良いようです。
    私は山羊毛のを使いましたが、水性ニスの場合は化学繊維のほうが向いているらしいです。

    塗った後、しばらくはちょっとベタベタしたような感触がありますが、艶を失った木材部分に塗るのは結構効果的な気がします。
    調子に乗ってドアとかにも塗ってみたい気がしますが、まずはしばらく塗った後の変化を様子見してみようかと思います。

    Filed under: Audio
    2016/09/20 12:00 pm | No Comments
  • 199月

    9/9に予約しておいたiPhone 7 128GBブラックが発売日に無事到着しました。

    th_dsc04741_lr6

    9/9の予約は16:10に完了したので、わりと早かったほうかと。
    まぁiPhone 7 Plusに比べればだいぶ入手しやすいようですが、ジェットブラックにしなくて良かったなと。

    th_dsc04745_lr6

    中身はいつものiPhoneという感じですが、これまでは店舗で機種変更していてオンラインショップを使ったのは初めてなので、SIM挿しからやるのは初です。
    以前はSIMの取り出しクリップが付属してましたが、最近のは付いてないと耳にしてましたが、まさにその通りでした。

    (2016/09/21 13:50追記)
    紙やAppleシールの入ったところの間にクリップがしっかり入ってました。
    まったく気づきませんでした。

    クリップは見当たらなかったので、腕時計用の精密ドライバでトレイを取り出しました。
    ちなみにこのSIMトレイにも耐水用のパッキンが装着されてたようです。

    th_dsc04751_lr6

    付属品は紙の類を除くと、Lightningケーブル、Lightningイヤホン、Lightning-3.5mmアダプタ、そしてUSB充電器です。
    なんでもかんでもLightningで賄う感じは正直不便さもありますが、そうなってしまったものに逆らっても仕方ないでしょう。

    良く聞かれる音質についてですが、個人的には及第点なのではないかと思います。
    本体にはスピーカーがありますから、iPhone内部には当然、DACは必要なわけで、アダプタでD/A変換されているのか、それともLightningが拡張されてアナログ音声が通ってるのかはまだ不明ですが、ケータイの電波による干渉ノイズが減っていることを考えるとコネクタ部分で何らかの変換がなされていると推測できます。

    音質から話が逸れてしまいましたが、HD25-1 IIをつないでみたところ、これまでのiPhoneとはやや音傾向が違うものの、それなりの音質で楽しむことができました。
    厳密な特性だけでいえば歪みがやや増えているように感じますし、ナローレンジになってると思われます。
    ただ、これまでのiPhoneも含めたApple製品にありがちだった、「フラットだけど低域不足」とは打って変わって、軽いドンシャリ傾向にまとめてあるようで、ちょっと聴いた感じで「コレはダメだ!」というほどのものではないと思います。

    th_dsc04717_lr6

    で、セットアップに話を戻しますと、まずケースはこれまでも愛用しているレイアウトさんの縦フラップのケース「RT-P12LC1/B」にしました。
    多少の水濡れは平気になったとはいえ、落下時のガラス割れは相変わらず不安要素ですし。

    またiPhone 5sのバックアップから復元しようと思っていたのですが、SoftBankの手順を見る限り、iOSのバージョンが同じでないとダメらしいので、急遽、iPhone 5sをiOS 10にすることになりました。
    で、ようやく復元したんですが、なんと届いたiPhone 7のiOSバージョンが10.0で、すぐに10.0.1にアップデートせねばならないという展開に。

    そこまで進めて電話機切替をやりましたが、なぜかメールが届かず。
    iPhoneを再起動したらメールも届き、電話機も無事に切り替わりました。
    ちなみにその間に電話がかかってきていたようで、その電話はなぜかコールされないまま、不在着信になっていました。
    iOS 10の設定のせいかもしれないので、そこは切り替えておきましたけどね。

