• 062月

    CMでも流れているとおり、Mac OS Xは非常に安定したOSではありますが、
    もちろん、たまにはハングアップしてしまうこともあります。

    まさに昨晩、eRadioを聴き終えて、Dashboardをいじっていた最中に
    それは起こりました。
    いわゆるカーネルパニックってやつですね。
    http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=106227-ja

    その後、何度か強制終了→起動を繰り返したのですが、どうしても
    OS起動前のアップルマークの画面やその後あたりでカーネルパニックが
    起こってしまいました。

    仕方ないので、とりあえず電源コンセントを抜いて、しばらく放置した後、
    インストール用のDVDを使って、Hardware Testをやってみました。
    結果は、全て正常に終了。うむ、何が悪いんでしょうねぇ。

    でも、その後、起動してみると、なんと、普通に起動してくれました。
    うーん、何が原因だったんでしょうねぇ。

    ちなみに、クラッシュのログは「~/Library/Logs/CrashReporter/」という
    場所に保管されています。
    それをみる限りではDashboardClientがハングした直後、mdimportserverが
    原因でカーネルパニックを引き起こした模様です。

    可能性としては、先日入れたばかりのeRadioが原因なのかもしれません。
    しばらくは使用を控えて、様子を見てみたいと思います。

    Filed under: Start Mac
    2007/02/06 5:13 pm | iMac、突然カーネルパニック はコメントを受け付けていません

Comments are closed.