• 282月

    先日もエントリーしたように、故障したiMacに代わって新しいiMacが
    我が家へやって来ました。

    実画像サイズ 485 x 640 ( 75 kB )
    Exif 情報
    モデル名 COOLPIX L3
    ISO 感度 / 露出補正値 50 / -0.3
    露出時間/絞り 1/11 秒 / F 3.2
    露出補正値 -0.3
    焦点距離 (35mm 換算) 6.3 mm (38 mm)
    全 Exif 情報表示…


    壁紙を新調した以外は、ほぼ以前のままですけど、新しいMacを
    触るのは、いつもドキドキ感がありますね。

    ただ、一旦開封してからの環境再構築は、やっぱり面倒くさいです。(^^;

    とりあえず、Photoshop,Aperture,Officeをインストールして、あとは
    ブックマークのインポート、カラーマネジメント、iTunesへの曲入れ、と
    一通り、基本的に使えるレベルまでは、なんとか終わりました。

    ちなみにiTSで買ってた曲のライセンスは5台全て使ってたので、
    教えていただいたとおりに一旦全ての認証を解除して再登録しました。

    あと大きな作業としては、Parallels DesktopとWindows XPのインストール
    ですねぇ。
    これがかなり重い作業ですが、ちょうど新バージョンも出たところだし、
    ぼちぼち進めていこうと思います。

    Filed under: Start Mac
    2007/02/28 8:50 pm | 6 Comments

6 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    MacBSさん、今晩は。

    いや、お疲れさまでした。移行アシスタントで簡単に出来る場合とは大違い
    ですよね。今回のようにHDが認識出来ないとお手上げですから、仕方ないと
    諦めるしかないですが・・・。

    iTunesの認証はうまく行ったようで何よりです。私はまだ2台目位かも知れません。
    アプリのデータをバックアップするのにHDが良いのかDVDが良いのか、しばしば
    悩みます。結局は両方やるようにしています(^^ゞ

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    まだまだ完璧にもとの状態になったわけではありませんが、
    一度やった手順を繰り返すだけですので、意外に楽ではありました。
    単純作業なので、楽しくないのが欠点ですが。

    バックアップは私は基本的にDVDにしています。
    でも、外付けHDDも楽ではありますね。
    ケースがひとつ余ってるので、そのうち内蔵ドライブをゲットしてきて
    バックアップ用にしたら良いかもしれませんね。

  • ほよよ Says:

    うーむ、うらやましい(笑)。

    うちも最近はとうとう、Mac以外のマシンは買い替えの対象から完全にはずれてしまいました。
    あとはどの程度のスペックでどの時期に買うかって感じです。

    2つのOSを気軽に使える環境が遠からず来るかと思うと、ちょっと楽しみです。^_^

  • MacBS Says:

    ほよよさん、コメントありがとうございます。

    うらやましいのは、再セットアップですか?(笑)
    いや、ほんと、iMacは良いですよー。
    正直、BootCampが正式対応して、Vistaも
    もう少し安定してくれたら、PCと統合するかも。

    モデルチェンジはあるにしろ、お買い得なのは
    iMac 20inchのラインだと思います。
    時期としては、やはり次のOS発売後でしょうね。

    Parallelsを使えば、2つどころか、同時にLinuxだって
    楽しめちゃいますよ。
    お世辞抜きでオススメです。

  • H/ma Says:

    こんにちは。MacBSさんは、写真をお撮りですか?同好の士でしょうか。私は未だフィルムです。PhotoshopへスキャンしてInDesignで出力してます。因みにこちらはiMac G5です。Intel欲しいですねぇ。

  • MacBS Says:

    H/maさん、コメントありがとうございます。

    Intel MacはG5からの移行でも十分快適だと思います。
    OSが正式発表になったあたりが買い時かもしれませんね。

    写真は昔、EOSで結構撮っていた時期があったのですが、
    しばらくやめていて、デジタル一眼レフで復帰しました。
    そして、やはり何かもの足らず、今は銀塩が中心になっています。

    銀塩のわくわく感というのは、どうしてもデジタルでは
    出ない気がします。
    描写に関しても良く言われることですが、空気感が
    デジタルでは薄くなってしまいがちですよね。

    とはいえ、手軽なのも確かで、ブツ撮りなどにはデジタルが
    重宝しています。