• 0912月

    iPhone用のDACなどを出しているVentureCraftからiPhone5のLightningに対応したUSB横出しショートケーブルが出ているようで。

    純正のケーブルやアダプタだとポータブルオーディオプレーヤーとして外付けDACと組み合わせる場合には結構不便な状況でしたから、これは待望していた方も多いんじゃないかな。
    ただ、厳密にはApple純正のLightning-Micro USBアダプタと、USB to microUSBケーブルのセットという形になっています。
    権利の問題でこうなってるのか、それとも早い対応のためなのかは分かりませんが、両者を固着させちゃうための熱収縮チューブも付いてるようなので、一度くっつけちゃえば後は手間なしかと。
    逆にいえば純正のアダプタをお持ちなら、手持ちのUSBケーブルを熱収縮チューブで固定しちゃえば良いとも言えますけどね。

    そういえば私は相変わらずiPhone 4のままでiPhone 5には機種変更していません。
    月額料金が上がるというのもありますし、現状、iPhone 4でもそれほど困っていないんですよねぇ。
    むしろ韓国旅行時に3G回線をオフにして使った感覚からして、iPod touch(あるいはiPhone 4SあたりのSIMなし)+Wi-Fiルータでも結構イケるのではと思っているくらいでして。
    通話のほうはフィーチャーフォンに戻しちゃっても良いかなとか考える部分もあります。
    iPhone 5Sあたりが出たら気が変わる可能性も大いに有りですが、当面はiPhone 4でも良いかな。

    逆にポータブルDACというのはちょっと興味があります。
    SONYのPHA-1も大人気のようですし、FOSTEXのHP-P1もだいぶ安くなって来ましたしね。
    ただ、室内ではAirPlayの便利さに慣れちゃったからなぁ。
    ポータブルでもAirPlayに対応してくれるような機器が出たら良いのになぁ、なんて思います。

    Filed under: Smartphone
    2012/12/09 7:00 pm | VentureCraft Lightning-USBケーブル はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.