    届いた日はちょっと色々忙しい最中で、用事をこなしながら進めたのもあり、結構疲れました。
    他にもオンラインバンキング系は全部、機種変更時には再登録が必要でしたし、Reader Storeも再インストールしないとうまく動かきませんでしたが、実際にはそれほど大きなトラブルもなく完了しました。

    th_dsc04763_lr6

    使ってみた感じは順当にでっかくなった、というところで、速さはやっぱりさすがですけど、なにしろiPhoneも3G、4、5sを経て4台目なので新鮮さは薄いかな。
    Taptic Engineのホームボタンにはまだ慣れず、たびたび音声コントロール(Siriはやっぱりオフのままです)を表示させてます。
    巷で話題になってるらしい発熱は全く感じませんが、そもそもゲームなど重いアプリはあまり動かさないからかも。
    LightningイヤホンをつないでFaceTimeで話してると、結構な勢いでバッテリーが減っていきましたから、そこはやはり対処が必要かなと感じましたが。

    全般的にあっさりした感想になってしまいましたけど、逆にそれだけ安心感と安定感がある、というところかと。
    容量も性能もかなりアップしましたし、逆に音楽はDAPに完全移行すると思いますから、新しさを活かす使い方を考えてみたいと思っています。

    Filed under: Smartphone
    2016/09/19 12:00 pm | 4 Comments
  • 189月

    ACOUSTIC REVIVEから電源コンディショナー「RPC-1」が発売されています。

    同社にはコンセントスタビライザーというのはありましたが、今回のはさらに箱型のものが付いていて、その内部に「特殊コイルの組み合わせによる独自の回路」が入ってるようです。
    アイデアはHPに在籍されていらした故・柴田潤氏(赤外線マウスの発明者だそうです)によるものだそうで、それをHWT(?)とアコリバの共同開発で製品化したとのこと。

    色々分からないことが多いですが、一般的な電源コンディショナー同様、ノイズ低減を図るもののようです。
    その上で、コンデンサや抵抗を使ってないとのことで、音が痩せる傾向が抑えられていると推測できます。
    クリーン電源の出力コンセントに装着しても良い、という発想は面白いですね。
    ただ、なにぶん高価なので、なかなか気軽には試せないですが…。

    秋に向けて他にもいくつか新製品が出るという噂も耳にしていますので、そちらも楽しみにしておきたいと思います。

    Filed under: Audio
    2016/09/18 12:00 pm | No Comments
  • 179月

    引っ越してきた時点(実際にはその前から)で壊れていたビルトインコンロですが、ようやく交換してもらいました。

    この地域はガス管は通ってるものの、都市ガスではなくLPGで、業者も固定になっています。
    そのせいもあってか、その業者の提示価格が高かったのもあって、躊躇していたんですよね。
    しばらくIHクッキングヒーターを使ってもらってましたが、やっぱり熱量が小さいのと、IH自体、鍋が振れないので紗羅の好みではないらしく、それならばとホームセンターのリフォームコーナーで注文してきました。

    th_dsc04610_lr6

    購入したのはNORITZのfamiシリーズ、ユーロケラのガラストップが付いた「NWN3BV」というモデルです。
    ガラストップは割れる(当たり前)というのを見かけて躊躇していましたが、今はほとんどガラストップなんですね。
    その中で、これは内側だけがガラスで目立ちにくく、黒基調というのも良いかなと。

    th_dsc04606_lr6

    後ろ側のバーナーは五徳がちょっと小さめになっていて、手持ちのモカエクスプレスが両方ともそのまま載せられるので、私も重宝してます。
    グリルは我が家ではほぼ使わない(デロンギのコンベクションオーブンを使う)ので気にしてませんが、バーナーのほうが高機能でタイマーや温度設定、炊飯モードなど、今のガスコンロは多彩ですね。

    あとは給湯器も壊れかけという感じなので、どうしようかなと思ってるところです。
    部品がもうないらしく、私が素人補修はしてありますけど、いつ壊れるか分かりませんからねぇ。
    ただ前述のようにガス会社が独占状態なのがちょっと癪に障るし、いろんなエネルギーに分散させておくほうが安心のような気もしますので、ここは灯油ボイラーにしようかと考えています。
    冬までに交換するか、それとも今年の冬は今ので乗り切るか、考えてみようと思います。

    Filed under: その他
    2016/09/17 12:00 pm | No Comments