• 181月

    B&WのMatrix 805Vを使ってきましたが、その流れ(?)でMatrix 802 Series 2を導入してみました。

    805からするとかなり巨大化した形で、ミッドレンジのケブラーコーンはちょっと805より小さいですけど、ほぼ20cmウーファー2本が追加になったような感じですね。

    D3が現行モデルで、それからすると相当古いモデルですが、その昔、801Fでスゴさを体感して以来の憧れがあり、D3はだいぶニュートラルな雰囲気になったものの、その間のモデルは音色傾向が少し違うと感じてるので(お値段も当然ありますが)、Matrixが最初から狙いでした。
    あとは801にすべきか、それとも鳴らしやすいと言われる802か、ですが、そこは重さが最終的なポイントになりました。
    802は32kgとまだ一人でなんとかなる重さですが、801になると61kgですからねぇ。

    それでも804D3の箱に入って届いたものを2階に上げるのはそれなりに本腰を入れないと大変ではありました。
    さらに箱から出すのが大変でして、梱包が非常に厳重だったのもありますし、なかなか苦労しました。
    出してしまうと「団子3兄弟」状態になりますから、なおさら持ちづらくなりますけどね。

    大きさは一時的に復活させていたJAMO Concert VIIとさほど変わりませんが、サウンドはやはり全く違います。
    音傾向がB&Wの方向性というのは当然ありますが、第一印象として帯域バランスがとても良く、どこにもムリな力が入っていない自然体で強調感がないのが印象的でした。
    心配していた気難しさは想像以上になく、Accuphase A-45一台でも大らかに鳴ってくれています。
    低域のエネルギーは805とは全く比較にならないほど爆発的なものがありますが、あくまでも自然なので聴いている本人はひたすら音楽に没頭してしまいます。
    ただ気づくと音量がとんでもないことになってるので要注意なんですけれども…。

    音傾向としてはMatrix 805よりも神経質さがなく、音場も音像もあまりセッティングに苦労をせずにスッと定まりました。
    どうやらミッドレンジユニットの「ダンゴ」が不要な反射音を出さないところが効いているような気がします。
    ウーファーのエンクロージャもマトリックス構造が効いていて、横に耳を近づけてみてもほとんど箱鳴りが聞こえません。
    現行モデルはさらに進化してるのでしょうけれど、ミッドレンジまで分離したモデルとなるとお値段が段違いになってしまいますからねぇ。

    スパイクも付属していましたが最初は取り付けずに鳴らしてみましたが、やはり床からの影響は多少なりとも出てきていましたから、後日スパイクを履かせてみました。
    これにより低域のカブリが減り、明瞭度が増して効果は高いですが、低域のエネルギー自体は膨大なので階下への響きを抑えるような効果はあまり期待できないようです。

    それにしても802を聴いてしまうと、「最初からコッチにしとけば良かった」とすら思ってしまいます。
    シンフォニーの迫力は段違いですし、タイムアライメントが良いのか、それとも位相や歪みといった特性が優れているのかは定かではありませんが、ともかくホンモノ感が決定的に違います。
    802でもウーファーは小さめにしてありますが、ある程度より下の帯域を出したいとなってくると、やはり振幅による低域と面積による低音には表現の緻密さで大きな隔たりが出てくるようです。

    音の広がりも素晴らしいですが、その中でそれぞれの楽器の配置や音色が見事に分離され、楽曲の中でのそれらのパートに耳を傾けているだけで、より音楽に深く没入できて楽しくなってきます。
    オーディオ的な聞き方よりもむしろ、音楽が楽しく聴けるというのは最大の収穫でした。
    その上でオーディオ的な観点でワンポイント取り上げるとすると、なぜかファゴットの音色再現がこれまで経験がないほど秀逸だなと感じます。
    大して楽器に詳しくないのですが、ファゴットは歯切れのよい低域もありつつ、温もりも感じられるものだと思いますから、このスピーカーの特色がうまく引き出せる楽器の一つなのかなと思います。

    まだまだ調整すべき点やセッティングなどは残されていますが、昨年から続いた機材チェンジの流れはこれでひとまず休止です。
    これからは今の機材の魅力を最大限に引き出すようにしてあげたいですし、なにより音楽を楽しみたい、と感じる環境を整えることができました。
    そう言いつつもアクセサリやら色々やっていくうちに導入する小物も出てくると思いますが、有終の美を飾るにふさわしい機材が入ったなと喜んでいます。
    父親には「次はBTLだな」と、なかなか鋭いところを突かれていますけどね。

