• 103月

    私にとって、Macでは欠かせないソフトのひとつに、このフリーソフト
    LiTaG cocoa」があります。
    おそらく「そうそう!」という方も、Macユーザーの方には多いのでは
    ないかと。

    というのも、うちのブログは未だにMovable Type 2.6xなので、Safariだと
    編集画面のURLボタンなどが表示されないんですよね。
    噂に聞くところによると、3.3あたりからはサポートされたらしいんですが。

    なんとか2.6xにもURLボタンを、と色々、Movable Typeのソースと格闘
    してみたんですが、どうも思ったような動作をしてくれるまでには
    至りませんでした。

    というわけで、その代わり、いや、それ以上に役立つのが、この
    「LiTaG cocoa」なのであります。

    簡単に言うと、Webページ上のリンクをアプリにドラッグするとリンクタグを
    自動生成してくれるソフトです。
    SafariStandをインストールしてあれば、リンクの右クリックで
    「リンクタグをコピー」というメニューも出てきますが、これよりも高度に、
    色々とカスタマイズしたタグを出力できるのが便利なのです。

    ブログを書いていると、リンクやURLなどを紹介することも多く、
    この機能は、とっても便利なんですよね。

    一見シンプルなアプリのようですが、細かい気配りやカスタマイズにも
    対応した、なかなか渋いフリーソフトです。
    未体験の方はぜひお試しあれ。

    関連エントリー:

    Filed under: Start Mac
    2007/03/10 8:42 pm | LiTaG cocoa はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.