• 0712月

    RATOCからWi-Fi経由でアクセスできるSDカードリーダー「REX-WIFISD1」が12月下旬に発売されるそうで。

    先日から同社のUSB-DACをモニターさせてもらってるので、ついついオーディオ機器のイメージが強くなってますが、元々はパソコン機器のメーカーさんですものね。
    基本的にはスマートフォンからの読み書きを想定してるようですが、PCやMacからもExplorerやFinderでアクセスできるようです。
    出先などでUSBメモリやパソコンを持っていない場合のデータのやり取りに便利そうです。
    もちろん、実際に挿さなくてもウィルス感染には注意が必要ですけどね。

    また、本体には当然バッテリーが搭載されてるわけですが、これからスマートフォンを充電することも可能なんだとか。
    3000mAhですから、最近の大型のモバイルバッテリーよりは小さめですけど、兼用で使えるので荷物を減らすメリットにはなるかも。
    なお、ワイヤレスカードリーダーとして使う場合にはフル充電で約9時間動作するそうです。

    スマートフォン用のアプリはWiDrawerWiDrawer - RATOC Systems, Inc.というもので、こちらは製品に先立ってすでにApp Storeに並んでるようです。
    単にファイルの読み書きだけでなく、入れておいた画像や音楽の再生もできるようなので、スマートフォンの容量拡張にも一役買ってくれそうですね。

    関連エントリー:

    Filed under: Smartphone
    2012/12/07 12:00 pm | RATOC REX-WIFISD1 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.