    Filed under: Audio
    2017/01/18 12:00 pm | No Comments
  • 171月

    奥華子さんがニューシングル「キミの花/最後のキス」を2/22にリリースされるそうで。

    「キミの花」のほうはTVアニメ「セイレン」のオープニングテーマということで少し前に発表されていましたが、カップリングの「最後のキス」も両A面としてのリリースとのこと。
    アニメファン向けの対応なのか、セイレン盤と通常盤があって、セイレン盤のほうは2曲のみで1000円と安めに設定して、通常盤のほうが古くからのファンには馴染み深い「積木」を収録という、面白いパターンです。
    私などは積木が聴きたいという感じなので、通常盤しか選択肢はない感じですけども。

    これまでにヒットしたものもアニメ絡みということでだいぶ力が入ってる印象ですが、かなりポップな感じになってるのでファンの間では賛否両論ありそうです。
    だからこそカップリングや「積木」を持ってきたのだと思いますが、「最後のキス」の雰囲気次第かなぁ。
    最近はちょっと再生頻度が下がっていますけど、ちょっと濃くて重い感じの華ちゃんの新作も聴いてみたい気がします。

    Filed under: 奥華子
    2017/01/17 12:00 pm | No Comments
  • 161月

    このところ、静電気の影響なのか、それともortofon MC20Sの針形状のせいなのか、レコード再生後に極細の毛が針先にくっついて取れなくて苦労することが度々あります。

    長らくナガオカのスタイラスクリーナーを使っていて、大抵はこれですんなり取れるのですが、今回ばかりはなかなかしつこいようです。
    超音波や振動で落とすタイプのものもありますが、なにぶん高級ですし、繊細な針先を振動させるのはちょっと怖いんですよねぇ。

    そう思いつつ色々探していたら、FIDELIXの「SaSuPa」を見つけました。
    名前がなんとも変わっていますが、『「サッ」と持ち、「スッ」と拭き、「パッ」っと置ける』から来てるそうです。
    メーカーサイトでも「0 SideForce」というトーンアームの付属品扱いでサラッと紹介されている程度の扱いですけどね。

    先端が極細ブラシになってるのはわりと良くある感じですが、根本に粘着ゲルが付いていて、それで汚れをしっかり取るのだとか。
    振動同様、粘着系も針への負担がちょっと怖いんですけどねぇ。
    ただ力加減で調整可能なのと、洗ったら繰り返し使えるところは良いかなと。
    やや作りが安っぽいのとケースがなくて「裏返して置けば埃も付かず」という大雑把さが難点でしょうか。
    あとAmazonやヨドバシで売ってないのもちょっと不便かなぁ。
    もうちょっと考えてみたいと思いますが、なかなかおもしろい発想のブラシだとは思います。

    Filed under: Audio
    2017/01/16 12:00 pm | No Comments
  • 151月

    iPhone 7にヘッドフォン端子がないのはもう今さらな事実なんですが、DAPもあるしアダプタもあるから必要ない!と思っていたのですが、じわじわと不便さが募ってくるようになりました。

    音楽をiPhoneで聴くことは相変わらずないのですが、TwitterやYouTubeの動画を観る時にスピーカーではあんまりな音ですし、アダプタも手元に持ってるとは限らないんですよねぇ。
    そこでBluetoothのイヤホンなども一応は調達したのですが、これがまた音質も満足いかないですし、通話でもイマイチで、少なくとも私には合いませんでした。

    そこで今さらながらLightning端子につなぐオーディオアダプタといいますか、DAC系を探してみました。
    当初、CHORD Mojoを考えたこともあったんですが、これはLightning-USBカメラアダプタが必要で、それでは気軽さが…。
    ハイレゾとかを聴くつもりはなく、Lightning端子直結で選びたいところです。

    LogitecのLHP-AHR192が気軽さではいちばん良さそうですが、すでに在庫限りですからiOSのバージョンアップがやや不安かも。
    AK4430ETを積んでいてハイレゾにも一応対応してるようですし。
    気軽さからするとマイクが付いてたら、もっと良かったかなと思いますが、それはニーズが違うんでしょうね。
    あと、LHP-AHR192の他にLHP-A192HRもあって、違いがイマイチ良く分かりません。
    ボリューム調整や作りもやや難ありみたいで、気軽さ優先という感じですねぇ。

    あとはTEACのHA-P50SEも価格が思ったより安くて良さそうですが、ヘッドフォンアンプが欲しいわけではないですからねぇ。
    さらにiPadを別に用意する…なんてのも考えましたけど、ココまで来るとまたいつもの悪いクセで脱線し過ぎです。
    どうせその路線ならばと、iPhone 5SをiPod touch代わりとして復活させることにしました。
    とりあえずコレでも良いかなぁという気もしますが、もうちょっと検討は続けてみようかと思います。

    Filed under: Smartphone
    2017/01/15 12:00 pm | No Comments
  • 141月

    ベルトドライブのレコードプレーヤーの回転数なんて、そんなにあてにならないものだと割り切っているのですが、さすがにあんまりピッチのズレたまま音楽を聴いてるのも悪いので、ストロボで調整してみようかという気分になりました。

    BL-99Vにはピッチ調整用のツマミがちゃんと用意されていて、純正のストロボマットもあったようですが、あいにくストロボマットのほうは入手がかなり困難です。
    そこでそちらはPDF配布してくださっているものを印刷したものを使うことにしました。

    問題はライトのほうでして、ストロボはACの電源周波数を利用して像を静止させることで回転数を合わせる仕組みなわけで、ACに同期して明滅するライトが必要になります。
    うちはLEDシーリングライトにしていますし、LED電球でもダメでした。
    LEDのナツメ球だと大丈夫という話もありましたが、TwitterでダイソーにACで使えるLEDライトを売っているという情報をもらい、探してきました。

    Twitterで教えてもらったのとはデザインが全く違うものでしたが、たぶん大丈夫だろうと。
    スイッチも付いていて便利ですが、延長コードはケチって短いのにしたので使えず、手持ちの長めのものを実際には使用しました。
    ナツメ球並みに暗いので本来のLEDライトとしての実用性はかなり低いと言わざるをえませんが、明滅はちゃんとしてくれて部屋の明かりを消せばストロボ調整が可能でした。
    金属製のちゃんとしたストロボシートならもうちょっと見やすいかもしれないですね。
    ただズボラなので、そんなに頻繁に調整はしないと思いますし、とりあえず調整可能な環境が整ったので良しとしましょう。

    あとはプレーヤー本体から電源を取っている吸着ポンプを別のところから電源を取るようにしたいかな。
    この箱のほうには電源スイッチがないので、スイッチの付いた1口の電源タップ(?)みたいなのを見つけたいところです。

    Filed under: Audio
    2017/01/14 12:00 pm | No Comments
  • 131月

    Matrix 805のタイミングですけどセッティングも追い込んで、ソースによってはスピーカー間に映像が広がるような感覚を覚えることもありましたが、「そうか、ここにスクリーンがあったら楽しいだろうな」と。
    本格的に聴く場合は明かりを暗くしていることもありますし、スクリーンなら巻き上げておけば普段の音への影響も極小という風に考え、プロジェクターを調べてみることにしました。
    そういえば、はるか昔には50インチのリアプロジェクションテレビを使ってたこともありましたねぇ。

    そんな昔話はさておき、プロジェクターはかなり安くなってるイメージから入ったのですけど、それはあくまでデータ用でして、映像用のはやはりそれなりのお値段みたいです。
    ハイビジョンクラスでも十分だとは思いますが、BenQ W1080STやEPSON EH-TW6600なども決してお安くはないですねぇ。
    4Kになると、SONY VPL-VW535、JVC DLA-X770など、相当なお値段です。
    さきほど書いた50インチのリアプロジェクションテレビも当時58万円でしたし、その頃のプロジェクターも100万円超コースでしたから、当然といえば当然なのですが、当時に比べて液晶テレビがお安くなってるので相対的に高く感じてしまいます。

    考えてみれば最近の液晶テレビは薄いですし、壁に近接して設置するなら液晶テレビでも良いかなぁ。
    そもそも映像で見つつ音楽を聴く機会はほとんどないし、ソースもYouTubeが主体とかになりそうだし…。
    むしろ5K iMacの音声周りを強化したほうが良いのかな、と「プロジェクターは何処に行った?」という感じの結論になってしまいましたが、とりあえず調べてみたのは今後の参考になりました。

    Filed under: Electronics
    2017/01/13 12:00 pm | 2 Comments
  • 121月

    B&W Matrix 805をメインで愛用してきましたが、他の機材やセッティングでその性能はしっかり引き出せた反面、物理的なサイズから来る低域の限界も感じるようになりました。
    そこで、一旦、JAMO Concert VIIをメインに据えてみることに。

    何度か仮置きで入れ替えたことはありましたが、その時はあまり良い印象もなくすぐに戻したんですが、今回は805をリビングに移動させ、スタンドも部屋から出したこともあってか、JAMOの良さがちゃんと出ています。
    とりわけ低域も含めたスケール感はこちらが圧倒的ですね。
    805でも50Hzくらいまではガンガン出ますけど、JAMOになるとカタログスペック上は24Hz、実際にも40Hzくらいは余裕で出てくれます。
    やはり物理的なウーファーのサイズというのも重要ですね。

    定位も意外と悪くなく、その上で音の広がりもあり、なによりちょっとしたセッティングのズレが気になるような神経質さが減ったのが良いポイントです。
    ラックを移動してスピーカー間はパワーアンプだけになりましたし、壁との距離も出来る限り取るセッティングにしてるのも良いのでしょう。

    ただ、しっかりオーディオマニア的に聴き込んでみると、やっぱりB&Wよりは解像度がやや低いなぁと感じてしまう部分は出てきます。
    独特のプッシュプル・カップルド・2ウーファーからの低域はポートから出てくることもあり、遅れやボンつきみたいなところがどうしても出てきます。
    実際に計測してみても、70Hzくらいにややピークが出るケースがあるようです。

    ちなみにリビングに移したMatrix 805Vは非常に良好で、こちらはCelestion 5から大幅な進化を遂げてくれました。
    リビングの他の機材もちょっと前まで私が使っていたもので駆動力は十分ありますし、やはりスピーカーの性能面でも低域や解像度が全く違うなと感じます。
    リビングはもうこれから戻すのは厳しいですし、そんなわけで(?)JAMOにはしばらくピンチヒッターになってもらう形にしようかと思います。

    Filed under: Audio
    2017/01/12 12:00 pm | No Comments
  • 111月

    手持ちのモバイルバッテリーもすっかり古くなって容量のわりに重いだけになってきたし、弟がiPad用にも欲しいようだったので、軽く検討した結果、cheeroの「Power Plus 3 13400mAh」のホワイトを選んでみました。

    cheeroは今回初めて手を出すんですが、ダンボーバージョンもあります。
    個人的には興味がないので普通ので良いや、と思ったんですが、あとで調べてみるとダンボーバージョンはマイナーチェンジされていて、実質的な使用時の容量が増えてるんですね。
    お値段も多少違うので安いほうが良かったとも言えますが、普通のが良いという方も多い(?)と思うので、できれば同じ性能にしてほしいかも。

    それまで愛用してきたSONYのCP-2LAは2000mAhx2で、定格容量は2100mAhです。
    Power Plus 3はあくまでバッテリ容量ですから前者の数字と比較すべきということになりますが、それでも3倍以上の容量です。
    ソニーのも合体させたらACコンセントでそのまま充電できるのは大きなメリットなので、これからも使うと思いますが。

    Power Plus 3の充電は付属のmicroUSBケーブルで行いますが、USB-ACアダプタは付属しません。
    2A対応のもので充電することが推奨されていますが、ふと気づくとうちにはないことに気づきました。
    先日、弟にiPadケースを買ってあげた時にいっしょに注文しとけば良かったなぁ。
    2Aのものを使った場合でフル充電まで約8時間とのことでしたが、1AのiPhone付属のものでもそれほど変わらない時間で充電できました。
    後半はもうちょっとペースを落として充電するんでしょうね。

    Amazonでいっしょにcheero製品を買うと200円オフだったので、Lightningケーブルを買っておきました。
    作りはまぁ普通というところで、ケーブルの折り曲げたところが凹んでたりしましたが、純正よりは強そうです。

    バッテリーに話を戻して、iPhoneやポタアンなどの充電に使ってみましたが、接続を自動検出して電源が入り、充電が終わると勝手に切れるので「充電用途としては」とても便利です。
    ただポタアンの電源にするなど「想定外」の使い方だと自分で管理できないので、ちょっと注意が必要かも。
    正直、巷での評判ほど素晴らしいという印象はなかったですが、これだけの大容量バッテリに出自が分からないようなものを使うのは怖いですから、その点では価格以上の安心感はあるのかなと。
    SONYさんかPanasonicさんあたりで、ACコンセントに挿せるタイプ、最新スペックで出してくれたら良いのになぁ。

    Filed under: Electronics
    2017/01/11 12:00 pm | 2 Comments